2015年06月29日

アウチのつぼみ

今日も良く晴れましたねぇ。洗濯したかったなぁ。ちょっと用事があって出掛けました。
帰りが遅くなりそうで、娘にSOS。しょうがないなぁとあれこれ引き受けてもらいま
した。大きくなったなぁ。しみじみ。明日もまた、別の用事で出掛けます。頑張るぞ。

記事の方は5月に出会った白い花以外の木の話。

150629_auti1.jpg

アウチ、オウチ、または双葉より芳し…くない方のセンダン。枝先が紫色になって来まし
た。そろそろお花が咲くのかな?





三回三出複葉の綺麗な葉っぱ。ちょっとツヤがあって素敵です。

150629_auti2.jpg

お花は紫色で、そりゃあもうどっさり咲くのですが、まだ準備中また見に来るね。



隣町へ行く途中の道。おばながもしゃもしゃ咲いていたオスの株と違って、ほとんど
お花が目立たなかったメスの株。

150629_kuwa1.jpg

でもよく見ると葉っぱの陰に実を準備中です。次の週くらいから、真っ黒く見えるほどに
熟した実を散らし始めます。

150629_kuwa2.jpg

鳥さん達が大騒ぎして食べに来ますよ。みんな待ってたよねぇ。



途中のアオギリはまだやっと、若葉を伸ばし終えたばかりの頃。

150629_aogiri.jpg

これから大きな花の穂を出して、一風変わった実り方の実をつける予定です。



公園裏の北向きの斜面、とばくちの「日陰の林」で、実っていたのは早春にピンクの星の
ように咲いていたウグイスカグラ。

150629_uguisu_k1.jpg

赤い実が下がっています。

うわぁ、今年はたくさん実ったねぇ。

150629_uguisu_k2.jpg

この実は誰が食べに来るのかな?



公園にはいると、葉っぱの付き方が変わっているコクサギ。

150629_kokusagi1.jpg

2枚ずつの互い違い、千鳥足みたいな「コクサギ型葉序」です。
こんな葉っぱの付き方をする木は、あと、サルスベリくらいです。

そのユニークな葉陰に小さな花が咲いていました。

150629_kokusagi2.jpg

地味だけれどコクサギは、コクサギ型葉序で図鑑に名を残したんだなぁ。



これっ、ピンクが可愛いノイバラです。

150629_noibara.jpg

うちの鉢植え以外に、自然界でもピンクになるんですよ。ただ、これはたぶん
木が弱った証拠みたいなもので、



こちらは前回お花を見たときはあんまり、らしくなかったイスノキの葉っぱ。

150629_isunoki.jpg

この日は、イスノキらしい、ぼこぼこの虫こぶだらけになってきました。
いいぞいいぞ。その調子。(^m^)



それから、こちらはクサイチゴ。写真用の大株みつけた。

150629_kusaitigo.jpg

綺麗な実なんだけれど、草一画は葉っぱが傷みやすくで、良い被写体は、なかなか
ないんです。うわぁ、たくさん実ってるねぇ。



次回、6月最後の記事はイイギリのおばな。近所のメスの株は枯れちゃったけれど、
これからはオスの株を見上げて行こうかな。



posted by はもよう at 23:47| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: