2015年06月26日

コアジサイとガマズミ

今日は一日雨。梅雨らしい蒸し暑い一日でした。さて、当ブログ恒例の初夏の「木に咲く白い花」
シリーズをどんどんご紹介すべく、写真を整理いたしました。もお、呆れちゃうくらい有りまして、
6月いっぱい使っても5月分を消化できるかどうか、しかも、白くない花の写真もいっぱいあとに
残しての話。まぁ、しかたないのでぼちぼち、でも精一杯急いで載せていこうと思います。

まずはコアジサイの花。5/10の、隣町へのおさんぽで見かけました。

150626_koajisai1.jpg

6月じゅう、あっちこっちで咲いていた豪華なアジサイの地味な野生種。でも、このお花、
大のお気に入りなんですよ。




ガクアジサイの真ん中だけみたいな花ですよね。しかも、白い花と言いつつ、ちょっと紫色だし。

150626_koajisai2.jpg

コアジサイだって、株によってはもうちょっと白いんですけどね。これからもっと白い花を並べ
ますね。



ちょっと盛りを過ぎちゃって、残り花になっちゃったけれど、こちらは日向のカマツカです。

150626_kamatuka1.jpg

白い小花を丸いドーム状に咲かせて、秋には赤い実をつけます。

150626_kamatuka2.jpg

ごめんね、ちょっと遅かったね。来年はもうちょっと早くに見に来るね。
日陰のカマツカは、去年、真ん中の幹が折れちゃったので、今年のお花はお休みみたいです。
来年は、復活していて欲しいな。


次は5/17に隣町で撮ってきたガマズミ。まずは「北向きの斜面」の大株。

150626_gamazumi1.jpg

斜面の上の方で遠いのですが、たくさん咲いていて嬉しい限り。

150626_gamazumi2.jpg

こちらは「日陰の林」のお花。

150626_gamazumi3.jpg

風があって、なかなかピントが合いません。

150626_gamazumi4.jpg

頑張って粘って撮りました。ひとつひとつの小花も可愛らしい形でしょ。

公園の中の株は、若いのも古いのも両方とも、猛烈に虫に食われて、特に今年は若い方が
見る陰もありません。まあ、無理して撮らないで、今回はちょっとだけましだった古い方を
撮ってきました。こちらの株だって、数年前に、一番太い幹が折れちゃって再生中だったん
です。虫たちはそう言う、木の勢いの弱まったところに大挙して押しかけて枯らしてしまう
ところがありますので、頑張れ〜!っと応援するように観察中です。

150626_gamazumi5.jpg

万全じゃないけれど、ちょっとまし。

いずれまた、うんとこさ咲いていただきたい。

150626_gamazumi6.jpg

応援はまだまだ続きそうです。頑張れ、虫食いガマズミちゃんたち。
秋にはこの花がルビーのような実になります。紅葉も自慢です。また見に来るね。



次は近所の生け垣の花。
こちらはシャリンバイ。

150626_sharinbai1.jpg

常緑の低木です。枝先の葉っぱが車輪状に付くからシャリンバイ。

白いお花はお花の中心が黄色、時間が経つと赤くなります。

150626_sharinbai2.jpg

可愛いでしょ。

これからあっという間に実になります。色付く途中も良いものですが、すっかり熟すと黒く
見えるほど色濃い丸い実になります。



それから、こちらはもうちょっと背が高くなるけれど、やっぱり生け垣に良く用いられる常緑の
ネズミモチ。お花のあとで実る実が、ねずみのフンに似ているから、ネズミモチと言うそうです。
ねずみのフンじゃ可哀想と、誰かが考えてくださった
別名はタマツバキですが、定着しないようです。

150626_nezumi_m1.jpg

5/17頃はまだつぼみでしたが、

5/23に見たときには咲いていました。

150626_nezumi_m2.jpg

ひとつひとつのお花を眺めても、やっぱり白いお花は清楚で素敵だな。

150626_nezumi_m3.jpg

赤い実が実らないのに「モチ」と呼ばれる木は大抵「モチノキ科」じゃ有りません。
ネズミモチもモクセイ科イボタノキ属。
金木犀などとも一緒の科です。控えめながら良い香りもします。
ネズミモチは生け垣に適した木だと思いますね。


そしてこちらはあまりに樹勢が強すぎて、栽培注意なトウネズミモチ。

150626_t_nezumi_m.jpg

葉脈が透けて見えるのが特徴です。ネズミモチよりひと月ほど遅れて花の盛りをむかえます。
遠くからは雪が積もったように見えるほど咲いて、枝が折れるほど実をつけます。



もうひとつ、こちらもアカネ科の常緑低木、ハクチョウゲ(白丁花)。沖縄に自生する木だそう
です。

150626_hakutyoge.jpg

小さい葉っぱが良く茂り、昔から生け垣によく使われてきた木だそうです。
この時期小さなお花が咲きますが、小さいからって見くびっちゃいけません。結構、凝った
デザインなんですよ。



そうそう、白い花のその後も載せちゃいましょう。

150626_kusaitigo.jpg

小さなビーズを集めたようなこの木苺はクサイチゴの実です。
食べても美味し良そうですが、とりあえず、カメラに納めてきました。



まだまだありますので、次回も初夏の「木に咲く白い花」をたっぷり見ていただく予定です。


posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: