2015年12月12日

吉祥草の花

今日も申し分ない良いお天気でした。あぁ、おさんぽに行きたいよと思いつつ、また、
実家へ。まぁ、実家の庭のカエデも真っ赤で綺麗だったのですが、他にしなくちゃなら
ないことが多くて遊んでもいられず。でもって、明日はお天気下り坂だそうで、なかなか
思うようにはなりません。

記事の方は10/12、おおなんと2ヶ月前のいつもお散歩している公園で撮ってきた写真から。
途中の道ばたもすっかり秋たけなわ。

151212_mitikusa1.jpg

この日もおなじみさんを回って、今年のお花を記録してきました。




エノコログサにカゼクサ、ヨモギの花と、まぁ、どこの道ばたにもあるような草がふさふさ
茂っています。

151212_mitikusa2.jpg

でもこの後、地域のお祭りがあって、みんな刈られちゃうんですけどね。



近所の公園についてまず見に行ったのが、ミヤギノハギ。

151212_miyagino_h1.jpg

夏からぼちぼち咲いていたヤマハギとは違って、秋にならないと咲かないミヤギノハギ。

ちょっと見に行くのが遅れましたよね。一番綺麗な時を逃しちゃった。

151212_miyagino_h2.jpg

ちょっと遅いぞって怒っているかも。ごめんなさい。でも、ちょっと盛りを過ぎても、
まだまだ綺麗よ。

151212_miyagino_h3.jpg

細長い葉っぱとしだれる樹形が特徴的な萩の木です。
今回はこの株の側の花だんのお花を中心にご紹介します。


まずお隣は背高のっぽのシオン(紫苑)の花。

151212_sion1.jpg

これもやっぱり、ちょっと盛りを過ぎちゃってました。ごめんなさい。

一生懸命、綺麗なところを探してアップにしました。

151212_sion2.jpg

紫色のキク科のお花はたくさんあるけれど、一番ゴージャスなのはシオンでしょうね。
シオン属のお花は、花後、綿毛になるのがお約束。



こちらのキク科のお花は黄色です。ツワブキの花。こちらはまだ咲き始めで、ちょっと
形が整っていません。

151212_tuwabuki.jpg

花期が長くて、2ヶ月経った今でも咲いていますよ。お庭にお花が少なくなるこの時期に
ありがたいお花です。葉っぱに斑や点々が入った品種もあります。



そしてこちらがホトトギスの仲間。たぶん何種類かを掛け合わせた園芸品種の方。

151212_hototogisu1.jpg

品種名が解らないんですよね。

茎の先がたくさん枝分かれして、お花がどっさり咲いています。

151212_hototogisu2.jpg

お花のデザインは基本のホトトギスによく似ているんですが、咲き方が違うんですよね。
そして、こんなに咲いても、1つもタネができません。
一緒に植えられた赤いミズヒキの花の穂も一緒に映り込んでいますね。秋らしい取り
合わせだなぁ。



山野草の花だんにもう1種咲いていたのが、キチジョウソウ(吉祥草)です。良いことの
前触れが「吉祥」。吉事があると開花するという伝説に由来する名前だそうです。

151212_kitijou_s1.jpg

ただね、ありがたみが薄まっちゃうほど良く咲くんですよ。もう、毎年、どっさり(^^A)。

しかも、とっても丈夫で良く殖えてます。
特に虫も付かず、病気にもならず、大変育てやすい花だんの花です。

151212_kitijou_s2.jpg

お花の穂にはおばなと両性花が並ぶそうです。

ちょっと変わった色合いのこの花茎、お花の後に実るのも、この色の実なんですよ。

151212_kitijou_s3.jpg

何はともあれ、吉祥の花がたくさん咲きました。今年も来年も良いことたくさんあります
ように(-人-)。とりあえず、祈っておこう。



おまけ画像は、この日、公園の池の遊びに来ていたアオサギちゃん。

151212_aosagi.jpg

熱心に狙っていたけれど、お魚は食べられたのかな?


次の記事はモクセイの花リレー、4番目のお花をご紹介します。

posted by はもよう at 23:17| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: