2015年12月19日

蜜柑とむべと菊の花

ああ、残念。ちょっとの差で日付をまたいじゃいました。12/18の日記のつもりで
読んでくださいませ。
今日は、雲もひとつ無い晴天でした。空気は冷たく澄んで、遠くの景色まで良く
見通せました。久しぶりによく見た富士山はすっかり真っ白く雪化粧していました。
この間の流星群の日にこのくらい晴れたら、流れ星がたくさん見えたんだろうなぁ。

記事の方はちょっとまとまりが無いんだけれど、仕事場の側で撮ってきた写真から。

151218_sakura.jpg

街路樹のサクラの葉っぱが散っていた10/22と、花だんの菊の花を見た10/27の写真。




10/22、街路樹の根元の植栽に絡んだヤマノイモの葉っぱが黄色くなりました。

151218_yamanoimo.jpg

すんなりと長細いハート型がヤマノイモの葉っぱの特徴。このつるの下には自然薯が
育っているかも。



側ではミカンが色づき始めました。素人が育てたにしては上出来の温州ミカン。

151218_mikan.jpg

1ついただきました。美味しかったですよ。


それから、ご近所のお庭のムベの実。

151218_mube.jpg

アケビが実った年もあったからアケビだと思って近づいたら、あら?この葉っぱはムベ
ですよ。



イロハカエデの葉っぱがまだ、

151218_iroha_k.jpg

ほとんど紅葉していなかった頃のこと。



翌週、花だんの菊が綺麗だったので、ちょっと撮ってきました。

151218_kiku1.jpg

色も形もちょっとずつ違う菊がたくさん植えられているんですよね。


まずはノコンギク。

151218_nokon_g1.jpg

野生のよりずっと大きくてお花が立派。

こんなに綺麗だと、野原のコンギクじゃ無くて、お庭のコンギクかな?

151218_nokon_g2.jpg

ノコンギクの園芸品種がコンギクだったはず。

151218_nokon_g3.jpg

お花の裏側のガク(萼)っぽいところが、すんなり細くて総苞片(そうぼうへん)っていう
のが、ちょっと反り返っているのがノコンギクの特徴。

白く見えるほど薄い紫色や、濃い紫色まであって、

151218_nokon_g4.jpg

やっぱりお庭のコンギクなのかなぁ。


すぐ側で、季節はずれのクロッカスが咲いているわと、驚いて写真を撮ったらこれ、
サフランでした。

151218_saffron.jpg

クロッカスは春の初めだけれども、サフランは秋の花なんですね。


で、ここから4枚、色も形も様々な菊の写真を並べます。

151218_kiku2.jpg

↑薄いピンク


↓黄色。

151218_kiku3.jpg



151218_kiku4.jpg


↑赤に

↓ちょっと花びらが変わっているピンク。


151218_kiku5.jpg

菊のお花は結構種類が多くて、なんていう品種か解りませんが、毎年綺麗に咲いて目を
楽しませてくれます。身近にこんな花だんがあって、お世話もしないのに、綺麗なお花
を見せてもらえて嬉しいわ(^^*)。




次の記事では、近所の河原で眺めた水辺好きなお花をご紹介します。
posted by はもよう at 00:17| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: