2015年12月13日

柊木犀の花

予報通り曇りの朝から、お昼前からの雨。昨日までとは一変して寒い1日になりそうです。
今週はちょっと頑張り過ぎちゃったので、お天気悪いのを言い訳にしておさんぽはお休み
します。写真の整理でもしよっと。

記事の方は 10/12のいつもおさんぽしている公園。

151213_park1.jpg

ちょうどね、桂の木が色づき始めて綺麗でした。いや、写真写りだけは抜群だな、この
公園(^^;)。9月のギンモクセイから始まった木犀の花のリレー、第4走者の開花です。





いつもおさんぽしている公園の池のほとり。背の高いケヤキが2本並んでいるところ。

151213_katura1.jpg

一体化して紅葉を始めていました。
カツラはレモンイエローに染まるのが普通ですが、何かの勢いで赤くもなります。
一枚目の写真に映り込んでいる木のほとんどがカツラなのですが、黄色いのが主ですが、
ちょっと赤いのも混ざっていますでしょう。あんな感じです。

向い木は逆光になっちゃったけれど、こんな感じ。

151213_katura2.jpg

春先は花と新芽で真っ赤になるし、夏はさわやかに丸い葉っぱを茂らせるし、
秋には黄色く色づいて、冬の枝だけになった姿もすっきりして素敵。
その上、生乾きの落ち葉からはお砂糖焦がしたような甘い香り。香づる木カツラ。

151213_katura3.jpg

暴れないし、虫も付かないし、丈夫で長寿命。ただ水辺好きです。お水は欠かさないで。
個人宅にも街角にも、シンボルツリーとしておすすめしたい素敵な樹です。



同じように水辺好きの木だけれど、こちらは毎年、ハムシと戦い続けるケヤマハンノキ。

151213_k_y_hannoki1.jpg

葉脈だけ残して、丸裸にされちゃう年が続いていましたが、今年はなんだか、やけに
葉っぱが残っています。あれ?ハンノキハムシ、どうした?

この葉っぱの形が好きだから、たくさん見られて嬉しいけれど、ちょっともやもや。
来年のハムシとの戦いはどうなるのかなぁ。

151213_k_y_hannoki2.jpg

ものすご〜く上の方の枝に松ぼっくりならぬ、ハンノキぼっくりが付いてる。
お花は、基本のハンノキたちよりはちょっと後に咲きます。ひもをいくつも下げたような
雄花です。



この間、お花に気づいたアキニレは最速で実の準備。
薄緑のぺらぺらしたものが実です。準備ができたらさっさと風に乗って散らかります。

151213_akinire.jpg

トランプカードくらいの手応えしっかりの葉っぱは、だいたい黄色、日当たりの良い
ところだけ赤く色づいて、こちらも惜しげも無く散ります。アキニレの秋は駆け足。
芽吹きからずっとのんびりしていて、帳尻あわせだけ上手な木です。



長いこと、緑の実を眺めてきたヒメリンゴも、ようやく赤くなってきました。

151213_h_ringo1.jpg

八百屋さんで売っている「姫林檎」とは違って、普通のリンゴの形にはならないけれど、
それでも味はワイルドなリンゴ味ですよ、美味しくは無いけれど。

枝にどっさり実る株もあります。

151213_h_ringo2.jpg

遠くからでも解るほど真っ赤に色づくけれど、冬中残っているのを見ると、鳥さん人気は
どうなんだろう。('、'?)



さて、表題のヒイラギモクセイですよ。

雑木林ゾーンのうっそうとした木陰に、生け垣の様に植えられているんですよ。
街を歩いていても、生け垣として利用されているのを見ることがほとんどです。しっかり
刈り込まれてしまうと、お花もなかなか咲かせられませんが、キンモクセイよりは
ずーっと控えめで優しい香りが漂いますので、咲いていれば気づきますよ。

151213_h_mokusei1.jpg

お花は、葉っぱの付け根にちょこっとしか咲かないとしてもね。

この日の私は、遊歩道に敷き詰められたウッドチップの上に咲きこぼれているので気づき
ました。

151213_h_mokusei2.jpg

前回は ↓ 9/26につぼみを見たんだっけ。

2015/12/01付 「色づき始めの公園」


今年は少なめでしたが、それでもこれだけ撮れました。

151213_h_mokusei3.jpg

ギンモクセイとヒイラギを掛け合わせて作った園芸品種だそうです。
ヒイラギゆずりのとげとげ葉っぱ。清楚な白い花。これが生け垣によく使われるヒイラギ
モクセイです。銀、薄黄、キンモクセイと、次々咲いてきた木犀の花のリレーの4番目。

151213_h_mokusei4.jpg

どこかで見かけましたら、どうぞよろしくお願いします。



ぐるっと回ってきて公園の別の場所。サクラの木が多いあたりです。

151213_park2.jpg

春はピンクに煙っていたけれど、秋はオレンジ色に染まります。

大きなサクラとベンチ。

151213_sakura1.jpg

今でもランチをとる親子連れ、本を読む人、昼寝する人、語り合う高校生カップルなど、
いろんな人が座ります。

サクラの葉っぱが、一番カラフルだった10月の半ばの写真です。

151213_sakura2.jpg

赤い葉っぱから散っちゃうから、結構、撮るタイミングが難しいんですよね。
それに今年は雨が多くて、カメラを持って出られないうちになし崩し的に散っちゃったし。




次の記事は同じ日に撮った、日だまりのちっちゃい野草をいくつかご紹介する予定です。


posted by はもよう at 17:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: