2015年11月30日

サザンカの花

今日は月末で、週明け。もう、朝からばったばたの大忙しでした。やっと終わって、
今度はHPにクリスマスカードを飾る準備、それからブログの更新。もちろん家事も
こなしまして、忙しい1日の終わりとします。いや、頑張ったよ、私。誰も褒めて
くれないから、自分で褒めるよ(^^*)。明日から12月。あーっ、時の経つのが早すぎ
て怖い。何か取りこぼしていないかしら?あ、サイトからのクリスマスカードは、
葉脈が透けたアオギリの実。綺麗だったんですよ。

記事の方は9/26に、いつもお散歩している公園で撮ってきた写真から。

151130_mizuki.jpg

まずは色づき始めたミズキの葉っぱ。この頃はまだ、色づいた葉っぱはすぐに落ち
ちゃうので、紅葉の兆しが見られるのは地面の落ち葉だけ。結構、色とりどりでしょ。




こちらの落とし物はスダジイのドングリ。関東で椎と言えばスダジイ。裏が茶色で
表が濃い緑の葉っぱはちょっと地味だし、厚めで光を通さない常緑の葉っぱが密に茂る
木の下は、昼なお暗いうっそうとした木陰になります。

151130_sudajii.jpg

でも、椎の実はそのままでも食べられる、貴重な里山のおやつ。子どもたちにはきっと、
人気のあった木だと思います。



それから、こちらはコノテガシワ。

151130_konote_g1.jpg

合掌する手の形の様に、葉っぱが縦に並んでつくのがその名の由来。そして、「カシワ」
とは、「炊ぐ葉:かしぐは」から来ていて、料理を乗せる食器として利用した葉っぱを
表します。柏餅を包むあの、柏の葉っぱとは似ても似つかないのに同じ名前がついている
のはそういうことです。

151130_konote_g2.jpg

地面に散っているのは葉っぱのかけらと、針葉樹のものらしい 実のからです。
面白い形をしていますよね。



公園の中、今年はマユミの実が、ちょっと見られるようになりました。

151130_mayumi1.jpg

ここ数年不作続きだったので、久しぶりの再会が嬉しいです。

151130_mayumi2.jpg

実はまだ小さいし、色も薄いけれど、今後に期待ですかね。
材は粘り強くよくしなるので、弓を作るのに使われたそうですよ。
今は、実を楽しむ庭木としてあちこちに植えられています。



池の畔のヤマハギの茂みには黄色いチョウチョが群れ飛んでいます。

151130_kityo.jpg

蜜を吸って、求婚のダンスを踊って、卵を産んで。することいっぱい、忙しそう。

夏から咲いていたヤマハギも、そろそろ花期の終わり近く。
名残のお花と黄色いチョウチョを一緒に撮れて良かったです。



今年はたくさん実ったテウチグルミ。

151130_teuti_g.jpg

素っ気ない緑の塊みたいに見えますが、あの中に美味しいクルミが入っています。
1つくらい拾いたいなと見上げますが、残念、未だにタイミングが合わずに拾えずじまい。
また、来年ね。



この日、サザンカがもう咲いていたのに気づきました。毎年撮っている早咲きのサザンカ。

151130_sazanka1.jpg

今年はちょっと雨に濡れちゃっていますが、ほんのり差したピンクが愛らしい八重咲きの
早咲きのサザンカです。よそのサザンカはまだ咲いていないうちから、先走って咲きます。



それだけかと思ったら、もうちょっと行った先で白いサザンカが咲いているのも目撃。

151130_sazanka2.jpg

どんどん秋が深まっていっちゃうんだなぁ。早いなぁ。

そういえば、この辺で、おじさまに声をかけられたんですよ。その方、お知り合いから、
この公園にヒサカキがあるから、神棚に供えるのに一枝二枝もらってくれば良いよって
言われて来たのだそうです。

いや、公園の木をそんな風に切ったらだめだけど、それからおじさまがヒサカキだと
思っているのサザンカだし。(^^;)
困ったお人って思ったのを、この写真を見ると思い出しますねぇ。公園の木は、
勝手に切ったらだめですよ。



その先の地面には、こんなアーモンドみたいなタネが落ちています。
何だと思います?

151130_kaya1.jpg

これはカヤの実です。

短くて太い葉っぱの常緑樹。一年中茂ったつやつやの葉っぱも素敵だけれど、
この木、成長が遅くて密度の濃い材を、囲碁を打つ台、碁盤の材料にするそうです。

151130_kaya2.jpg

高級品には樹齢500年くらいのを使うらしいですよ。
じゃぁ、この公園に生えているのは、樹齢何年くらいかな?。


この記事ラストはちょっとシラカシみたいな細い葉っぱだけれど、たぶんアラカシ…の
樫ドングリ。

151130_arakasi.jpg

だいぶ大きくなってきましたよ。ドングリがはいている袴のような、かぶっている帽子の
ような部分がよこしま模様なのが樫ドングリの証です。あまり長くなくて、ころころした
ドングリになります。


次回も9/26のおさんぽ写真をご紹介。
次もいろんな木の様子を見ていただこうかなあと、思っています。
posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: