2015年10月11日

どんぐり勢揃い

今日は朝から雨。せっかくの連休中日だって言うのに、残念ですね。私は風邪気味でした
ので、家で静かにしていました。サクラとヒメシャラの葉っぱがすっかり赤くなって、
ケヤキに枝先にもちょっと色付いた葉っぱが見えるようになりました。秋はどんどん
深まっていますね。今夜は何かからだが暖まるものを食べようかな。

記事の方は9/6、近所の公園さんぽの続きです。いろんな木で木の実が色付く頃になり
ました。

151011_donguri.jpg

こぼれ落ちたの、色づきかけ、おなじみからちょっと変わり種まで。あちこち見て、
撮ってきましたので良かったら。






まだ、9月の初めですからね。どんぐりも完成してたり途中だったりしてますよ。
こちらは枝に付いたまま落ちていたコナラどんぐり。

151011_konara.jpg

チョッキリ調査員のお子様入りですから、どんぐりの実り具合の調査報告を受け取ったら、
そっとしておいてください。持って帰るともれなくイモイモしたのが出て来ますからね。

鳥の巣ごもりしているようなクヌギどんぐりだって、こちらはまだ途中です。やっぱり
なんとかチョッキリっていう虫が卵を産み付けて枝ごと切り落としたものと思われます。

151011_kunugi1.jpg

葉っぱも青いけれど、殻斗の中のどんぐりもまだ緑色。


みんなまだかと思っていると、急にこんなに実りの進んだのにも出くわすから不思議です。
まぁ、人にも早熟、晩成いろいろありますけどね。

151011_kunugi2.jpg

しかも、面白いのはこのクヌギどんぐり、へんに長細いんです。コナラじゃないですよ、
クヌギです。クヌギはもっとまん丸に近いはずなのに、なんでこんなの細長い。
まぁ、人にも…やめておきましょ。
どんぐりだって、木によって、ちょっとずつ個性があるんですよ。それも面白いところです。




園内を回っていって、外国産の木が並ぶ一角で、今度はオークのどんぐりを確認。
右側は、比較対象、日本代表のコナラです。

151011_oaks1.jpg

上が、一足早く実って落ちていたレッドオーク(たぶん)で、左に大きく開いているのが
今回初落ちしていたピンオーク。これもまだ青いから、チョッキリ調査員の仕事かもしれ
ないけれど、ほぼ完成形です。あとは黒くなるだけですから、大きさの違いを見ていただけ
ればなと。

「オーク」は「樫:カシ」と訳されることが多いのですが、日本でカシというと、常緑の木
だけが思い浮かびますが、「オーク」にはどんぐりが実る木が幅広く含まれるそうで、
こちらの2種は落葉樹です。紅葉ぶりも自慢ですよ。

151011_oaks2.jpg

ピンオークは、杭(ピン)の材料にする木だそうです。別名はアメリカガシワ。
どんぐりはこんな、半球形をしています。表面は毛深くてフェルト細工のようで愛らしいです。
日本のカシワよりは、コナラの方に近いどんぐりですよね。

ついでに、レッドオークのどんぐりも載せておきます。

151011_oaks3.jpg

8月末に撮った写真とあんまり変わりませんけどね。


2015/ 9/27付 「秋待ち公園めぐり」
2014/12/ 3付 「レッドオークの紅葉」



この公園で見られるもうひとつのどんぐり、スダジイの木はこの日まだこんな風。

151011_sudajii1.jpg

↓ 前回ご紹介したのから、あんまり変わっていないけれど。

2015/ 9/21付 「ガガイモの花」

151011_sudajii2.jpg

いや、でも、ちょっと大きくなったかな?着々と、美味しいドングリ製造中。楽しみです。



おなじみどんぐりを一通りチェックしたら、今度は他の木の実も見て回りましょうかね。

まずは低木のトサミズキ。春先に薄い黄色の花を長い穂にして下げていた木です。

2015/ 3/17付 「トサミズキの花」

151011_tosamizuki1.jpg

へんてこな実でしょ。マンサク科なので、マンサクの実とそっくりなんですが、まぁ、
マンサクの実も、さほど有名じゃないし、やっぱり変な実ですよね。

2006/ 1/18付 「まんさくの花」

熟すとこんな風に割れてタネをこぼします。

151011_tosamizuki2.jpg

本来は真冬の光景なのですが、この木、最近剪定されて、この枝も切られちゃったんです。
切られてあわてて、タネだけ落としたんでしょうね。気の毒に。
ただ、一生懸命子孫を増やさなくても、公園の管理人さんが手入れしてくれる木です。
心配ないよと伝えたいなぁ。



こちら、黒々ツヤツヤ、お節の黒豆みたいな実はシロヤマブキの実です。

2015/ 5/21付 「シロヤマブキの花」

151011_s_yamabuki.jpg

黄色い山吹とは違って4枚しかなかった花びらの花は、黒々したタネを4つ並べる実になり
ます。4にこだわりがあるんだな。
ちなみに、黄色い山吹の実は5つですが、見栄えはしません。


こちらはベニバナトチノキの実です。写真じゃ解りませんが、でかいです。
いや、ゴルフボール大からソフトボール大くらいまで、大きさにはばらつきがあるのですが、
これはソフトボール大。

151011_b_totinoki.jpg

いったいどんな実が入っているのやら。
欲しいけれど、まぁ、いつ落ちてくるか解らないし、とっても魅力的な見た目の実だから、
競争率も高いし、手には入らないと思うけれど、欲しいなぁ。

もっと大木になるトチノキの実は、大きさにさほどのばらつきはなくて、ほとんど
ゴルフボール大。でも、木としては小柄なベニバナトチノキの実はいろいろで、時々
びっくりするほど大きくなるんですよね。木の大きさと実の大きさは比例しないんだな。

2015/ 6/15付 「白雲木の花」



さて、へんてこな実で、人をギョッとさせたかもしれないコブシもそろそろ実の皮をむいて
赤い実を出す頃です。

151011_kobusi1.jpg

赤いの、見えるかな?

落ちていた実でじっくり観察。

151011_kobusi2.jpg

靴下にビー玉を詰め込んだみたいなへんてこな形で実り始めたコブシの若い実。
病変でも虫こぶでもありませんよ〜と言ってきましたが、あれが熟すと緑色だった皮は
黒く変わって、裂けて中から赤い実を出します。
ここのところの黒と赤のコントラストで鳥さんの目をひく作戦という説もあるそうですよ。

この赤い実、さやとは白い糸で繋がっています。ぶらぶらして、さらに鳥さんにアピール。
いや、素晴らしいプレゼン力。敏腕ですな。

でもって、この赤い実の中には茶色くてハート型のタネが入っています。赤い果肉は鳥さん
たちの大好物、くちばしで上手にむいて食べ、タネだけ落とします。お腹は通らないから
綺麗ですよ。
そのタネが、大きさと言い、形と言い、質感と言い、よだれが出ちゃうほど、チョコチップ
にそっくりなんです。ハートのチョコチップ。奇麗な形のを拾えたら、恋愛成就のお守りに
使えそうじゃないですか。これからどしどし落ちますからね、お楽しみに。

2005/ 9/28付 「コブシの実 その後」



コブシの実でギョッとしちゃったら、ハクモクレンの実ではもう驚かないかな?
↓ これなんですけど。

151011_h_mokuren.jpg

あの、高貴なほど整った 白いお花の中心にあっためしべがこんな形になりました。
ところどころ、受粉に成功したところだけ実が出来てぽこっと出っ張ります。
コブシとはまた、ちょっと違ったへんてこな実。まぁ、形式としてはお仲間のホウノキ、
タイサンボクなどに似ているのですが、そちらの実の方がめったに見られないので、
ときおり誰かをギョッとさせているかも。あの、これも、病変でも虫こぶでもありません。
通常営業中です。お見知りおきを。

2015/ 4/14付 「マグノリアの仲間たち」




あちこち見終わって、ヒメリンゴの下で、まだ赤くならない実にカメラを向けていたら、
通りがかったおじさまにお声がけいただきました。「これなに?」って。

151011_h_ringo.jpg

ヒメリンゴですよ。八百屋さんに並ぶのほどじゃないけれど赤くて可愛い実が付きます。
そしたらね、おじさま、栗や柿みたいな食べられる実がなる木を植えて欲しいんですって。
食べられる実のなる木…じつはこの公園にたくさん植えられているのですが、有名じゃない
のは誰も採らないし、梅や桑の実なんて、落ちすぎてあたりが臭くなっちゃうほどだけど、
見向きもされないんですけどねぇ。柿や栗ですか…。なんてお返事しましょ。(^m^)


それで思い出した。その後、桜の根元に大きなきのこがたくさん生えていたのを見つけたん
ですよね。次に記事は、きのこの写真にいたしましょ。あ…、夕飯おかず、きのこ鍋なんか
良いかも。(^〜、^)





posted by はもよう at 17:08| Comment(4) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
ぎょっとした実、ハクモクレンなんですか。
調べないとなぁと思っていましたら、
はもようさんのところでおしえてもらっちゃった。
いつもありがとうございます。
こんなのが付いていると、驚きます。
でもそういえばタイサンボクの雌蕊も
こんな紅色していますよね。
最近見たばかりです。
この前通った時もまだたくさんお花咲いていました。
今頃まで咲くんですねぇ
初夏に咲くお花だとばかり思っていました。

変わったどんぐりがたくさんですね。
うちは普通のしか見たことがありません。
今朝もお散歩していましたら、
コーンコーンとどんぐりが屋根におちてなる音が
あたりにこだましていました。

Posted by at 2015年10月12日 11:52
名無しさんはブリさんかな?
こんばんは。

あら、ハクモクレンの実に、ギョッとされましたか。
まぁ、変な格好ですものねぇ。
お役に立てて何よりです。

えっえっ?!タイサンボク、まだ咲いているんですか?
あら、うちの方ではもう見られませんよ。
実もなかなか付きません。
あ、でも、めしべが赤いのはホウノキかな?

はい、誰かがいろいろ植えてくれるので助かります。
行ったことのない外国のどんぐりにも会えてラッキーです。

どんぐりの落ちる音、こちらでもおさんぽ中に良く聞きますよ。
直撃を受けたり、目の前に落ちてきたりもします。秋ですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2015年10月12日 17:07
はもようさん、すみません。
名前忘れました。

タイサンボクだと思います。
8月17日の記事にのせたお花。
先週前を通った時、
まだいくつか咲いていました。
雌蕊の下の方が紅色ですよね。
実もできていましたよ。
また写真撮ってきます^^
Posted by ブリ at 2015年10月12日 18:06
ブリさん、こんばんは。
あ、やっぱり、ブリさんでしたか。(^^*)よかった。

ホウノキじゃなくて、タイサンボクでしたか。
8/17の記事を改めて見に行ってきて…

\(◎O◎)/わぁ、タイサンボクだ。真夏に咲いてる。
おしべがおちたとこ赤い、赤いって言うか
めしべの付け根が紅色。綺麗ですねぇ。

いやぁ、タイサンボクがセンニンソウと一緒に咲いてるとか、
うちの方ではありえません。びっくりです。
実も出来てるんですねぇ。
それもうちの方ではまれですよ。すっごくまれ。めったに見られません。
うわぁ、ブリさん、いいんだぁ。うらやましいなぁ(*▽*)。

写真、良かったら見せてくださいねぇ(o^^)oワクワク。
Posted by はもよう at 2015年10月13日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: