2015年12月01日

色づき始めの公園

今日も穏やかないいお天気でした。小春日和って言うのかな。ただ、仕事の方は大忙しで
それを眺めている暇はあまりありませんでした。でも今日で一段落。明日はのんびり
しようっと。

記事の方は9/26のおさんぽ写真。今回は秋の色に染まり始めたばかりの公園樹を見て
いただこうと思います。

151201_park.jpg

池の畔の、手前はカツラで奥はメタセコイア。まだ色づきはじめです。




まだ9月の下旬、キンモクセイだって咲いています。

151201_k_mokusei1.jpg

雨が上がったばかりで香りはまだ立ってこないけれど。

151201_k_mokusei2.jpg

綺麗だなぁ。



ちなみに、こちらはまだつぼみ。

151201_hiiragi_m.jpg

ヒイラギモクセイです。そういえば、いつもセットで取り上げているサザンカが咲いて
居たっけねぇ。

ギンモクセイとヒイラギを掛け合わせた園芸品種だそうです。キンモクセイよりは
香りは控えめ。主に生け垣などに利用されます。次々と咲くモクセイのリレーの4番目。

2007/10/17付 「ヒイラギモクセイの花」



春に真っ白な花をつけていたハクモクレンにも実がついています。

151201_h_mokuren.jpg

お仲間のコブシに似たような、でももっと奇妙な実。
取り残されためしべの途中にぼこぼこタネが出ています。



公園の開けた場所に立っているアキニレの木。

151201_akinire1.jpg

芽吹くのは遅いし、夏中、葉っぱは茂らせても花も実も見られない。
ずっと知らん顔だったのに、秋になったら大慌てで、花を咲かせ実をつけて、
帳尻あわせをしちゃう木です。

2007/10/ 4付 「アキニレの花」

その、慌てて咲いたお花をぱちり。

151201_akinire2.jpg

光足らずで、ちょっとピンぼけです。
接写画像は過去記事で見ていただくとして、

151201_akinire3.jpg

ほら、花だけじゃ無くて実ができはじめてる。画面の上の方の丸くて平たい物がそれです。
ピントはあまり合っていないけれど、とにかく写せて良かった。
アキニレはこのあと、綺麗に紅葉もします。楽しみにまた、見に来ようと思います。


条件が合えば黄色くなるエノキの葉っぱ。画面上の方に、赤かった実のなれの果てが
ぽつぽつ。

151201_enoki.jpg

黄色くならなくても散っちゃうことがあるので、真っ黄色のエノキの葉っぱは
ちょっと貴重かも。



もうちょっと歩いて、外国産の木が並ぶエリアへ。

151201_pin_oak.jpg

ドングリどっさり落ちていました。見慣れたドングリとはちょっと違うデザインでしょ。
ピンオークのドングリです。ちょこっと寸詰まりで、半球くらいのかわいい形。
フェルト細工みたいな毛深い質感。これがピンオークのドングリです。



地面に散った色とりどりの葉っぱ。

151201_satou_k1.jpg

こちらはサトウカエデの葉っぱです。カナダの国旗に描かれている葉っぱ。
メープルシロップになる樹液の採れる木。

151201_satou_k2.jpg

いつもお散歩している公園には4本生えていたんですが、相次いで枯死してしまい、
これ、最後の1本です。

151201_satou_k3.jpg

まだ青い葉っぱの方が多いのですが、少しずつ色づき始めています。
枯れないでねぇ。




次回は草の花を中心に見ていただきましょうね。花だんの大きな花から、雑木林の林床の
ちいさなの花やきのこなど。
posted by はもよう at 23:13| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: