2015年09月24日

白蝶草としずく

連休明けの今日は朝からどんより、午後からは雨になりました。南海上にある台風の影響で、
週末は雨になりそうです。ことしは本当に良く降りますねぇ。気温の変化も激しいので
風邪をひかないようにしたいと思います。

記事の方は8/29まで一気に飛びます。雨続きでしたからねぇ。霧雨の朝、長靴はいて傘差して
出掛けた日の写真です。まずは近所の花だんの花たち。

150924_gaura1.jpg

この花はガウラと申します。





北米原産、アカバナ科の多年草。白い花はハクチョウソウでピンクのはヤマモモソウとも
呼ばれます。この日は細い茎に水玉をたくさんつけていました。

150924_gaura2.jpg

ガウラなんて、怪獣みたいな名前ですが、ギリシャ語のガウロス…華麗なとか堂々としたとか
言う意味の言葉が元だそうです。
花だんに植えれば丈夫で良く育ち、細い茎が風に揺れる様が涼しげな綺麗なお花です。



こちらはベゴニア。赤にピンクに白い花。昔からずっと変わらない、なじみ深い品種です。

150924_begonia.jpg

みずみずしいのですが、茎がもろくて折れやすいので注意が必要です。



並ぶのはシュウメイギクのつぼみ。

150924_shu_mei_g.jpg

秋が来るのを感じて準備しました。今頃もう、咲いているかしら?

150924_itimonji_s.jpg

セセリチョウさんにもごあいさつ。イチモンジセセリかな?



雨に濡れても鮮やかなのは百日草ことジニアのお花。

150924_zinnia1.jpg

本当に夏中、百日咲いていましたねぇ。

こっちの株は勢い余って、ちょっとミスしちゃったみたいです。

150924_zinnia2.jpg

ミスっていても、ちゃんと咲きます。がんばれ。



百日よりもずっと長いセンニチコウ(千日紅)。ヒユの仲間の園芸植物。

150924_sennitiko1.jpg

夏中 咲いているのは百日紅…って、それはサルスベリ。
夏から秋まで咲くから、百日よりも長い千日にしたとか。

150924_sennitiko2.jpg

色鮮やかなのは苞(ほう)で、かさかさに乾いているからこれでドライフラワーにもなります。
そうなったらまさに、千日約3年の間、綺麗でいてくれるかも。

150924_sennitiko3.jpg

花の色は赤に白の紫にピンク。可愛いな。



公園を通り抜けた先の雑木林の方、一度は終わったかに見えたましたよ。
また咲き出したハマナスです。

150924_hamanasu1.jpg

今年とるタイミングを逃していた基本色。

それから、白い花。

150924_hamanasu2.jpg

このあいだ赤い実を撮ったばかりですのに、またお花。ぎりぎりまで頑張るタイプかな?。
なんて、眺めていたら、あらまぁ、変わったお花だこと。

150924_hamanasu3.jpg

ハマナスのお花の上に咲いた白い花。もう一度見たら、ニラですね。

150924_nira.jpg

秋風吹く頃、よく見られるようになりすよね。よくよく見れば綺麗なのよ。



次回もこの日の写真を見ていただくことになりそうです。




posted by はもよう at 23:39| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: