2015年11月24日

遅咲きツリガネニンジン

週間予報では今週ずっと雨だったはずなのに、今朝テレビが「今日は晴れ」って言って、
晴れたら嬉しいけれど、窓の外のどんよりした雲が退くとは到底思えず半信半疑でした。
でも、嘘のように晴れましたね。今年最後の暖かい日になるかもしれないらしいです。
小春日和ってやつでしょうか。でも、夕方からは強い風が吹いて、木の葉をたくさん
散らしていました。忙しいお天気でした。明日はどうなるかな?

記事の方は9/22のおさんぽ写真の続き。隣町に着いて、公園裏の北向きの斜面へ。

151124_turigane_n1.jpg

最初のポイント「日陰の林」で見かけたのは、夏の花期には遠目でしか会えず、近くで
撮りたかったツリガネニンジン。まだ咲いていたんだと、早速しゃがみ込んで撮影です。





前にご紹介したのは ↓ 8/8に撮った写真ですよ。

2015/ 9/18付 「ツリガネニンジンの花」

で、今度撮ったのは9/22。

151124_turigane_n2.jpg

夏に見たツリガネニンジンは人の背丈ほどある背の高い草でしたが、この日見たのは
膝丈にも満たない小ぶりな株。

夏中、何度も見に来た場所なのに、葉っぱさえ見なかったですよ。

幻みたいに咲いて、次に見に行ったときには徹底的に草刈りされて、影も形もありません
でした。

151124_turigane_n3.jpg

しずくみたいなつぼみ。針のようなガク(萼)。

お花をのぞき込んでぱちり。この角度からだと、キキョウに似ているなって思います。
やっぱり、キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草 ♪ だけのことはあるなぁ。

151124_turigane_n4.jpg

手にとって写真が撮れて嬉しいな。それにとっても綺麗な紫色。偶然の出会いに感謝。

幻のように消えちゃったのは残念だけれど、根っこが残っていたらまた来年会えるかも。
楽しみに探す予定です。



「日陰の林」と言えばウドの大株。ウコギ科タラノキ属の多年草。

151124_udo1.jpg

長い間、つぼみを見守って来ましたが、そろそろ咲いたかな?

151124_udo2.jpg

ほら、火花が散るように咲いてる。

151124_udo3.jpg

毛深い茎もチャーミング。

おしべをいっぱいに伸ばして、元気に咲いてます。

151124_udo4.jpg

去年は ↓ 実もついたから、これからまた変わるのかな。

2014/11/14付 「ウコギ科のお花」

同じウコギ科のヤツデにも似たお花でしょ。綺麗でしたよ。



ご近所のマメアサガオはさらに花盛り。

151124_mame_a1.jpg

この日は、かわいい実も見かけました。

151124_mame_a2.jpg

このあと地味に紅葉します。それもいずれ、見ていただこうかな。



地味めな草ですが、秋に会うのを楽しみにしているお花があります。

151124_hanatade1.jpg

華やかじゃ無いけど、名前はハナタデ。

しばしば、イヌタデとの見分けに悩むけれど、

151124_hanatade2.jpg

秋になって目立ってくる、葉っぱがすんなり細長い、お花の付き方がまばら。
草丈が高い。日陰好き、などなど。見分けポイントが、相対的なものばかり。

私が勝手に、これはどうかな?って思っているのは、イヌタデの花は開ききらない
けれど、ハナタデの花はちゃんとお花の形に開くこと。

151124_hanatade3.jpg

ただ、図鑑には載っていないし、肉眼で見るにも苦労があるけれど、とりあえず
自分の中ではちゃんと開いた花を見つけたら、ハナタデだと思って撮ってます。



次の記事は「日陰の林」や「北向きの斜面」で見かけた色とりどりの木の実を見て
いただく予定です。


posted by はもよう at 22:51| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: