2015年12月04日

ナンテンハギの花

今日は今にも降り出しそうな、どんよりとした曇りの朝でした。でも、天気予報は午後
から晴れ。半信半疑で出かけましたが、ちゃんと予報通りに午後から晴れました。
明日からはしばらく安定して晴れるそうです。清々して気分はいいけれど、晴れたら
晴れたで、今度はぐんと冷え込むのがこの季節。風邪ひかない様に気をつけなくちゃ。

記事の方は9/26の写真です。記録的な豪雨のあとの濁流や彼岸花の群落を眺めたあの
河原で、今度は青いお花を観察です。

151203_nanten_h01.jpg

マメ科の花、ナンテンハギです。左がお花で、右が若い豆のさや。




カラスノエンドウやクサフジと一緒のマメ科ソラマメ属。山野に生える高さ30〜60cmの
多年草。メギ科のナンテン(南天)に似た葉っぱだからナンテンハギ。別名はフタバハギ。

2012/10/13付 「ナンテンハギの花」

初めて気づいたのは3年前か。彼岸花のすぐあと見られるお楽しみ。それから毎年通って
います。

151203_nanten_h02.jpg

お花の色がいろいろに変わるところが魅力的。

ピンクに紫色。

151203_nanten_h03.jpg

紫から青。

151203_nanten_h04.jpg

くるんとめくれ上がった花びら。

マメ科らしい蝶型花。

151203_nanten_h05.jpg

青いお花って少ないから、余計に魅力的に映りますねぇ。


日陰のお花は薄紫に、日向のお花はピンクになるそうです。

151203_nanten_h06.jpg

つぼみにうちはピンク色で、咲く進むうちに赤みが薄れて青くなるようでもあります。

そして、ナンテンに似た2枚ずつセットの葉っぱ。

151203_nanten_h07.jpg

うーん、これは日向のピンクかな?

151203_nanten_h08.jpg

河原に日向も日陰も無いような…。

151203_nanten_h09.jpg

秋の日差しを浴びて、気持ちよさそうです。

あ、こっちが日陰の紫色かな?

151203_nanten_h10.jpg

とにかくたくさん咲いています。

花付きの良い株の、まぁ、豪華なこと。

151203_nanten_h11.jpg

ふんわり丸く咲いています。



草丈30〜60cmって図鑑には書いてあったけれど、この河原の株はそんなに大きくは
ならなくて、みんな地面を這うような背の低い株ばかり。

151203_nanten_h12.jpg

草むらのナンテンハギを、アップにしないで、そのまま見るとこんな感じです。

2枚ワンセットの葉っぱが目立ちます。
151203_nanten_h13.jpg

最初はくしゅくしゅしているつぼみが伸びて花開くとあんなに綺麗なんだから、解らない
ものです。
彼岸花あとのお楽しみ。ナンテンハギにまた会えました。今後もよろしくお願いします。


ついでに、同じ頃咲く野草をいくつがご紹介。
こちらはよそでもここでも、何度も撮ったユウガギク(柚香菊) 。

151203_yuga_g.jpg

白い野菊、花が終わったあとに綿毛が目立たないのが特徴です。


それから、こちらもあっちこっちで見かけたアキノタムラソウ。

151203_aki_tamura_s.jpg

だいぶ小さくなっちゃったけれど、それでも、夏からまだ咲いてます。


ここにもあったキンミズヒキ。

151203_k_mizuhiki.jpg

刈られて、人に踏まれて、良いこと無しかもしれないけれど、それでもちゃんと咲けて
いるよ。頑張ったね。来年もまた会えますように。



次の記事も、同じ河原の続きです。それと、河原のそばで見かけたつる性諸物も。
秋の花はまだまだ続きます。

posted by はもよう at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: