2016年01月24日

ノダケと仙人草のタネ

雪、うちの方では降りませんでした。南の奄美大島で110年ぶりに降ったんですって。
やっぱり、今までに無いほど寒気が南下したんですねぇ。申し訳ないほどのお天気の中
今日は、雪が降ってから初めていつもの公園を散歩してきました。池の氷は無かった
けれど、残雪を少しカメラにおさめてきました。まぁ、雪なんてもう見たくないかも
しれないけれど、後日ご紹介します(^^;)。

記事の方は12/27のおさんぽの続き。お気に入りの観察スポット隣町の公園裏の「北向き
の斜面」で見つけた草の実を中心にまとめました。

まずは、去年、ちょっとも咲けなかったノダケ。

160124_nodake1.jpg

これはまだ咲いていませんが、タネの写真を撮ってきました。





セリ科にしては珍しい暗紫色の花の後はこんな形になります。

160124_nodake2.jpg

お花と同じ色をしているのが「柱下体」と呼ばれる部分でその下の緑色のが「子房」。
花びらよりも長かったおしべから花粉をもらったら、この子房がどんどん膨らんで、
翼まで付いてタネになります。

160124_nodake3.jpg

まぁ、セリ科のタネはみんなそんなデザインで似てますよね。

ここまで白っぽく乾いたら完成。

160124_nodake4.jpg

においをかぐと、あら、意外。スパイシーなカレーの香りがいたします。
カレーの香りを演出しているスパイスもセリ科の植物なんですよ。

ってことは、他のセリ科のタネもカレーの香り? いやこれは、図鑑にも書いてあり
ません。今度かいでみなくっちゃ(^m^)。楽しみ ♪



「北向きの斜面」には他にも気になる草がいっぱい。

160124_higanbana.jpg

この青々しているのは彼岸花の葉っぱです。ライバルが居ない今のうちに日の光を独り
占め。球根に栄養をたっぷりため込んでいます。



同じ緑の葉っぱでも、今、お花が咲いているのはスイセン。

160124_suisen.jpg

今年は暖冬で、名所でもお花が早すぎて困って居るみたいです。ゆっくり咲いていてね。



枯れ色になってもお花の形が残っているのはヒヨドリバナの花後です。

160124_hiyodori_b.jpg

タネにはささやかな綿毛が付いています。よく見れば繊細で綺麗な造りです。
また、夏にさわやかな白いお花を見せてね。



そう言えば、足下のハキダメギクがとっても大株だったのが気になりました。

160124_hakidame_g.jpg

ちっちゃいお花のハキダメギク。夏の初めに見かけたときには、草丈10cmほどのそんなに
大きな草じゃ無かったのに、枯れる寸前の初冬に見かけたのは。30cmはあろうかという
大物で、お花もこんなに付いています。何がそんなにさせるのかなぁ?



斜面にへばりついているような小さいジャノヒゲにはこの時期、草むらの宝石、ラピス
ラズリみたいな青い実が付きます。

160124_janohige1.jpg

もう、胸のすくような鮮やかな藍色です。

これを見たくて探します。

160124_janohige2.jpg

ほらほら、こんなに。綺麗でしょう。でも、つんで帰っても無駄ですよ。すぐにしぼんで
見る影も無くなります。やはり野に置けジャノヒゲの実。
今だけ、野原でだけ、(まぁ、たまにはお庭の端っこで、)眺めることのできる宝石です。
綺麗だなぁ、今年も見られたなぁ…って、しみじみするのがお約束です。

あ、申し遅れましたが、これ、正確に言うとタネだそうです。実じゃ無くて、タネ。
果肉が無いって言うか、むいても中にタネは無いよって言うか、そんな感じ?



おさんぽどんどん進んで、カタクリの保護地の方。背の高いサクラの枝に絡んでいたのは
センニンソウ。今、タネの綿毛(種髪)が開いて、とってもきれいです。

160124_sennin_s1.jpg

見えますか?枝の所々で光っているでしょう。

近くで見るとこんな感じ。

160124_sennin_s2.jpg

仙人のおひげだよ。おひげに見えるかな?見えないかな?
いかにも風に乗れそうな綿毛じゃ無いけれど、他の用途はあるのかな?
まぁ、無理して遠くまでタネを飛ばさなくても、十分あちこちにはびこっているけどね。



こちらはヤマノイモの実。まん丸3つ貼り合わせたみたいな面白い形の実ですよね。
この実の付いたつるの下には美味しい自然薯が埋まっているんですよ。掘る?(^m^)

160124_yamanoimo.jpg

実の隙間から、翼の付いた平べったい種をこぼします。こっちのタネの方が風に乗りそう
だけれど、どうなのかな?



おさんぽはとうとう斜面のてっぺんへ。青空バックに枝ばっかりになっちゃった木々を
見上げます。

posted by はもよう at 21:41| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: