2015年10月09日

ウスギモクセイの花

今日も申し分ない秋晴れの一日でした。遊びに行きたいなぁ。あ、いやさて、道にこぼれる
落ち葉の数も日に日に殖えて、垣根では早咲きの山茶花が咲き出しました。秋のページは
どんどんめくれて、もう10月の初旬もおしまい。明日からは3連休ですね。お天気は
どうかな?

さて、記事の方は9月初旬。丁度モクセイのお花がリレーするように咲き始める頃のこと。
9/6にいつもおさんぽしている近所の公園で撮ってきた写真の続きです。

151009_usugi_m1.jpg

このお花はキンモクセイじゃありません。お仲間のウスギモクセイです。




モクセイのお花のリレー、第一走者は真っ白なギンモクセイ。最近、とあるお庭に咲くのを
見つけて写真に撮らせていただいていましたが、8月後半から始まった雨続きのお天気が、
9月に入っても続いていまして、香りには気付いていたのですが、写真を撮るタイミングを
逸していたこの頃、そう言えば、第2走者のウスギモクセイだって咲いちゃうかもしれない
と、見に来てみれば、思った以上の満開ぶり。

151009_usugi_m2.jpg

見に来ておいて良かったです。第一走者も第二走者も撮れなかったら、残念すぎます。

↓ 真ん中の木がウスギモクセイ。そんなに大きな木ではありませんが、うちの近所では
あまり植えられていない花木です。

151009_usugi_m3.jpg

図鑑を見るとギンモクセイの変種で、西日本の方に多いと書いてあります。

図鑑には葉の違いとか書いてあっても、素人目には判断付かないですよ。

151009_usugi_m4.jpg

でも、お花が咲くと、色が全然違います。ウスギモクセイの花は薄い黄色。

もうひとつの大きな違いは、おかぶしか渡ってきていないキンモクセイにはまず、実が
付かないのに、この、ウスギモクセイには実が付くんです。

151009_usugi_m5.jpg

同じモクセイ科のオリーブに良く似た、黒っぽい楕円形の実を、花が咲いたことなんか
忘れちゃうほど後の、半年後にぶら下げます。

151009_usugi_m6.jpg

香りは、金木犀ほど強くはなく、優しくふわっと香ります。
今年もちゃんと撮れて良かった、ウスギモクセイの花。



ちなみに、9/6のキンモクセイの枝はこんな感じ。

151009_k_mokusei.jpg

お花はまだだし、つぼみだって、やっとポチポチ出てきたあたり。
お花の咲く時期も大事な見分けポイントになりますよね



ついでに同じに日の公園で見かけたものをご紹介。


こちらはカツラ。黄色く色付く葉っぱが増えてきました。

151009_katura1.jpg

生乾きの、カツラの落ち葉が甘く香る季節。香づる木カツラの真骨頂。

151009_katura2.jpg

おさんぽのたび有り難く、美味しそうな香りを楽しんでいます。


それから、毎年、返り咲きを見せてくれるニワナナカマド。

151009_n_nanakamado.jpg

そぼ降る雨に濡れて、うっかり秋に咲いちゃったことを後悔しているようなしょんぼり
花の穂。でもね、虫さんたちには好評ですよ。頑張って。


それから、アメリカハナノキの葉っぱが紅色に色付き始めました。

151009_a_hananoki.jpg

外国産の木は、日本の木と、いろんなところのタイミングが違うようです。
アメリカハナノキは、紅葉するタイミングが他よりちょっと、早いようです。



さて、相変わらずはっきりしないお天気が続いちゃったので、うまく撮れないのは承知で
ギンモクセイの撮影に挑戦してみました。

151009_g_mokusei1.jpg

とあるお庭の立派な木はこんなにたくさんのお花を咲かせているので、往来は ほのかな
花に香りに包まれています。

枝に近づける別の株は、今年の花の付きが今ひとつです。

151009_g_mokusei2.jpg

お天気もあるし、雨粒避けながらって言うのもあるけれど、

151009_g_mokusei3.jpg

何より、アップで撮れる場所に良いお花が無いって言うのが残念です。
とりあえず、咲いたよって言う証拠写真にしかならないけれど、記念の一枚。

モクセイの花のリレー、最終走者のヒイラギが咲いちゃうともう、秋も終わりです。
今年のモクセイリレーはどんな展開になるのかな?



次回は、9/6の公園のお花と草と蝶々の写真を中心に。

posted by はもよう at 22:51| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: