2016年01月10日

境内の照葉樹

はなはだ遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い
いたします。

今年の年末年始はお休みが取りにくいカレンダーの並びになっていて、いろんなことが
一時に有って忙しかったですね。あっという間に年が明け、あっという間に仕事始めが
やってきて、一週間働いた後の小正月、ならぬ3連休。ちょっと意識して体を休めて
います。もう、無理はできない年頃ですよ。(^^;)今年もぼちぼち頑張りましょう。

本年最初の記事は、恒例の初詣。1/3に娘と一緒に氏神様に新年のご挨拶がてら、撮って
来た写真をご紹介します。

160110_shogatu01.jpg

まずは、鳥居に飾られたお榊。今年もよろしくお願いします。





毎年お参りしていますし、子供たちのお宮参りもここでお世話になりました。この辺に
人が住み着くようになってからずっと、地元をお守りくださる神社です。
古いものでは鎌倉時代の文献が残っているというし、室町時代の武将とのエピソードも
あるような由緒ある神社なんですよ。

160110_shogatu02.jpg

ありがたやありがたや(-人-)。

でもって境内には、いろんな木がいっぱい植えられています。


まぁ、毎年のことだけれど、縁起物なので一通り並べてみます。

160110_shogatu03.jpg

常緑樹が多いですよね。真冬でも青々、うっそうとしています。


まずは松。

160110_shogatu04.jpg

黒松っぽかったけれど、違ったかな?赤松も黒松も両方植わっているんですよね。

その隣、これも遠目には松に見えるけれど、じつは、マキ(槙)です。

160110_shogatu05.jpg

松葉よりも太くてとがっていない葉っぱです。


それから、お正月の神様を乗せてくるユズリハ。

160110_shogatu06.jpg

葉の柄が赤いのがポイント。新芽が出ると古い葉っぱが場所を譲るからというけれど、
それ、ほとんどの木と一緒なのに、なぜかこの木だけ注目されました。葉っぱが大きい
からかな。



それから、こっちは照葉樹の一群。

160110_shogatu07.jpg

みんなみんな、人間が集落をつくって定住する前に、あたりを覆っていた原生林の主役
たちだそうです。昔々の日本はこんな木々の作り出す、照葉樹の原生林が広がっていたん
ですね。切り開き、田畑を作ったときに、人々は山の神、森の神の怒りをかうことを畏れ
て、神社の境内にかつての森を残したんじゃ無いかと言われているそうです。


樟脳の原料のクスノキ。

160110_shogatu08.jpg


これから、そのお花がどのくらい咲くのかで注目を集める杉の木は、針葉樹ですが。

160110_shogatu09.jpg

そのそばの、シラカシとスダジイは照葉樹です。




それから恒例の裏のほうへ縁起物を探しに行きます。

まずはいつまでも若々しく、万年青と書くオモト。

160110_shogatu10.jpg

今年は赤い実が一粒しか見つからなかったけれど、きっと売れ切れたんだと思うことに。


それからこちらは、現物はとっても小さいんです。

160110_shogatu11.jpg

十両こと、ヤブコウジ。

そして、マンリョウ。

160110_shogatu12.jpg

今年こそ、万両のお金にご縁がありますように、(-人-)


ラストは大きなイチョウ。

160110_shogatu13.jpg

葉っぱは落ちちゃいましたが、綺麗な樹形がよくわかります。植物の原始的な形を今に
残す貴重な樹種です。東アジアにしか自生しない独特な木なんです。今年もよろしくね。



連休がとりにくくて慌ただしかったのの他に、今年のお正月は気温が高くて暖かかった
ですね。遠くの海で起こっているエルニーニョ現象の影響だそうですよ。

160110_shogatu14.jpg

それも春には終わって、春から夏にはお天気が不安定で荒れ模様の日もあるそうです。
続く夏は猛暑になるとか。
今後も天気予報から目が離せません。情報を賢く使って、被害に遭わないようにしたい
ですね。



お正月の写真はここまでで、次の記事から、12月の写真を随時ご紹介する予定です。
散っちゃった葉っぱが、まだ綺麗だった頃の写真。ちょっと季節外れな感じは否めませ
んが、良かったらおつきあいくださいませ。




毎年の縁起物なので富士山の写真も貼っておきます。
大晦日じゃ無いけれど暮れの富士山と

160101_fuji1.jpg

元旦じゃ無いけれど朝の富士山。

160101_fuji2.jpg

我が家のベランダから撮りました。今年も良いことありますように。(-人-)


posted by はもよう at 21:21| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
いろんな木を説明してくださって、
またひとつ賢くなった気がいたします。
覚えようという気持ちはあるのですが、
なんとなく忘れていってる方が
多いんじゃないだろうかと不安になります^^

神社の成り立ち?の解説、面白いですね。
そんな風に神社に植えられている木のことを
考えたことなかったです。
いろんなことをご存じなんですね。
私は身の回りにある
自分が美しいと感じたものを
好き勝手に撮っているだけなんです。
だから、はもようさんのいろんな方面にわたる
お話にとても惹かれます。
生き物たちに対するやさしいまなざしも
もちろん大好きですよん^^
本年もお忙しいのに申し訳ありませんが、
はもようさんの丁寧でわかりやすい記事を
拝見に寄せていただきますね^^
Posted by ブリ at 2016年01月11日 10:19
ブリさん、こんにちは。
いやぁ、そんなに褒められちゃうとお返事もしにくいじゃないですか(^^A)。

私の方こそ、ブリさんのブログを見て、知らないことばっかりだなぁって
思っているのに。

最近じゃ、コメントを残してくださるの、ブリさんだけになっちゃったし、
こんな閑散としたブログですが、今年もよろしくお願いしますね。
Posted by はもよう at 2016年01月11日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: