2015年08月16日

ヤマユリの花

今日は雲が多かったもののそこそこ晴れました。せっかくこだまスイカ切って冷やし中華
作ったのに涼しいのかな?ってちょっと思ったけれど、ちゃんと暑かったです。
美味しかった ♪ そうそう、日傘が壊れちゃったんですよ。必需品なのに(T^T)。やむなく
もうひとつ買ってきました。思わぬ出費で残念です。大事につかお。

でもって、記事の方は7/12に撮ってきたヤマユリです。今年はものすごくたくさん見ること
になるんですが、まあ、とりあえずいつもの株を一巡り。

150816_yamayuri01.jpg

数年前に一度、誰かが積極的に植えたんですよね。それから、ヤマユリを見る数が激増した
んですが、まぁ、それでもいつも見回る場所は決まっていました。
まずは隣町へ行く途中の雑木林で見かけるヤマユリをヤブのなかのと外ので2枚。





道ばたの雑木林はとある施設の内側。簡単に言うとひとんちです。フェンスが張り巡らされて
いて関係者以外立ち位置禁止です。だからフェンスのすき間にレンズつっこんでパチリ。

150816_yamayuri02.jpg

ヤブの外のヤマユリのお姿ゲットです。本当は他にもたくさん咲いていたんだけれど、
フェンスの角度のおかげで撮れません。これだけ。それでも年々増えて居るみたい。
どなたか存じませんが、フェンスの向こうの管理人さん、もうしばらく放っておいてね。



さて、隣町について坂を下って「日陰の林」へ。あっちこっちで木の実の実り具合を確かめ
ついでに、ヤマユリのつぼみもチェック。

150816_yamayuri03.jpg

うん、ここのはまだ咲いてない。日陰はね、遅れることが多いですからね。次に来たときに
咲いていたらいいな。



「北向きの斜面」の勝手花だんに咲くモントブレチア。

150816_montbretia.jpg

相変わらずの元気色です。



おさんぽ進んで裏口から公園の中へ。
どんぐりの林の奥にある、ヤブにもこっそりヤマユリが咲きます。

150816_yamayuri04.jpg

いろんなものに阻まれて、お姿はちゃんと拝めないけれど、とびきりの香りは隠せません。

あっちこっち角度を変えてなんとかお姿を撮りました。

150816_yamayuri05.jpg

いやぁ、豪華ですなぁ。これが野の花、山の花なんですから、驚いちゃいますよね。


公園の真ん中では燃えるようなカンナが咲いています。

150816_canna1.jpg

見上げるような大きな花。

150816_canna2.jpg

ヒマワリと並んで、夏を象徴するお花ですね。



さて、さて、この公園でも杉林の林床にヤマユリをまとめて植えました。
せっかくの花を踏まないでねっとロープを張って公開中です。

150816_yamayuri06.jpg

人が植えましたからね、密集して咲いています。

下草は刈ってありますので、ヤマユリだけ綺麗に眺められます。

150816_yamayuri07.jpg

「立ち入り禁止」って書いてある札のそばに行って、もちろん中に入らずに写真を撮って
いたら、愛犬を連れて中で談笑していた男性お二人に、「大丈夫ですよ、入って。」って
言われました。たぶん、公園の管理の方じゃなくて、大丈夫なのはイヌのこと。

私、「立ち入り禁止」の札を無視する仲間に入りたくないです。私は大丈夫じゃないと、
心の中で言いつつその場を離れましたけど、せっかく管理人さんが植えてくれたユリを
傷めないでねって思いましたよ。困ったもんだ。



さてさて、公園を出ておさんぽは、裏の「北向きの斜面」を進みます。
ヤブの中、ひときわ白いオカトラノオ。

150816_o_toranoo.jpg

7/5のおさんぽで見たときは咲き始めでしたが、一週間ほど経ってあの時咲いていた花は
散り、隣のつぼみが開いていました。こうして長い花の方の先までじっくり咲き進みます。



ヤマユリ、今度はフキの葉っぱとご一緒のところをチェック。

150816_yamayuri08.jpg

あらら、こちらはまだつぼみ。そう言うこともあるんですね。



そのちょっと先では今ちょうどイイくらいのお花がお辞儀していました。

150816_yamayuri09.jpg

オニドコロなどのつる草にからまれていますが、ヤブの中の野趣あふれる姿も素敵ですよ。


斜面の上の方ではすっかり色褪せたアジサイがまだ残っています。

150816_yamayuri10.jpg

6月の名残だなぁ…なんて思っていると

ヤブの中には秋の兆し、ヌスビトハギの葉っぱと花の穂が姿を現していました。

150816_nusubito_h.jpg

梅雨と真夏と秋の交差点。
小さい秋はこれから、おさんぽに来るたびに大きくなっていくんでしょうねぇ。
それを眺めるのもまた、お楽しみと言うことで(^m^)。


白くて大きな花。遠くまで届く上品でよい香り。笹の葉を重ねたような葉っぱ。
明治の始め、開国を受けてやって来たヨーロッパ人は無造作に咲くヤマユリに衝撃を受けた
そうですよ。園芸が盛んなヨーロッパでも、野のお花は素朴なものが多いそうで、母国では
あり得ないお花だったんでしょうね。

150816_yamayuri11.jpg

日本から運ばれてヨーロッパの技術でより豪華になった園芸品種が沢山ありますものね。
素敵なお花の咲く国で良かったでしょ。ヤマユリを見ているとちょっとだけ、誇らしく
なっちゃう私です。また会いに来るね。



この後、関東には大きな台風が来るんですよ。次のおさんぽまで、気が気じゃなかったけれど、
大丈夫、お花はちゃんと咲いていました。
でも同じ日に、別の場所で、たくさん咲いているのも見つけたし、あれもこれも記録して
おきたいから、ヤマユリのお話はまた続きます。

ただ、次の記事はたぶんつるになる草。あのオオカモメヅルの会えたので ♪





posted by はもよう at 21:24| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
ヤマユリ、豪華なお花ですね。
お山では見たことがありません。
よい香りがするのですか。
いいなぁ
昔見たことがあるような気もするのですが、
お山に行くようになってからは
実物を見たことが無いような気がします。
なんて、近所のお庭に咲いていたりして・・

センニンソウも早くから咲いていたのですね。
私はつい最近見ました。
秋のお花がどんどん咲きだしますね。
今朝、自転車を走らせていましたら、
国道の温度計が20度でした。
お日様が当たるところは暑いけれど、
日陰は涼しくなりました^^
Posted by ブリ at 2015年08月18日 13:13
ブリさん、こんばんは。

うわぁ、日陰が20℃!! 
うらやましい、こちらはまだまだ暑いですよ(^^A)。

良いんですよ、ブリさんちのほうは。ヤマユリが咲いても咲かなくても。
だって、お山にはもっと素敵で希少なササユリが咲くんですもの。
あれはうらやましいですよぉ。
いついつまでも、見られますように(-人-)。

センニンソウは、まだ早かったですよね。
だって、今じゃなくてこの写真7月のですもの。


毎日暑いけれど、ブリさんちほどじゃないけれど、
うちの方でも秋のお花は増えました。
虫さんの声もコロコロリンリンしてきたし ♪

秋が来ますねぇ、じきに。さて…、秋の味覚は何から…(^〜、^)
Posted by はもよう at 2015年08月18日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: