2016年02月15日

水辺の木の冬芽

朝の天気予報じゃぁ、こんなお天気になるなんて言いませんでした。昨日の暖かさを引き
継いで始まった曇りの朝、雲の切れ間からお日様がのぞいて、言うほどどんよりでもない
かなと思ったのに、お昼頃急に雲が広がって、にわか雨…からの、まさかの雪ちらほら。
最高気温20℃越えした翌日の、夕方に見るにわか雪ですよ。何だかなぁ、驚いたなぁと
思いつつの帰り道、見晴らしの良いところにさしかかったら、遠くのお空は夕焼けしてい
ました。あっちは晴れているんだ。我が家上空だけ小さい雨雲が通りかかったってこと?
狐につままれたようなお天気だったことよ。明日はどうなるのかな?

記事の方は2/7に近所の公園で撮ってきた写真。淡雪はだいぶ消えたけれど、残っている
ところには残っているくらいの時間帯。水辺の木々を見て回ります。

160215_k_poplar.jpg

これはカロリナポプラのひこばえの芽。うんとこさ高い場所ではたぶん、お花準備も進ん
でいるはず。見えないけれど、





ますは地味めな水辺好きの木、ハンノキです。

160215_han_noki1.jpg

お花、咲いていました。まぁ、花らしくはない地味な花ですが。

ひものようなものがおばなです。

160215_han_noki2.jpg

めばなもたぶん咲いていると思うけれど、この日は目立たず。
雪になっちゃったけれど、もうちょっと前から咲いていた模様です。こんなほかの花が
咲かないような季節にひっそり咲いちゃうから、余計に地味な木って言う印象になっちゃ
いますよねぇ。



もうちょっと歩いて、今度は池のほとりのカツラの木。

160215_katura1.jpg

幹の前、ひこばえの枝先に2つずつ並んだ赤い芽。

しゅんしゅんとまっすぐ伸びる上の方の枝にもたくさん並んだ赤い冬芽。

160215_katura2.jpg

一年通して姿の美しいカツラの木ですが、春、まだ葉っぱが出る前に、真っ赤な花盛りを
迎えます。今年もちゃんと撮れますように。



お隣さんはメタセコイア。サーモンピンクの紅葉が終わって、木の上の方では、こちらも
お花の準備津中ですが、根元、ひこばえの枝先で冬芽も撮らせてもらいました。

160215_metasequoia.jpg

芽も花も、短枝に並ぶ小葉も、何から何まで、2つずつ向かい合わせのメタセコイア。
てっぺんの芽だけ1つだわ。



場所を変えて歩く道、低木の植え込みにはニシキギの芽。

160215_nisikigi.jpg

コルク質の翼がついた枝の先にとんがった冬芽。
もうちょっと膨らんだ頃また見に来ようっと。



人工の小川のほとりには、もうこれしか残っていないイヌコリヤナギ。
前はたくさん植えられていたんですよ。台風のたびに倒れて、とうとうひと株残し。
一緒に並んでいたネコヤナギもすっかり枯れちゃって、早春のお楽しみが減りました。

160215_inukori_y.jpg

ちっちゃめだけれど、この小さい冬芽は、春を感じてネコヤナギみたいな もこもこの
花の穂になります。ちっちゃいけれど忘れずに見に来るからねぇ。



川辺を離れて、ちょっとだけ高くなったところに、赤葉のメギが植えられています。
別名をコトリトマラズと言うだけ有って、木綿針のようなトゲまみれの低木です。

160215_megi.jpg

行ってみたらまだ、雪だらけ。ついさっきまで建物の陰になっていたのかな?
ふんわり淡雪のおかげで、トゲが目立たず別の木みたい。
この株は園芸品種で、一年中、赤い葉っぱをつけています。



お向かいのハイビャクシンにもまだ雪が残っていました。

160215_h_byakusin.jpg

地面に平行に枝を伸ばす木です。故郷は海辺の風の強い場所と言われています。別名は
イソナレ(磯馴)、ソナレ。

でも、今、検索して知りました。本来のハイビャクシンの葉っぱはトゲトゲしている
そうです。トゲトゲしていないのは、老木だから?深山ビャクシンだから?それとも
外国産の園芸品種だから? さて困った、解らないぞ〜。
とりあえずハイビャクシンのお仲間です。



2/7の写真は後もう一回分。花木の芽を眺めて、つぼみを眺めて、お花を眺めて帰ります。
良かったらまた、おつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 22:03| Comment(2) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カツラの幹って、こんな風なんですね。
めくれるような感じなのは
ヒノキみたいですね。
葉は全然違いますが・・
カツラの葉は抹香になるんだそうですね。
知らなかった・・
きっと何度も説明してくださっているでしょうに。
すみません。
カツラの木は近くにあるので、
確認してこようと思います。

ハイビャクシンを以前の公園おさんぽ日記で
復習させていただきました。
難しくて、そのまま戻ってきましたが、
なんとなく見たことのある、
あれかなぁと思いました。
まぁ名前だけでも覚えておこうっと^^
Posted by ブリ at 2016年02月20日 11:43
ブリさん、こんばんは。

カツラの幹ですか?ヒノキほど薄くは無いけれどこんな感じです(^^*)。
カツラの葉っぱって、抹香になるんですか?私も知らなかったです。

…って検索してみたら、利用する地域があるみたいですね。
枯れ葉は甘い香りがするけれど、抹香にするときは青い葉っぱを
乾かして使うみたいですね。どんな香りがするのかな?

ハイビャクシンは、以前にご紹介したときには気づかなかったのに、
今回検索したら、ハイビャクシンじゃ無いかもって言う記事を
見つけちゃいましたので、また、いろいろ悩みたいと思います(^^;)。

Posted by はもよう at 2016年02月20日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: