2015年07月23日

花だんのユリの花

今朝は思いがけず雨の始まりでした。ベランダの手すりに水滴が付いて、だいぶ吹き込んだ
形跡もありました。どうやら3時頃から結構強めの雨が降ったようです。これも西日本を
通っていった台風の影響なのでしょうか。午前中は邪魔なくらいの雨が降っていました。
午後には止み、夕方には青空ものぞきましたが、とにかく湿度がちょっとも下がりません。
お風呂場の湯気の中に閉じこめられたような一日。梅雨のさなかよりよっぽど蒸し暑いです。
いや、ほんと、熱中症にだけはご注意下さい。

記事の方は6月中に撮り貯めた花だんの写真から。ユリの花が多いかな。綺麗でしたからね。
でも一枚目はタチアオイ。

150723_1tatiaoi1.jpg

可愛いピンクの花でした。




6月の声を聞くと街角のあちこちで見かけますよね。タチアオイのお花。

150723_2tatiaoi2.jpg

長い花茎のてっぺんまで咲き終わると梅雨明けだよ〜なんて。でも、丁度そのくらいに
咲き終わりますよね。
夏はアオイの仲間が次々咲いていく季節。さて、この次 会えるのは誰かな?



次の機会に見かけたのはちょっと複雑な造りのお花、ストケシア。これでもキク科なんです
よ。

150723_3stokesia.jpg

大体、白からピンク、紫なんかの花色が一般的ですね。ガク(萼)まで凝ったデザインで素敵
です。


まず、一番に咲き出すユリの花はスカシユリ系。花びらの付け根にすき間があるから
スカシユリ。真上を向いて咲く特徴があります。

150723_4skasi_y.jpg

園芸種は、いろんな花を掛け合わせちゃうから、特徴が入り交じるけれど、ちょっとでも
覚えておくと名前を覚えやすいかな。



同じ日、いつもおさんぽしている公園の花だんでつぼみを見つけたこのお花。

150723_5s_guaranitica.jpg

メドーセージ改め、サルビア・ガラニチカ。南米原産、シソ科アキギリ属の多年草。
深い深い青紫が、真夏の景色をクールダウンしてくれます。



さらに、日が進んで次に機会に見つけたのは、ノカンゾウ、ヤブカンゾウのお仲間、
ユリ科ワスレグサ属の多年草。

150723_6hemerocallis.jpg

ヘメロカリスの意味は「一日の美」。次々咲くけれど、ひとつのお花の寿命は一日。
はかなさを嘆くも良し、そのはかなさに寄せて辛いことも一緒に忘れてしまいましょうと
思うも良しの、ワスレグサ。

隣につんと突きだしたつぼみは…

150723_7hosta.jpg

欄干の飾り「擬宝珠」にも例えられた、オオバギボウシのつぼみです。


次々咲きながら10日ほど経ったヘメロカリスの隣で、

150723_8hemerocallis.jpg

あのつぼみがお花になっていました。園芸店では「ホスタ」の名前で取り扱われています。

150723_9hosta.jpg

お山にも1m越えの巨体でたくさん咲いていますが、園芸種は、お花もさることながら、
斑入りや葉色違いなどの個性的な葉っぱが自慢です。これはなんて品種なんでしょうねぇ。斑入りの葉っぱが綺麗ですね。



ユリの花も主役交代です。上を向いて咲いていたスカシユリが色褪せるより前に、真横を
向いて咲く、テッポウユリが咲き始めました。

150723_10teppou_y.jpg

基本の花色は純白。これぞ基本の白百合じゃないですか?
最近では「新」が付くちょっと違う姿のユリも、夏の終わり頃から目立ってきますが、
昔ながらのテッポウユリはこっちですよねぇ。

いろいろ混ぜて、工夫して作り上げられたハイブリッドのユリ。

150723_11hybrid.jpg

鹿の子百合のようにピンクで、スカシユリのように上向いて咲いて、さてねぇ、
これはなんて言う品種でしょ。でも、綺麗ですね。



いろんな花の故郷、南アフリカ原産のユリ科の多年草、アガパンサス。
「愛の花」って言う意味の名前だそうですよ。

150723_12agapanthus.jpg

まぁ、丈夫で良く殖えて、よく咲きますよね。

この季節、いつまででも眺めていたくなる 涼しげなうす紫色。

150723_13agapanthus.jpg

そこいら中で見かけるけれど、またお前かっていう気にならないのは、たぶんこの
涼しげな色のせい。うんと殖えても文句ないかも。いっそこの色だけ見ていたい。
あーあ、暑い(^m^)。



真夏は、その陰に秋を含んで居るんですよね…というわけでもないけれど、6月のうちに
もう、秋の花ですわ。変わり種のキキョウを見かけました。

すんなりしたお花のピンク色。

150723_14kikyo.jpg

検索したら園芸店のHPにキキョウ「桃花」として紹介されていました。
へぇ〜、キキョウと言えば青紫のキキョウ色とばかり思っていたけれど、こんな色のも
有ったんですね。


それから隣は去年も確かここで咲いていた八重咲き。

150723_15kikyo.jpg

可愛いけどね。折り紙で折って、ちょっと現物と違うなって思ったキキョウと似てるけど、
なんだか、頭の中のキキョウの概念が崩れそうで怖いわぁ。
本当に園芸家さんって、現状じゃ満足しないのねぇ。いじりたいのねぇ。
時々怖くなるわ(^^;)。




さて、次は何を見ていただこうかな。まだまだ6月の写真はいっぱいあるんですよ。






posted by はもよう at 23:17| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: