2015年06月21日

アイリスとスイレン

今日は一日中、小雨がちょっと降ったり止んだりのお天気でした。でも、やっぱりおさんぽに
行かないとね。隣町へ行って、前回はつぼみだったホタルブクロなどを見てきました。でも、
なんと、リョウブがもう咲いちゃってびっくり。シリーズ「木に咲く白い花」はいつも
リョウブが最後の目印だったんですよ。残りを急いでご紹介しないといけないなぁ。

なんて言いつつ、今日の記事は5/3に見かけた花だんの花たち。
まずはオランダアヤメこと、ダッチアイリス。

150621_dutch_i.jpg

可愛くて原色に近い色合いが特徴的な小振りなお花です。




このあいだは、珍しくパステルタッチのお花の写真を載せた 大柄なジャーマンアイリス。
こちらがよく見かけるアメジスト色のお花です。ジャーマンアイリスはどちらかと言えば
渋めの中間色のお花が多い印象だったんですが、まあ、色合いは時代で変わるのかな。

150621_german_i.jpg

えんじ色のもよく見かけたものだけれど、今回は出会いませんでした。また来年かな?



紫色の小花を球状に咲かせるギガンチウム。

150621_giganteum1.jpg

そこそこ大きな球ですよ。これはハンドボールくらい。

白の色違いも咲いていたので、珍しいかな?って思ってパチリ。

150621_giganteum2.jpg

白いと、ただのねぎ坊主に見えちゃうかしら?でも、ツヤツヤしていて素敵だな。



それから、アマドコロ。涼しげな、葉っぱにちょこっと白い斑入りの株です。

150621_amadokoro.jpg

お花は釣り鐘みたいに茎に並んで下がっています。可愛いなぁ。



いつもおさんぽしている公園のライラックの根元に綺麗なピンクのオキザリス。

150621_i_katabami1.jpg

よく見たら、真ん中が濃い色のイモカタバミでした。

150621_i_katabami2.jpg

この日は強い日差しを避けて、葉っぱが畳まれていました。
浜辺のパラソルだったら、日盛りに畳まれることはないのにな。

その時、うずくまってお花にカメラを向ける私の目の前を何かがかすめて通ったよ。

150621_tokage.jpg

わっ、上手くカメラにおさまった、この姿はトカゲちゃんですね。ひなたぼっこしてたのかな。



公園の池にはスイレンが咲き始めました。

150621_suiren1.jpg

毎年同じピンクの花ですが、夏が来たんだねぇって思います。

そう言えば、池をにぎわしていた冬鳥のオナガガモさんたち、とっくに北国へ旅立っちゃって
いました。これからはウシガエルの野太い声が聞こえるの待ち。水面をかすめて飛ぶトンボたち
も姿を見せるようになりました。

150621_suiren2.jpg

もう、池のお水を見ても、冷たそうより涼しそうって思う陽気ですね。



5/3の写真最後は、公園からの帰り道、我が子の母校の小学校の裏庭に咲くヒメカンゾウ。

150621_h_kanzo1.jpg

ノカンゾウやヤブカンゾウに先駆けて咲く、小振りなカンゾウの花です。

オレンジ色が夏らしい。

150621_h_kanzo2.jpg

これから、こんなパンチの効いた鮮やか色のお花が続々咲いて、夏の花だんはますます賑わい
ますね。また、写真を撮ってこよう。今年はどんな夏のお花に会えるかな。




次回は「木に咲く白い花」シリーズ、再挑戦のハリエンジュです。




posted by はもよう at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: