2015年11月26日

小さな秋の花

夕べは結構降りましたね。でもって今朝は霧雨。途中から雨は上がったけれど、すっきりとは
晴れませんでした。週間予報だと明日からしばらく晴れるそうだけれど、もう、紅葉に仕上げ
するような 冬を思わせる晴天になるんでしょうね。北海道では異例の大雪だそうで、お天気の
乱暴ぶりは相変わらずのようです。どうか気象情報には十分お気をつけください。

記事の方はまだまだ続く9/22のおさんぽ写真。今日はお気に入りの観察スポット「隣町の公園と
裏の北向きの斜面」で見かけた小さい秋の花をいくつかご紹介します。

151126_gen_shoko1.jpg

まずは、ゲンノショウコ。白花です。






お腹の薬、ゲンノショウコ。飲んだらすぐに効くから「現の証拠」。有名な民間薬だそうです。
不思議なことに、西日本では赤い花、東日本では白い花が咲き、中部地方では中間のピンクの
花が咲くと言われてきました。同じ花なのに全く印象が違いますよ。

151126_gen_shoko2.jpg

最近では、人や物の行き来が激しいせいか、それほど明確には棲み分けていないようですが、
それでも、東日本に位置する我が家周りでは、やっぱり白花が優勢です。

紫色のおしべのヤク(葯)、ピンク色しためしべの柱頭。

151126_gen_shoko3.jpg

咲いたらまず、おしべから花粉を出し、それが終わるとめしべの柱頭が開いて、他の花の花粉を
受けます。

151126_gen_shoko4.jpg

自家受粉を咲ける仕組みなのですが、タイミングによってちょっとずつ表情が変わるので、写真
の撮り甲斐のあるお花です。今年も綺麗なところが撮れて良かった。



それから、次に撮ったのがイヌコウジュ。コウジュ(香需)とはナギナタコウジュのこと。
コウジュという薬草によく似ているけれど、コウジュじゃ無いから、イヌ-コウジュだそうです。

151126_inukoju1.jpg

でも、役に立たない草では無くて、こちらもお風呂に入れて腰痛を治したりする薬草だそうです。
葉をもむとさわやかな香りがして、効きそうな気がしますよ。

151126_inukoju2.jpg

シソ科ですので、お花は小さくて地味ですが、よく見ればかわいいです。

黄緑がかった丸っこい葉っぱ。葉の周り、先の方に浅いぎざぎざ。花はピンクでガク(萼)が
3つ鋭くとがっている点が特徴。



そっくりさんのヒメジソも咲いています。

151126_himejiso1.jpg

黄色みの少ない緑の葉っぱ。菱形の葉に、葉の周りに荒くて鋭いぎざぎざ。
花は白っぽく、ガク(萼)は鈍くて3つに別れた真ん中がちょっと短くてへこんで見える点が特徴。

初めて見つけた頃は、草むらに細々としか咲いていなかったのに、最近は大きな群落を作って
元気に茂っています。

151126_himejiso2.jpg

いいことだわ。
場所によっては、見分けポイントがはっきり出ないこともあるようで、悩んでいる記事も散見し
ます。うちの周りでは、違いがはっきりしている株がほとんどなので、悩みなしです。
ありがたや。(-人-)

ヒメジソの奥に映り込んでいるのは、夏に紫のお花を楽しんだコバギボウシの実です。
もうちょっと経つと、消し炭みたいなタネをこぼすんですよ。



彼岸花もまだまだ盛り。

151126_higanbana.jpg

それでも、今年の北向きの斜面は彼岸花、少なめでした。何が違ったんだろう。





ヤブランはまだ花盛りだけれど、一足早く咲いていた小ぶりなヒメヤブランはもう若い実を
つけていました。

151126_h_yaburan.jpg

この実が、黒っぽく色づくまで、なかなか見ることができないんですよねぇ。
ヤブランの実は、いやって言うほど見るのに、何でだろう。



草むらにちらほら見える黄色い小花。こちらは花付きまばらなヒメキンミズヒキです。

基本のキンミズヒキは ↓ 9/17付の記事に載せました。

2015/ 9/17付 「キンミズヒキの花」

151126_h_k_mizuhiki1.jpg

キンミズヒキのそっくりさんは3種。見分けポイントはおしべの数です。
キンミズヒキで 8〜15、朝鮮キンミズヒキは12〜28。
ヒメキンミズヒキはおしべの数が少ないことが特徴で5〜8だそうです。

2010/10/ 6付 「ヒメキンミズヒキなど」

151126_h_k_mizuhiki2.jpg

でもってこれは、見づらいですが、5〜6。なのでヒメキンミズヒキ確定ですね。
わざわざ花だんに植えてもらうには地味すぎですかね。



それからこちらは、ヌスビトハギ。

151126_nusubito_h1.jpg

盗人が、抜き足差し足しているような形の実。ひっつき虫になってあたりに散らばります。

9月下旬ですから、お花もまだまだ咲いてます。

151126_nusubito_h2.jpg

綺麗な花なのよねぇ、ちっちゃいけれど。(^m^)

真ん中のお花がばっちり撮れて、周りがイイ感じにボケたから、お気に入りの一枚になりました。
思えば、ヌスビトハギもフォトジェニックな花かも。毎年結構、お気に入りが撮れるから。



この記事最後、夏から咲いていたシラヤマギク(婿菜)も盛りです。

151126_sirayama_g.jpg

遠くに見えているのは、ヨメナ(嫁菜)じゃ無くて、ヤマジノホトトギス。
この日、いっぱい咲いていたので、次の記事で特集します。



posted by はもよう at 22:50| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: