2015年11月27日

山路の杜鵑満開

今朝はよく晴れました。久しぶりに富士山を見たら、うちの方から見えるところ全部、真っ白に
雪化粧していました。裾野まで見えるわけでは無いのでどこまで白いのかは解らないのですが、
でも昨日の雨は富士山では雪になったんだなぁって。
今日も北日本の方では、不要不急の外出は避けてって言われちゃうほどの荒れ模様だそうです。
どちら様も十分お気をつけくださいませ。

さて、記事の方は9/22のおさんぽ画像です。この日一番のハイライトは、斜面を埋めるヤマジノ
ホトトギスでしょうか。

151127_yamajino_h01.jpg

こんなに咲いたの見たことあったかしら?
とばくちの「日陰の林」から、ずっと、ヤマジノちゃんが並んでいるので楽しい限りです(^^*)。




ホトトギスの仲間はアジアを中心に20種ほど知られているそうですが、我が家の周りに
自生するのはヤマジノホトトギスだけのようです。

ホトトギスの仲間って、お花によって模様が違うんですよね。それもまた楽しいところ。

151127_yamajino_h02.jpg

6つに割れた花びらの真ん中にどどーんとおしべめしべがそびえています。
おしべの花糸に柄が無いこと、花びらが平開することがヤマジノホトトギスのお花の特徴。
このくらい白っぽいのがよく見られるタイプです。


お花が咲いたばかりの頃、おしべとめしべは自家受粉をさけるため、ちょっと離れています。
朝咲いて、その日の夕方一度花びらをちょっとすぼめて休憩、翌日また開いたあと、
めしべの先がおしべのヤク(葯)を巻き込むように丸まって散っていきます。

151127_yamajino_h03.jpg

花びらとおしべが落ちると、めしべの付け根の子房がそのまま残り、剣の切っ先みたいな
若い実になります。タネは平たい形で、実のさやに中にコインを詰めたみたいにびっしり
詰まっています。

つぼみはロケットのような形で、お花の下のころんとした蜜のたまるところがよく目立ちます。

151127_yamajino_h04.jpg

秋も深まって来ると、葉っぱにも若干、秋らしい色が差してまた素敵です。

お花は、葉っぱの付け根に1〜2輪ついて、上から順に咲いていきます。

151127_yamajino_h05.jpg

株によっては赤色が濃いものもあり、それが株の個性になっています。



今度は別の場所、公園内の群落です。
ここの花は今まで見た中でも、一二を争う赤っぽい花でした。

151127_yamajino_h06.jpg

前の記事のヒメジソの群落の隣です。
同じようにコバギボウシの若い実も写り込んでいます。

151127_yamajino_h07.jpg

茎の先に3輪も咲くなんて、自生種としてはあんまり無いことですよ。

151127_yamajino_h08.jpg

豪華だな。茎の先の3輪をアップにしてみました。

151127_yamajino_h09.jpg

あ、真ん中の花が2日目の花で、両脇は今朝咲いた花だわ。
めしべの先の表情でよくわかる。

そうそう、あんまりお花に夢中になって、うっかり手を出すのは危険ですよ。
葉の裏に猛烈とげとげ芋虫が隠れているかもしれませんからね。

151127_ruritateha.jpg

これはルリタテハの幼虫です。ユリ科の葉っぱ、特にホトトギスとサルトリイバラ、シオデの
葉っぱがお気に入り。花以外みんな丸裸にしちゃうほどの食いしん坊でもあります。
でも、チョウチョになったらとっても綺麗だから、むげに退治しないでね



「北向きの斜面」にも、さらにたくさんのヤマジノちゃんたちが咲いていました。

151127_yaburan.jpg

↑ これはヤブランですけど。

斜面のヤマジノホトトギス、地面を這うような株もあれば…

151127_yamajino_h10.jpg

高く立ち上がる株もありで…

151127_yamajino_h11.jpg

いや、もう、あっちこっちにヤマジノちゃんです。

今日はやけに赤っぽいタイプのお花を見るなぁ。

151127_yamajino_h12.jpg

コンパクトにまとまった2輪のお花。これもまた、いい色ですねぇ。

「北向きの斜面」の上の方の、木の陰になるところがお気に入り。

151127_yamajino_h13.jpg

日陰に咲く花なんですよ。

斜面のてっぺんだとカメラからは遠いけれど、たくさん咲いてくれて嬉しいです。

151127_yamajino_h14.jpg

葉っぱの付けごとにお花が咲いているのがよくわかりますよね。

何年も通っていますけれど、こんなにたくさんのヤマジノホトトギスのお花を見たのは
初めてかも ♪

151127_yamajino_h15.jpg

たくさん咲いて、たくさんタネをこぼして、殖えてほしいなぁ。


おまけ画像は赤花のゲンノショウコ。白花と、同じ花とは思えないほど印象が違うでしょう?
「北向きの斜面」の後半の山野草の花だんで咲いていました。

151127_gen_shoko5.jpg

白花に比べたら、株は大きく立派になりがちですが、不思議と広がりません。
やっぱり東日本には白花が咲くんですよ。でも、何が違うのかなぁ(’、’?)



明日はまた、実家に行くのでちゃんと更新できるか解らないけれど、運が良ければ、同じ日に
見かけたつる性植物を中心にご紹介します。さぁ、明日のために早寝しよう(^v^*)。
posted by はもよう at 23:25| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
今頃ご実家に行かれて頑張っておられるのかなぁ
わたしも月曜から実家に帰ります。
いっしょいっしょ。
まぁわたしは賑やかしに行くようなもので、
あまり役に立ちませんが、
はもようさんはしっかりお世話されてください。

ヤマジノホトトギス、今年はまとめて見かけませんでした。
ときどきどぉ〜んとたくさん群生する年があります。
2,3年前がそうでした。
でもよく考えたら、
そういう時に行き会えただけで、
毎年咲いているのかもしれません。
あまり考えずにうろうろしていますので、
よくわかりません。
今朝のお散歩でもヤマジノさんの種子、
細長いのがいくつもならんでいるのを見かけましたから、
咲いていたのは咲いていたらしい^^
Posted by ブリ at 2015年11月28日 15:53
ブリさん、こんばんは。
はい、まだまだ初心者なので、いろいろ落ち着きません(^^A)。
ブリさんもご実家へ行かれるんですね。
あら、賑やかし?  楽しそう。(^m^)

何でもいいんだけど、とにかく、
ご年配の方には楽しくのんびり過ごしていただきたいなぁなんてね、
思ってます。また次の週末も、頑張ります。(^^*)

ヤマジノホトトギスねぇ、今年はたくさん見ましたねぇ。
やっぱり、たくさん咲く年とそうでもない年があるんじゃないですかね。

でも私も、無い無いと言いながら、たくさんタネがついた茎を拾って、
あれ?どこに咲いてたの?って思った年もあったから、
なんとも言えませんけど。←こらこら

Posted by はもよう at 2015年11月28日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: