2015年09月18日

ツリガネニンジンの花

なかなか晴れません。朝、目覚ましと同時の遠雷で目を覚ましたのですが、目覚めたときに
降っていた雨も出掛ける頃には止んで、午前中ちらっと日も差したのに、結局雨が降ったり
止んだりのどんよりな一日でした。明日から大型連休、お天気回復して欲しいなぁ。

長々語って参りました8/8のおさんぽの話ですが、今回で最終回です。お気に入りの観察
スポット「北向きの斜面」を歩いていって端っこのカタクリの保護地にさしかかりました。
ここはヤマツツジが強剪定されて、植生が変わり、今年ツリガネニンジンが爆発的に
増えたんです。

150918_turigane_n1.jpg

咲いているかな?写真に撮れるくらい近くに咲いてくれたかな?




ツリガネニンジンはキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。
高原に開けた草地に涼しげに揺れている感じのお花ですが、うちの近所にも咲いては
いるんですよ。ただ、旦那さんに車を出してもらわないと行かれない程度には離れた
河原に(^^;)。

2011/ 9/11付 「初秋の河川敷」


カタクリの保護地にも数本の芽は出るのですが、とにかく、他の草の勢いが強すぎて、
つる性植物にからまれて引き倒されちゃうか、ヤブに埋もれるか。
運良くお花まで辿り着けても大抵は、草刈り隊の格好の餌食になって残念な結末を迎える
ことが多かったんです。

2008/10/24付 「隣町で咲く秋の花」 初めて見つけたツリガネニンジン


でも、今年は違います。何てったって、株の数が半端なく多いんです。
ヤマツツジの強剪定で環境が変わって、今まで眠っていたタネも目を覚ましたんじゃない
かと言うくらい、今までにない数、茎を伸ばしていたんです。

日当たり好きで、ちょっと離れた河原へ行かないと会えないお花に手軽に会えるチャンス
です。楽しみにして向かったけれど、まず目に入ったのは…


これ、野菊ですね。今まで咲いてたユウガギクじゃ無いですね。

150918_k_yomena1.jpg

茎の先が枝分かれしていないし、お花が立派。

150918_k_yomena2.jpg

冠毛も見えないから…

150918_k_yomena3.jpg

カントウヨメナですね。もう咲き始めたんだ。野菊が咲くと秋ですよね。
ちなみにこれを撮ったのは8/8の真夏日の日ですけどね。



おおっと、忘れてませんよ、ツリガネニンジン。

150918_turigane_n2.jpg

うわぁ。いろんなものにからまれているけれど、小さな白っぽい花が咲いているのが
解ります。丁度お花の季節に間に合ったようです。

150918_turigane_n3.jpg

すっと伸びた茎に輪状に、釣り鐘型のお花を下げるツリガネニンジン。
風に揺れたら綺麗な音が聞こえてきそうなお花です。

でも、この斜面で、ちょっとでも背が高いとすぐにつる性植物にからまれてこんな風に
なっちゃいます。

150918_turigane_n4.jpg

茎が弱いと引き倒されて、立ち上がれなくなることも。この株はぎりぎり踏ん張っている
みたい。頑張れ。



ちょっと向こうにはアザミも咲いてます。度重なる草刈りにも耐えて立派なお花。

150918_nohara_a1.jpg

春に咲くのはノアザミで、秋に咲くのはノハラアザミ…だから、これはノハラアザミ。

150918_nohara_a2.jpg

ガク(萼)っぽいところ(総苞)、総苞片と呼ばれるうろこみたいな部分が浮き上がって
いる(斜上)するのがノハラアザミの特徴。このあと綿毛を吹くところも見物です。



今回のツリガネニンジンのお花はみんな白っぽいですね。もともと白く見えるほど淡い
紫色の花ではありますが、ちょっとこれでは残念だ。

ヤブを何度も透かし見て、やっと紫色のお花を捉えました。

150918_turigane_n5.jpg

これが冒頭の一枚。
それでもやっぱり、ヤブのツリガネニンジンは、図鑑にのっているような爽やかな姿では
いられないんですね。ヤブに埋もれてもみくちゃだ。


カタクリの保護地のロープの中なので、勝手に近くには行かれません。比較的近くの
お花を精一杯の望遠でとらえます。

150918_turigane_n6.jpg

図鑑のお花よりずっと小さいんだけれど、違う種類なんだろうか…。←不安(^^;)

画像を拡大してみます。

150918_turigane_n7.jpg

先が5つに分かれた花冠。おしべはお花の中で、ぴゅっと飛び出しているのはめしべ。

150918_turigane_n8.jpg

糸の様に細いガク(萼)。可愛いつぼみ。
結構、複雑で繊細な造りなんですね。神様はどんな細かいところも手抜き無し ♪

他にもまだまだ、つぼみの株が沢山あって、

150918_turigane_n9.jpg

期待大だなぁ。また見に来なくちゃなぁと思って、この日の撮影は終了したんですよ。


まぁ、ひと月以上も経っちゃったから言いますけど、このあと、長雨もあったし、草刈り
もあって、結局追加の写真は撮れませんでした。この場所、今頃、彼岸花で真っ赤です。
彼岸花を綺麗に見せたくて、他の草はすっからかんに刈られました。まぁ、いろいろ、
思い通りには行きませんわ。



帰り道またひとつ、秋の兆しに出会いました。
おさんぽ冒頭にも見かけていたママコノちゃん。これも秋の花なんですよ。
タデ科が目立ちだすと秋が近いなって思います。

150918_mamakono_s1.jpg

前のは変種の白花でしたが、今度は基本のピンクのお花。可愛いですよね。

細長い茎に、鎌の形の鋭いトゲ。別名のトゲソバで良いのにね。

150918_mamakono_s2.jpg

お花の中がおしべの白と、タネの黒との2種類あるのは、花びらに見える部分がガク(萼)
だからと、こうしておけばお花がいっぱい咲いているように見えて、省エネで虫さんを
呼べるから。

良く似ているイシミカワとの見分けポイントは、葉っぱと茎の位置関係。

150918_mamakono_s3.jpg

葉っぱの端に茎(葉柄)が付いているのがママコノちゃん。
イシミカワは途中についているんです。でも、このあと秋になればイシミカワには青い実
が付きますからすぐに解りますよね。


斜面を上がって、再度公園に入り、帰路につきます。
途中、押さえておいたヤブミョウガ。

150918_yabumyoga.jpg

白い花が薄緑の実になり、それがだんだん濃くなって、黒っぽく見えるまでになりました。
ヤブミョウガの実。色付く過程も魅力的です。



8/8のおさんぽはここまで。連休前のお仕事も今日まで。明日から怒濤の5連休。

そりゃあね、大人には行楽の秋だから良いですよ。でも学童にとっては、やっと始まった
2学期にいきなり水を差すようなスケジュール。先生方のご苦労が忍ばれます。一斉休み
の祝日増やすより、働く人が好きなときにお休みを取れた方が良いんですけどね。

さて、5連休に、何しよう。

posted by はもよう at 22:48| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう新しいお散歩用の靴、
今日ぐらいおろされるのかな。
いいなぁ
わたしはいつも長靴です。
ヘビよけと草むらのしずくや泥道が多いので、
おかげでどこでも入っていけるのでありがたいです。

ツリガネニンジン、増えていてよかったですね。
ツリガネニンジンもママコノちゃんも
小さいのにきれいに撮れていますね。
私、小さくて揺れているとすぐにあきらめてしまいます。
ヤブミョウガ、たくさんさいていますね。
綺麗な実がたくさんできそう。
こちらは今年はあまり見かけないです。
Posted by ブリ at 2015年09月20日 06:32
ブリさん、こんばんは。

あぁ、そうそう、おさんぽ用の靴!
買ったんですが、まだ下ろしてません。
明日こそはp(^へ^)。

長靴も良いですよね。ほんとどこでも入っていけて。
でも、うちの方は住宅街を通っていくので、ちょっと、晴れた日の長靴は
目立ちすぎかも(^^a)。

その代わり、あんまりヤブに入らないようにしています。
ヘビだって住んでますもの。刺す虫もいるし。

ツリガネニンジンは、前の方が大きい花だったななんて、
過去記事見て思い出してました。
今年は数で勝負したようです。

小さい花の方が、闘志がわくのですが、
ピンぼけも量産しています。
最近ではとうとう老眼に負けて、ちょっと戦意喪失気味です。
う〜ん、頑張るぞ。p(^へ^)

ブリさんも素敵な写真を見せてくださいね。
Posted by はもよう at 2015年09月21日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: