2015年12月23日

ヒイラギの花

今日は朝からどんより、夜には雨が降るという予報です。それでも、うまい具合に早起き
できたので、午前中は久しぶりにいつもの公園へおさんぽに行きました。ちょっとの運動と、
早咲きの梅の開花チェックとゴンズイの紅葉を見に。運動の方はあんまりできなかったし、
ゴンズイの紅葉は今ひとつでしたが、梅はもう咲いていました。赤いのとか白いのとか、
けちなこと言わずに、両方咲いちゃってました。まぁ、12/10に咲いたこともある梅ですから、
驚きませんが、紅白そろっちゃってめでたいことです(^m^)。新年は良いことあるかしら? 

記事の方は11月の写真をもうちょっと追加。まとまった時間が取れなかったので、11/22から
11/27くらいの間にあちこちでちょっとずつ撮った写真です。

151223_ityo1.jpg

これは近所のイチョウ。結構、大きいイチョウが何本も立っているんですよ。落ち葉の季節は
あたりが黄色の絨毯になります。落ちたばかりのイチョウの葉っぱは良い香りがするんですよ。





暑い年も、寒い年もあっても、この辺のイチョウが黄色くなって散るのはいつも11月の末。
今年は遅いかな?と思ったりしても、結局は同じ頃に黄色い絨毯になります。

151223_ityo2.jpg

水を含みすぎて堆肥には向かないそうですが、その水分で、重要文化財を火災から守るのに
植えられたりもするそうです。神社の境内にイチョウがあるのはそのためかもしれませんよ。



イチョウの側にはクロガネモチ。細かい実が、赤く色づきました。

151223_kurogane_m.jpg

ついつい、クリスマスにつきものだと誤解されているヒイラギよりもずっとクリスマスらしい
配色ですよね。



ヒイラギとは違う場所がトゲトゲしているノイバラだって、実が赤くてクリスマスの色。

151223_noibara.jpg

小さい赤い実、可愛いな。



母のお付き添いで、実家近くのかかりつけ医に向かう道で見かけたヒイラギの若木。

151223_hiiragi1.jpg

雪が積もったように花が咲いていました。

トゲトゲ葉っぱがちくちくするから、ひいらぐ葉っぱでヒイラギという名前になったという
説があるそうです。木へんに冬と書く冬の花ですね。

でも、クリスマスとのご縁はちょっとした誤解から。

151223_hiiragi2.jpg

じつは、クリスマスとご縁のあった ひいらぐ葉っぱは、赤い実のなるモチノキ科の木で、
園芸店でも「クリスマス・ホリー」と言う名で売られています。中国産の「チャイニーズ・
ホリー」と言うのもありますが、同じようにモチノキ科で赤い実が付きます。

トゲトゲ具合がちょっと散漫で、ヒイラギの葉っぱの方が絵になるって言うちょっと残念な
特徴があります。

151223_hiiragi3.jpg

こちら↑のお花のあとは、忘れた頃に黒い実が付きます。

ヒイラギはモクセイ科で、銀、薄黄、キンモクセイ、ヒイラギモクセイと咲いてきた
モクセイ科の花のリレーの最終走者。
実の形はどちらかと言えば、同じモクセイ科のオリーブの実の方に近い、黒くて長めの丸い実。
クリスマス・カードなどのデザインにあるような 赤い実とは無縁です。

できれば、今後は豆まきの時に、めざしの頭と一緒に戸口に飾る木としてだけ、おつきあい
いただければ、ややこしくないのですが。



晩秋の花、サザンカは次々にいろんなデザインのお花が咲きましたね。

151223_sazanka.jpg

これはかわいらしいピンク色でした。

それから、冬の花、寒椿も咲き出しました。

151223_kan_tubaki.jpg

ややこしいことに、こちら、サザンカの一種だそうです。お花の中央、おしべの形が似てます
でしょ。これ、サザンカの特徴だそうです。

椿はどうだったかな?もうそろそろ咲いていますよ。これとは違うおしべのお花、探してみて
くださいね。



この記事最後は、良いお天気だった11/27。お昼休みに職場の周りでちょっといつもの木を撮って
きました。

まずはヒュウガミズキ。

151223_hyuga_m1.jpg

小さい葉っぱが寒さを感じてちょっとだけカラフルに色づきます。

全部じゃ無いんです。ごく一部だから、嬉しくて探しちゃいます。

151223_hyuga_m2.jpg

ちょっとだけ赤くなったり、黄色くなったり。
大半の葉っぱは、はっきり紅葉しないで散ってしまうので、貴重です。
今年はこれだけ撮れました。綺麗だな。


それから、こちらはハクモクレン。春まだ浅いうちに大きな白い花をたくさん咲かせた
ハクモクレン(白木蓮)。

151223_h_mokuren.jpg

大きな葉っぱを惜しげも無く散らしちゃいます。よくよく見ればもう枝先に毛皮のコートを
まとったような冬芽がすでにスタンバイ中。春一番に咲く花は、冬が来る前から準備万端です。


イロハカエデの盛りはまだか、何度も木の下へ行って見上げちゃいます。

151223_iroha_k1.jpg

だいぶ赤くなったけれど、まだ真っ赤にはほど遠い。

真っ赤じゃ無いけれど、真っ赤じゃ無くても絵になれば良いかな。

151223_iroha_k2.jpg

だいぶ赤くなったイロハカエデと青空。う〜ん、綺麗だなぁ。
真っ赤になったところも撮れますように。(-人-)この時点ではお祈り〜。



次からは11/29に隣町に行って撮ってきた写真シリーズをご紹介する予定なのですが、何せ
久しぶりなので、勢い余って270枚も撮ってしまいました。

厳選するのに時間がかかるかもしれません。頑張りますので少々お待ちください(^^A)。

posted by はもよう at 18:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: