2016年02月10日

我が家の秋の花

今日は北風が強かったけれど、冬のコートで一生懸命歩いていると汗ばんでくる程度には
気温が高かったですよ。毎日いろんな記念日だけれど、今日はお布団の日でもあるそうな。
だからという訳では無いけれどお布団も干しました。ふかふかなお布団の日。バンザイ。

記事の方は、久しぶりに我が家の鉢植えの写真を見ていただきましょう。なんと、10/7付
の記事に9月初めの様子を記した後は、全く触れていませんでした。あの後、いろんな花
が咲いたり、葉っぱが色づいたりしたのに。

160210_turubo1.jpg

と言うことで去年の9月からやり直しです。ツルボだって、ノコンギクだって、ヤマジノ
ホトトギスだってちゃんと咲いたんですよ。






まずは9/11の写真。
前回の記事で、ほころびだしていたツルボのお花がさらに咲いたところです。

160210_turubo2.jpg

今年も綺麗に咲いてくれました。本当に世話いらずで毎年綺麗に咲いてくれて、とっても
よい子です。でもって、一枚目の写真のように満開になって、タネを結ぶんですが、翌年
たくさん咲いてもらうために、さくっと切っておしまいにします。


9/12にはノコンギクとヤマジノホトトギスを撮っています。

160210_nokon_yamaj1.jpg

前の記事ではまだはっきりしなかったノコンギクのつぼみが、ちょっとそれらしくなり、
ヤマジノホトトギスのつぼみも順調に育っています。



前に記事で取り上げたカラスウリが、ベランダのつるしておいただけでもどんどん赤く
なっていくのが楽しかったです。
いつもお散歩している公園で、草刈りの対象になったのを拾ってきたカラスウリです。

160210_karasu_u.jpg

このあと、花は咲けれども実はならなかった母のカラスウリの棚にぶら下げるべく、
実家へ持って行きました。



ツルボが満開を迎えた9/19、ヤマジノホトトギスのつぼみはいよいよ花らしくなって、
いつ咲いてもおかしくないほどに。

160210_yamajino_h1.jpg

ここから毎朝チェックしないと、咲いたのを見逃しちゃいます。頑張れ、私。

結局、一つ目が咲いたのは9/21でしたね。

160210_yamajino_h2.jpg

一輪だけのアップだと解りませんが、じつは今年のヤマジノホトトギスは、あまり元気が
無くて、葉っぱの痛みがひどく、お花もやっと咲いた感じ。暑いのは好きじゃないのかな?
でも、隣町の「北向きの斜面」では、この頃、今までに無いくらいたくさんのお花が
咲いていたので、気候のせいと言うよりは、もう株が古くなって勢いが悪くなったのかも
しれません。

ひと株に何輪も咲くと言うことも無く、不完全なお花も多く、残念なシーズンが終わり、
最後のお花が咲いたのは10/10のことでした。

160210_yamajino_h3.jpg

次年度は何か、策を講じないといけませんなぁ。


ノコンギクの方は順調に育って、9/22に一つ目が咲きました。

160210_nokon_g1.jpg

紫色はだいぶ薄いけれど、可愛いお花です。

真っ赤なカラスウリが映り込んでいるこの写真は9/27のもの。

160210_nokon_g2.jpg

次々に咲くノコンギクです。

10月に入っても咲き続け…

160210_nokon_g3.jpg

やがて、下の方の葉っぱが紅葉するようになりました。

160210_nokon_g4.jpg

ノコンギクは花の後、綿毛になるのですが、それは、タンポポのように次々なるのでは
無くて、結構時間がかかって、草が枯れる寸前に目立つようになりました。

この株は、元々この土地の子です。たくさんタネが飛んであっちこっちに野良ノコンギク
が咲いたら良いのになぁ。



これだけご紹介してまだ10月分ですよ。残りは次の記事で見ていただく予定です。


posted by はもよう at 21:37| Comment(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: