2015年07月17日

今年のジンガサハムシ

夜中の強風、午前中の雨、そして、午後のピーカン。まさに、台風一過のお天気でした。
いやぁ、日差しのきつかったことよ。このあとの天気予報は軒並み晴れ。そろそろ
梅雨明けでしょうか?夏休みも始まったことですし。

さて、今日が終業式。午後からすっかり夏休みモードの小学生さんたちも多いかと思い
ます。夏休み突入記念というわけでもありませんが、今回と次回は虫さん特集です。
ちびっ子たちには、いろんな虫さんと顔なじみになって欲しいな。夏休みだし ♪
まずは、この虫とおなじみになれて大変嬉しゅうございます。葉裏の金ぴかハムシ、
ジンガサハムシとそのお仲間特集です。
まずは一番ちっちゃいイノコズチカメノコハムシ。

150717_inokozuti_k1.jpg

今年もまた会えました。…と言うことは他の金ぴかハムシも見つかるかもって言うこと。





体長6mm、探して見つかる大きさではありません。でも、今年もまた、5月の、穴の
開いたイノコズチの葉っぱの上に、この子が乗っかっているのを目撃しちゃうんですよ
ねぇ、不思議と。

150717_inokozuti_k2.jpg

これからご紹介するお仲間に比べたら、小さくて地味です。これからですよ。

2013/ 6/14付 「金ぴかの虫3種」



翌週、ねらいをつけた穴だらけのムラサキシキブの葉っぱをつぶさに眺めていたら…。

150717_itimonji_k1.jpg

ちょっと渋めの金ぴかハムシ、イチモンジカメノコハムシ発見!! 解ります?

イノコズチカメノコハムシよりはもうちょっとだけ大きいです。9mmくらい?

150717_itimonji_k2.jpg

もうね、この子の写真もさんざん撮っているから、まあ、生存確認くらい?



ねらうは一番の金ぴかさん、ジンガサハムシですよ。
食草はヒルガオ。どこにでも有るけれど、こんな風にまばらに穴が開いているのが
ねらい目です。ついこのあいだまで、見たこと無かったんですよ。

初めてであったのが「日陰の林」で2012年のことでした。翌13年にも会えて、
でも、去年はその場所が、例のデング熱騒ぎで 執拗な草刈りにあってヒルガオが育たず。
今年もまた、しつこく草刈り隊が通って、もはやこれまでとあきらめモード。

同じ5/23に、カタクリ保護地のちょっと手前の花だんの、小さなヒルガオを未練がましく
いじっていたら、なにやらあやしい虫食いあと。

150717_jingasa_h1.jpg

まあ、ものは試しとめくってみたら、ほら、居ましたよ。解ります?

150717_jingasa_h2.jpg

そっと撮って、画像を拡大します。

うわぁ、背中からだけれど、この透明感あふれる羽は間違いなくジンガサハムシ。

150717_jingasa_h3.jpg

ここに生息地を移していたんだねぇ。良かった良かった。


次の5/30におさんぽに行ったときにも、見に行きましたよ。
やっぱり、当たり前のようにいました。

150717_jingasa_h4.jpg

う〜ん、綺麗だ。武将が戦場でかぶった陣笠に似ているからジンガサハムシ。

でも、図鑑で見ても、写真を見ても、信じられなかったこのプラスチック感。

150717_jingasa_h5.jpg

こんな虫が居るんですよ。驚きでしょう。この背中がパカッと割れて飛ぶんだから
ほんとにびっくり(^m^)。

でもって、この、私が新しく見つけた生息地には、結構たくさんの個体が居るらしく、
別の葉裏には金ぴか個体も潜んでいました。

150717_jingasa_h6.jpg

うわ〜、殖えて〜、是非殖えて〜。またお前かって言えるくらい殖えて〜。

はい、金ぴかハムシ中の金ぴかハムシ、ジンガサハムシの金色バージョン。

150717_jingasa_h7.jpg

有り難いくらい金色でしょう。(-人-)拝んどこ。金運上昇、商売繁盛〜。


去年は会えなかったけれど、今年は会えた金ぴかハムシ。来年はもっともっとたくさんの
仲間に会えますように。出来たら、景気も回復しますように。←それは虫に頼んでも無理。


次回はその他の虫さんたちを見ていただこうと思います。相変わらず、グロテスクなのは
無いと思いますが、苦手な方にはごめんなさい。



posted by はもよう at 23:21| Comment(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: