2015年08月06日

枯れ木のきのこ

いやぁ、毎日暑いです。昨夜は暑すぎてちょっとお休みしました。いえね、パソコンが
一番、クーラーの冷気の当たる場所にあって、寒過ぎちゃうんですよ。昨日は止めるのも
はばかられて、パソ前に座る方を遠慮しました。今日はしかたなく、ちょっと止めて
大急ぎで更新します。家族がうだってしまう前にクーラーを点け直して部屋を冷やさねば。

記事の方は、6/21に隣町で撮ってきた写真シリーズの続きです。今度は6月に見かけた
きのこをいくつか。

150806_kinoko01.jpg

枯れ葉の積もった地面からすくっと立ち上がっていたのは赤いきのこ。






赤い笠に白い軸。

150806_kinoko02.jpg

いつも見かけるニオイコベニタケじゃないけれど、わ、ドクベニタケって言う毒きのこも
ある。あんまり似ていないけど、これはなんて言うきのこだろう。


ここでいつものお約束です。

きのこの名前を調べるのはとっても難しいんです。図鑑の写真に似ていても、それとは限ら
ないし、ましてや、素人判断で食べられると思いこむのも危険です。公園にだって毒きのこ
は生えますし、中毒事故だって起きています。毎年、山できのこ採りしている人も、経験で
安全と解っているものにしか手を出しません。

150806_kinoko03.jpg

このブログを書いている人は完全な素人です。あれかなこれかなって言っていても全くあてに
なりません。

そこらに生えているきのこは、絶対食べない、出来たらあんまり触らない。
このお約束を守れたら、色も形も生き方も千差万別、奇想天外、こんなに見ていて面白い
生き物も、そうそう居るものじゃありません。ご一緒に眺めて楽しみませんか?

イヌや子どもが食べちゃうといけないからって、見つけ次第踏みつぶしちゃう人も居るけれど、
もったいないです。面白い奴らなのに。



この日6/21は、降ったり止んだりしていた雨が、ちょっと止んだかなって言うタイミング。
公園にはきのこがたくさんでていました。でも、それより先に目に付いたのはこの枯れ木。

150806_kinoko04.jpg

立派な木だったんですが、もう、上の方には葉っぱはありません。こんな風に枝もほとんど
落ちて、太い幹ばかりが目立ちます。

150806_kinoko05.jpg

幹に生えているきのこも、この木が枯れているよって証明しているようです。

もうちょっと近づいてよく見てみましょうか。

150806_kinoko06.jpg

上の方と下の方の白矢印のあたり、2種類のきのこがはえています。

まず、上の方。

150806_kinoko07.jpg

棚みたいですね。きのこの図鑑の後ろの方、「多孔菌科」にこんなのがたくさん載っています。
サルノコシカケみたいなの。これはもっと小さいけど。

下の方は更にもっと薄いきのこがびっしり。

150806_kinoko08.jpg

遠くから見た印象とずいぶん違いますね。図鑑を何度も見返したけれど、まさにこれ!って
言う写真は載っていませんでした。まあ、載っていても、ほんのちょっとタイミングが違えば
まるで違う姿に見えたりもするので、載っていなかったとも言い切れません(^^;)。

でも、木を眺めて歩いていて、このたぐいのきのこが付いている木はたいてい枯れていますね。
一部が枯れている場合と、全体が枯れている場合と有りますが。
ひとつ言えるのは、台風シーズンにこういうきのこが生えた木や枝を見かけたら、こうして
落ちて来かねないので、近づかないことです。


こちら、草むらに生えるいつものきのこ。

150806_kinoko09.jpg

まだ出初めで小さいけれど。



こちらの鮮やかなのも、草むらに落ちた枝に良く生えている朱赤のきのこ。

150806_kinoko10.jpg

ヒイロタケって言うのが似ているかな?やっぱり枯れた枝にしか出ないきのこです。


で、ぐるっと回ってとある木の前。ここでもまた、枯れ木専門のきのこを見かけて
見上げた松の木がこちら。

150806_kinoko11.jpg

一年中葉っぱの茂る常緑樹がこの有様って言うことは…はい、立ち枯れたアカマツです。
アカマツ自体はもともと荒れ地に先に入って、あたりが木や草でいっぱいになるといつの
間にか居なくなっちゃうタイプの、けして寿命の長い木ではないので、立ち枯れることは
珍しくありません。公園でもそれを見越して新しい苗を育てています。

でもって、この松の幹で見つけた、枯れてるよって言う証拠のきのこはこちら。

150806_kinoko12.jpg

ヒトクチタケと言います。これはドンピシャの写真が載っていたから間違い無し。
って言うか、誰が撮っても同じ姿。きのこ的には珍しいタイプです。

可愛いんですよ。まさに一口サイズ。

150806_kinoko13.jpg

焼き菓子とかにありそうな色と光沢。

150806_kinoko14.jpg

帰ったらおやつにしようという考えが頭から離れなくなるビジュアルです。
ああ、お腹空いた。

世の中、いろんなきのこがありますよね。そして、今年のきのこシーズンはまだ始まった
ばかり。今年もまた、いろんなへんてこな、そして、何かに似ているきのこに会えるかな。
楽しみです。



6/21のラストはオオチドメの原っぱにご一緒していた白いきのこ。

150806_kinoko15.jpg

マシュマロみたいに真っ白だ。

150806_kinoko16.jpg

ホコリタケかと思ったら、何かの幼菌かも。
真っ白でかさがザラザラの毒きのこも図鑑で見たよ。触らない触らない。
でも、帰ったらおやつ食べよう。


おまけ画像は6/23に街路樹の根元で、束になって頭を出していた可愛いきのこ。

150806_kinoko17.jpg

出たてはこんな可愛さで…

後からこんな風に弾けるんだって、

150806_kinoko18.jpg

面白いなぁ。ポップコーンを思い出しちゃった。


なんでかなぁ。きのこを見ているとお菓子を連想しちゃうの。それともなければ、カステラ
とかパンケーキ。ふわっと膨らむ感じかな。それともこんがりした焦げ色に似た茶色のせい
かな。でも、忘れない忘れない。八百屋さんで買う栽培きのこ以外のきのこは 食べない、
出来たら触らない…のお約束。


次の記事で6/21の写真シリーズ、最終回かな?木の話を後ちょっと。



posted by はもよう at 21:48| Comment(0) | 名無しのきのこ画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: