2015年08月04日

姫楮と苗代苺の実

今日も判で押したような猛暑の日でした。ほんと、暑いですよね。救急車の音を聞くと
熱中症かな?なんて思います。くれぐれも、お気をつけて。

記事の方は、6/21に隣町で撮ってきた写真シリーズの続きです。今度は美味しそうな
赤い実をいくつか。

まずはヒメコウゾ。

150804_h_kouzo1.jpg

7/31の記事にもちょっと載せましたが、木苺みたいな実が付くんですよ。





素敵でしょう?

150804_h_kouzo2.jpg

ちょっと前まで緑色のケバケバボールだったのに、どうしてこんな透明感のある綺麗な姿に
なれるんでしょうね。秘訣があったらききたいわ。←おいっ。

粒々のひとつひとつが ぷちぷち膨れていて美味しそう〜 ♪

150804_h_kouzo3.jpg

あ、でも、生食はお勧めしません。枝からもいでお口にポン ♪ なんて、もう、二度と
いたしません。←1回はやってるってこと。
ケバケバが口中に残って、つばを吐いても、うがいをしてもなかなか取れませんでした。

でも、味は良いので、ケバケバを漉してジャムなどに加工するそうです。

150804_h_kouzo4.jpg

きっと美味しい木苺のジャムが出来るでしょうね。

この辺のコウゾの木は、もともと和紙の材料として栽培されていたものが野生化したようです。

150804_h_kouzo5.jpg

だからもしかすると、品種名は多少違うのも混じっているかもしれません。栽培種は図鑑には
あまり詳しく載っていないので、見分けられないんです。お花の付き方などに、ちがうものが
有るのは気付いているのですが、ヒメコウゾじゃなかったらごめんなさい。




6月の木の実、もうひとつのお楽しみはナワシロイチゴの実を見ることです。
お花はせっかくピンク色なのに、花びらが開ききらないなんてもったいないことをしていた
ナワシロイチゴですが、実は、この辺の木苺仲間の中では一番の美しさ。

150804_nawasiro_i1.jpg

たぶんお味も一番です。食べ比べたこと無いんですけど(^^A)。

だんだん、水分を含んで膨らんで…

150804_nawasiro_i2.jpg

赤味と透明感をましていきます。いやぁ、綺麗だなぁ。



帰り道の草むらの遠い方、草のすき間に赤い実。

150804_nawasiro_i3.jpg

あれもナワシロイチゴだわ。いつも道ばたまで伸びてくるのに今年はまだかな。

一生懸命探しちゃった。

150804_nawasiro_i4.jpg

いつもよりはちょっと葉っぱに元気がないけれど、見つけたよ。
草刈りから逃れたナワシロイチゴの実。すさまじいまでに綺麗です。



おまけ画像は公園の管理員さんが育てていたベリーの実。

150804_b_berry1.jpg

何ベリーかな?

いろいろ検索してみた結果、ブラックベリーが似ているかな?って思いました。

150804_b_berry2.jpg

真っ赤から、黒く見えるほどに色濃くなるのがブラックベリーらしいのですが、この、
実りかけの微妙な色合いが好きだなぁ。この後なんにでもなれそうな感じが。
5〜6月はベリーの実る頃なんだなぁ。甘酸っぱくて美味しいぞ。(^〜、^)



posted by はもよう at 21:19| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: