2015年08月19日

薮茗荷とつるの途中の実

今日も晴れて暑くなりはしましたが、流石に以前の猛暑までは行きませんでした。猛暑が
過ぎると夏の疲れが出ちゃうのか、今日はなんだか一日体調が優れず、お家で静かに過ごし
ました。明日からまた、いろいろ頑張ろう。

記事の方は7/12のおさんぽの終盤。隣町の「北向きの斜面」をだいたい制覇して、また、
園内に戻ってきたところです。公園の一角、雑木の影が濃すぎて、ほとんど日が当たらない
日陰に白い花が群生しているところがあるんです。

150819_y_myouga1.jpg

それがこのヤブミョウガ。草丈1mほどにもなる大柄な草ですが、ツヤツヤの葉っぱと言い、
白い花と言い、とっても涼しげな草ですよ。




以前はボタンクサギと同じところ、「北向きの斜面」にも大きな群落があったんですが、
有る年、一緒に刈られて、ボタンクサギは復活しましたが、環境が変わってしまって
ヤブミョウガはほとんど見られなくなってしまいました。代わって群生しだしたのが、ここ

2008/ 7/ 25付 「藪茗荷と牡丹臭木」

150819_y_myouga2.jpg

こんなに素敵な日陰のヤブにたくさん咲いています。

ミョウガ似の艶やかで大きな葉っぱ。白い小花が輪生して塔のように立っている様、

150819_y_myouga3.jpg

なかなか素敵でしょ。
名前にはミョウガと付いているけれどツユクサの仲間です。
ツユクサ科ヤブミョウガ属の多年草。

2006/ 9/ 8付 「ヤブミョウガ」

過去記事のお花のアップがありますが、ミョウガよりはずっとツユクサよりのお花です。

150819_y_myouga4.jpg

以前は、他の場所の、手の届く場所にも咲いていたのですが、今年はまだ見つかっていま
せん。写真の場所は手前のヤブの密度が高すぎてお花のそばまで寄れません。
まぁ、接写は今までさんざんしてきたから、今回は周りの環境を見ていただきましょう。


頭上にはどんぐりの木とイイギリの雄株、シロダモ、アオハダなどのいつものメンバー。
地上でご一緒するのは猛烈に繁ったつる性植物。それから、雑木林の側面もつるで覆われて
います。

150819_karasu_u1.jpg

↑ オニドコロとカラスウリ、時々ニワトコ。

↓ 金粉をまぶしたような斑入りのアオキと濃い緑のカラスウリ。

150819_karasu_u2.jpg

中間の緑色のオニドコロやヤマノイモの葉。すごく綺麗な模様になっていますねぇ。
足元にはカナムグラとクズが組んずほぐれつしています。一時はアレチウリが入り込んで
困るほど群生しちゃったのですが、数年来の管理人さんの手入れによって、最近はなりを
ひそめています。私も、芽生えたての芽を抜きまくったんだけど、それも根絶に役立った
んだと良いな。


ついでにその近くのずっと成長を見守っているサルトリイバラの実がなっている場所も
見に行ってきました。

まずは大きな木に絡むツルウメモドキ。

150819_t_umemodoki1.jpg

健在です。

そして、気になるサルトリイバラの実。

150819_sarutori_i.jpg

順調です。秋には真っ赤になりますからね。楽しみです。誰も採らないでね。刈らないでね。

ちなみにこの実の前にはトゲトゲのタラノキがにょきっと生えて来ちゃいました。

150819_taranoki.jpg

余計な人は寄せ付けないな。よしよし。

ちょっと目をあげると、いろんな実がなっています。

白っぽいしずく型はエゴノキの実。

150819_ego_ume.jpg

熟したら割れて。煎ったコーヒー豆みたいなタネをこぼします。

右下の粒々はツルウメモドキの実。

150819_t_umemodoki2.jpg

黄色や赤に熟したら割れて、中からオレンジ色のタネを出します。


こちらの粒々は手前と左がガマズミの実。

150819_gama_siro.jpg

ルビー色に実りますよ。

右側や奥の粒々はシロダモの実。



これですね。↓

150819_sirodamo.jpg

こちらは晩秋に、実とお花の盛りをいっぺんにむかえます。
今から着々準備中。秋が楽しみですねぇ。


ついでだから近所のつる性植物をもうちょっとご紹介。

150819_kireha_n.jpg

こちらはキレハノブドウ。まあ、ほとんどノブドウなんですけれど、葉っぱの切れ込みが
深いやつ。

それから、7月の声を聞いて急に目立ち始めたヤマノイモ。もとい自然薯の葉っぱです。

150819_yamanoimo1.jpg

オニドコロに比べてツヤの無い、すんなり細めの葉っぱ。

図鑑には簡単に オニドコロは葉っぱが互い違いに付き(互生)、ヤマノイモは2枚ずつ
向かい合わせに付く(対生)なんて書いてあります。

150819_yamanoimo2.jpg

これですね。
いや、どの株も対生なら、良いんですよ。でもその下に但し書きとして、幼植物のうちは
互生のものもあるなんて書いてあったら、もう、素人には裏切ったな〜ってなもんですよ。
ヤブで眺めて迷う迷う。(^^A)
でも、夏ならお花が全く違うって言うチャンスがあります。この季節にしっかり見極めて〜
自然薯掘りに行きますか?(^m^)



まだ、梅雨明け宣言も出ていない7/12に、秋の花、クズのつぼみも見つけちゃいました。

150819_kuzu.jpg

あらら、今年はみんな急ぎ足ねぇ。


それでも道ばたのヤブではガガイモがつるを伸ばし始めていたし…。

150819_gagaimo.jpg

真夏に暑苦しい(^^;)モヘアみたいなお花、楽しみにしているわね。
この後、ひとつ大きい台風を経て、いよいよ梅雨明けと言う頃の写真でした。


おまけ画像は公園の花だんで撮ったホオズキの写真。

150819_hoozuki.jpg

ほんのり色付いてきましたよ。お祭りの縁日で見かけるあの色に近づいてきました。
今年は夏祭りに行かれるかな〜?



posted by はもよう at 20:58| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: