2016年02月06日

ヤマウルシとタラノキ

いやぁ、なんだか、いろいろあって二日もお休みしちゃいました。ブログネタ不足とは
いえ、なんか、すみません(^^A)。でもって、今日は曇り。薄日の差す時間帯もあって
日中の気温は低くないのに、夜中に雪がちらつく予報です。どうなるのかな?油断しない
様に気をつけて休みたいものです。

記事の方は1/31のおさんぽ写真から。もう、撮るもの無くて、枝先のちっちゃな冬芽に
注目する季節ですよ。

160206_y_urusi.jpg

今回はヤマウルシの大きな芽から始めます。羽状複葉の大きな葉っぱを支える葉軸が
落ちたあとはそれなりの大きな葉痕になりますね。顔に見えるような見えないような。






「日陰の林」の隣の斜面も、やっぱり雪が残っています。落ち葉の上にうっすらと。

160206_zansetu1.jpg

落ち葉には断熱性があるし、雨の少ないこの時期に、少しずつ水分が取れるから、
見た目ほど木や草たちは困っていないと思います。

冷たそうではありますけどね。

160206_zansetu2.jpg

う〜、見ているだけでもしもやけになりそう(><)。




この間来たときにはお花が咲いていたウグイスカグラですが、

160206_uguisu_k1.jpg

この日はいじけたのがちょこっと咲いていただけ。

160206_uguisu_k2.jpg

寒かったからねぇ。
でも大丈夫。慣れてますもの。つぼみもたくさん用意していることだし、暖かくなって
若葉がそろうまで、長いこと咲き続けてくれますよ。



もうちょっと進んで、誰かが植えたタラノキの前。

160206_taranoki1.jpg

ここ、普段でも霜の名所なのですが、雪の残り方もよそよりは多め。
それでも、木の周りだけは雪が消えるのが早いんですよね。これ、いつも本と不思議です。



手前の3本の小さいのがタラノキです。

160206_taranoki2.jpg

小さいけれど、このくらいトゲトゲです。
葉痕は長い三日月型。冬芽はてっぺんについています。山菜の女王と呼ばれるタラの芽
になります。

杖にちょうど良いくらいの太さの枝ですけどね。握っちゃったら後悔しますよ。

160206_taranoki3.jpg

何でこんなにってほどのトゲまみれですからね。タラの芽狩りの食いしんぼさんに刈られ
なければ、春になったら大きな芽吹きが見られます。



前の記事でご紹介した霜の名所は、この日は雪の下でした。

160206_zansetu3.jpg

端からはみ出していたのはオランダミミナグサの毛深い葉っぱかな?

隣の赤っぽいのはたぶん、ヒメオドリコソウの葉っぱ。

160206_zansetu4.jpg

いろんな目に遭ってもあきらめないで、へこたれないで、雑草魂燃やしてんだなぁ。
うかうかして居らんないですよねぇ。頑張ろう、私も。p(^へ^)




次も冬芽です。たぶん(^m^)。

posted by はもよう at 16:34| Comment(2) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
今朝もよく冷えましたね。
インフルもはやっているようです、
無理なさらずに冬を乗り越えましょう。
あと一息のところまで来ているような気がするのですが
まだまだ寒いのかなぁ^^

7日はこちらも雪が少し積もっていました。
同じですね。
お写真の雪は1月の末の雪なのですね。
すごく寒かった日があったのは覚えていますが、
もう記憶がおぼろ・・やばい!

ネジキの赤い枝、昨年は何度も見たのですが、
今年はまだ見に行ってません。
満天星の冬芽をマッチにしてあそんでおられたとか・・
似ていますよね。
冬芽もお嬢様もかわいいですね^^
Posted by ブリ at 2016年02月08日 13:02
ブリさん、こんばんは。

ブリさんちの方の冷え込みっぷりを見ちゃうと
私なんかが、寒いとか言っちゃいけない気がします(^^;)。
それに今日なんかは、夕方、あれ?あんまり冷え込まないかも
とまで思っちゃいました。
頑張れ、春、早く来い(^O^)ノ"。  お願いしておきました。

はい、上の雪は1/18に降って1/31まで残っていたものです。
2/7にもちょっと降りましたが、それはまた後で記事にしますね。

赤い枝は、ミズキ、ネジキ、ドウダンツツジあたりが代表格ですかしら?
彩り少ない冬の林で目立ちますね。
ドウダンツツジを見てマッチって言うの、本当に気に入って
何度も言っていたんですよ。(^v^*)
Posted by はもよう at 2016年02月08日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: