2015年07月28日

アカメガシワの花

雨の朝でした。電車の運行を見合わせようかと言うほど強く降ったところもあって、長傘
持ってのお出かけでした。確かに大粒が降ってきたけれど、回復も早くて、帰り道には
どうして長傘なんか持っているの?って言うような青空。曇って降って、ちょっとは
下がった気温もあっという間に酷暑に逆戻り。でも今夜は近所の小さな花火大会だったので
晴れてくれて嬉しかったです。旦那さんと並んで見ましたよ。綺麗だった ♪

記事の方はちょっと進んで6/21のおさんぽ。隣町へ行く途中に見かけた木々の様子を記録
しておきましょう。

150728_akame_g1.jpg

まずはアカメガシワのおばな。黄色いポンポンみたいな花が咲いています。




ひと雨ごとに密度を増す雑木林の葉っぱたち。

150728_zoukibayasi.jpg

木の葉、草の葉、大にぎわいです。

手前の道ばたもこんな風。

150728_mitibata1.jpg

夏になってそろそろ、おなじみの葉っぱの他にマメ科の葉っぱも目立ち始めました。

何が生えているかな?同じ写真の真ん中辺を拡大します。

150728_mitibata2.jpg

中程に斜めに枝を伸ばしていたのはメドギハギ。占い用具を作ったありがた〜い木だと
思うけれど、道ばたに気さく(?)に生えてます。

周りを囲うように繁っている丸こい葉っぱは野良ハギです。秋のマメ科まつり(?)までに、
勢力拡大中。
そしていつものヌルデと…ちょっと見づらいけれど、ヤブガラシの濃いめの緑の葉っぱも
見切れています。

それから、夏を迎えて涼しげに咲き出したヤブジラミもちょこっと写っていました。

150728_yabujirami.jpg

春に咲くオヤブジラミは、もう、一人秋景色を迎えていますが、夏に咲くヤブジラミの
季節はこれから。オヤブジラミよりはほんのちょっとだけ、華やかですよ。



もう少し進んで、イロハカエデとタラノキのあたり。

150728_kaede_tara.jpg

イロハカエデはお花を咲かせちゃいましたが、タラノキはこれから。結構目立つほど
たっぷり、白い小花を咲かせます。


その先、新しい道が通ったあたり、一面に広がっていた枯れ草野原がすっかり緑色になって
ススキが原として生まれ変わったその奥に、花のように赤いものがいっぱい付いた木があり
ます。

150728_niwaurusi1.jpg

これ、ニワウルシの若い実です。株により、黄色みかがったり、このように赤かったり、
花より目立つときがあるんです。

150728_niwaurusi2.jpg

えげつないほど殖えるし、成長が早いからあんまり好きじゃないけれど、きっと、帰省や
夏休みのご旅行の際、高速の路肩や河川敷で目をひきますよ。
うんとこさ目立ったあとは、枯れてあたりに散らかります。あ〜、あんまり殖えないでねぇ。



途中のアオギリにごあいさつ。

150728_aogiri1.jpg

これから面白い実り方をするお花が咲きます。
ここ何年もの間、夏中、この木の下を通るたびに、カメラを向けてきました。

150728_aogiri2.jpg

今年もこのつぼみに注目です。また来るね。アオギリちゃん。



道ばた、雑草みたいな顔をして、クワとアカメガシワの幼樹が生えています。

150728_akame_kuwa.jpg

荒れ地に真っ先に入り込む習性のある木ですからね。可愛いね。いつ刈られるかしれない
けれど。



隣町の公園について見たのは、まずは栗の木。

150728_kuri1.jpg

ちっちゃいイガイガが見えてきました。

おばなが白いヒモみたいに目立っていたときには気付かれなかったけれど、ちゃんと
めばなが咲いていたんですよ。

150728_kuri2.jpg

めばなは3つセットで咲いて、可愛いイガの中で実が育ちます。
9月の初めにはもう食べられるようになっちゃう栗の実。ただいま大急ぎで熟成中です。



それからアカメガシワのメスの株。

150728_akame_g2.jpg

おばなとはまるで違うデザインのめばなが咲いています。

ヤングコーンみたいな穂に、めばなの柱頭だけがずらっと並んでいます。

150728_akame_g3.jpg

たっぷりタネを育てたら、柔らかいトゲトゲに包んで、黒い艶やかなタネを出します。



公園に入らずに道を曲がって、坂を下り、裏の北向きの斜面に回ります。
最初の「日陰の林」で見上げたのはクヌギ。

150728_kunugi.jpg

鳥の巣ごもり状態のどんぐりが、小さく出来はじめていました。
でもね、これ、一年前に受粉して、小さいまんま冬を越しためばななんですよ。
どんぐりには、その年に実るものと、2年かけて実るものと有るんです。



次に見上げたのはエゴノキ。

150728_egonoki.jpg

卵形の実に混じって、ちょっと違う形の虫こぶも見られます。いろんなデザインの虫こぶ
が、見られるのも夏の楽しみですね。

さて、次は何を見てこようかな。



posted by はもよう at 23:58| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
アカメガシワは雌花が後で咲くみたいですね。
今年初めて気が付いて調べてみると、
微妙にずれるとありました。
たくさん見かけますが、
やっとこんなことに気付くなんて、
きっとおそいのでしょうね^^

アオギリの葉、ときどき見かけます。
変わった葉なので、何だろうと思っていたんですよ。
いつもありがとうございます。
お花も気をつけて見てみます。
Posted by ブリ at 2015年07月30日 14:36
ブリさん、こんばんは。

そうですね。まぁ、おばなが先に咲いてめばながあとになった方が
効率的ですよね。
でも、おばなとめばなの咲く時期がずれ過ぎちゃうと、
ちゃんと受粉できるかしらと気がもめたり…。
まぁ、私が心配することじゃないんですけどね。

咲くタイミングは年ごとに違いますもの、気付いたり気付かなかったり
しますよね。

アオギリの葉っぱもさることながら、これから目立ってくる
葉っぱそっくりの実が面白いですよ。

暑さ厳しいし、お天気不安定ですが、どうぞお気をつけて
おさんぽしてくださいね。
Posted by はもよう at 2015年07月30日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: