2016年01月18日

冬知らずの花だん

用事があるので早めの更新です。首都圏にも積雪の予報です。雪、どうかな?降るの
かな?積もるのかな?今日、仕事なんだけれど行かれるのかな?

記事の方は12/23のお散歩の帰りにみた花だんのお花と12/26に撮ってきたうちの実家の
庭の花を合わせてご紹介します。

160118_nanohana.jpg

まずは近所の花だんの菜の花。12月に咲いちゃったら、霜げないかなぁ。





冬になると見かける葉ボタン。今年も順調に植えられています。

160118_habotan.jpg

最近どんどんバリエーションが増えているけれど、これはサイズが小さい以外はオーソ
ドックスですね。


たぶん、冬の花だん用に改良された寒さに強い品種のガーデンシクラメンだろうと思い
ます。

160118_g_cyclamen.jpg

小振りだけれど、綺麗な花色ですね。うちのガーデンちゃんは白かったんだけれど、
夏越しに失敗して枯れちゃったんですよね。残っているのは赤いミニシクラメンだけ。
今、つぼみを準備しています。ガーデンはちょっと早いんだねぇ。


去年までは一重のお花が咲いていた場所に、今年は八重の皇帝ダリアが咲いていました。

160118_kotei_d.jpg

背は低いし、お花は小さいけれど、八重は華やかだねぇ。



ここからは12/26に実家で撮ってきた庭の花です。母が手入れする小さい庭なんですが、
玄関先のスペースには、本場大島で買ったり、もらって来たりした椿科のコレクションが
並んで咲いています。

160118_tubaki1.jpg

白い八重咲き。

ピンクの一重咲き。

160118_tubaki2.jpg

葉っぱの陰に隠れちゃったり、花びらが痛みやすかったり。
椿を撮るのは難しいです。

160118_tubaki3.jpg

↑これが、太郎冠者かなぁ。
以前教えてもらったんだけれど、どれがどれだか忘れちゃった。


椿に凝って集めていた頃は鉢に植えていたし、それぞれに名札が付いていたんですが、
だんだん面倒くさくなって直植えになり、名札がどこかに飛んでいき、植えた当人が
忘れちゃって、とうとう名前もわからなくなっちゃったけれど、それでも綺麗に咲いて
くれてありがとう。たしか、金魚のしっぽみたいな葉っぱの変わり種もあるはずなんだ
けれど、どれだったかな?


薄紙をくるくる丸めたみたいなお花。

160118_tubaki4.jpg

素敵だな。

これが、この日一番綺麗に咲いてたかな。

160118_tubaki5.jpg

ほとんど白に見える薄紅色。おしべが見えないほどのつぼんだ花びらが清楚です。


これはありふれたサザンカ。一番始めに咲き出して、一番派手に咲いてます。

160118_tubaki6.jpg

遠目からでも解る我が家のシンボル。


こんなの有ったんだわ。今回初めて気づいた気がします。

160118_tubaki7.jpg

覆輪って言うのかな。花びらの縁が白くなっているの。

ひときわ小さいお花ですが、こんなのも可愛くて良いなぁ。

160118_tubaki8.jpg

最近、通りがかりに挿し木用の枝をくれって言う人がいるんですって。この木の中にも
挿し木や葉っぱで増やした株があるはず。
春になって新しい枝がしゅんしゅん伸びる頃、出し惜しみせずに分けてあげなよって
言ってあるんですけれど、覚えているかな。(^m^)


いろんな人の努力と工夫のおかげで、真冬でもお花の絶えない花だんを眺めることが
できるんですよね。ありがたいことです。

posted by はもよう at 00:18| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
お母様、椿がお好きなのですね。
こんなに素敵な椿見たことがありません。
お写真も撮っておられますものね。
大切にお世話されておられるのでしょう。

お花って、世話すると、
綺麗に咲くのですね。
打ち捨てられた植木鉢の菊が
今年、数度肥料をあげただけですのに、
仏さんに飾れるぐらいのお花を咲かせてくれました。
すごいなぁと感心しています。
でも今年は気温が高かったのもあるのかな^^
Posted by ブリ at 2016年01月19日 15:40
ブリさん、こんばんは。
雪は降らなかったんですか?この間ダウンされたって書いて
いらしたけれど、大丈夫でした?

母の庭の椿を褒めてくださってありがとうございます。
椿は傷みが早くて、現実には痛んだ花ばかりなんですよ。
でも、大事にしているのは確かです(^v^)。
今日は消え残りの雪の上で、落ちた椿の写真を撮っていました。

ブリさんがお世話された鉢植えの菊も喜んでお花を咲かせたのでしょうね。
お仏壇に飾れるくらいって、すごい復活ぶりですね。
凄腕〜(^-^*)。
Posted by はもよう at 2016年01月19日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: