2016年02月21日

ヤマウコギとカマツカ

夕べは荒れ模様と言うほどでは無かったけれど、雨が降りました。でもって、今日は朝
から良く晴れると聞いたので、家族のシーツを引っぺがして洗濯機へ。ベランダいっぱい
に干して、近所の公園へおさんぽに行ったのですが、結局晴れたのはお昼過ぎでした。
写真はいまいちだったけれど、シーツは乾いたから文句は言えないかな。それから、
おさんぽ中、タヌキに遭遇。あぁ、驚いた。証拠写真は撮れなかったけれど、太くて
短めのしっぽは確かに見たから、あれは絶対タヌキ。なんか、ちょっと嬉しいな(^v^*)。

2/11のおさんぽは、隣町に着いてお気に入りの観察スポット公園裏の北向きの斜面へ。

160221_o_yozome.jpg

まずはルビーみたいに真っ赤な、オトコヨウゾメの冬芽から。

そうそう、今日のおさんぽで確かめました。2/21付の記事に載せた写真が違っていたので
訂正しました。もぉ、恥ずかしいわぁ(^^;)。




坂を下って、最初に撮ったのはこちらの藤のつるの冬芽です。

160221_fuji1.jpg

しなやかなつる性植物と思いきや、なかなかごっつい冬芽です。

つるからこんな風に、短い枝を立てるようについています。

160221_fuji2.jpg

暖かくなったら、ここから羽状複葉の大きな葉っぱを開いて、木でも崖でもぐいぐい
登ってどんどん育ちます。つる性植物は、恐ろしいほど、または胸がすくほど
旺盛に茂ります。



藤が絡んでいるのはヤマウコギ。5枚ワンセットの掌状の葉っぱを並べるウコギ科の
落葉低木。

160221_yamaukogi1.jpg

お仲間にヤツデやフユヅタが入っているウコギ科です。
絡みまくっている藤のつると間違えないように撮ったウコギの冬芽が ↑ こちら。

ごっつごつでまだ、芽らしいものが見えませんが、トゲの根元に芽があるはずです。

160221_yamaukogi2.jpg

近づけないので、あんまり接写できないんですけど、見上げてみると、枝に
こぶこぶした芽とトゲが並んでいるのが見えます。若葉が出る頃また注目してみます。



それからこちらはコウヤボウキ。緑の葉っぱは十両こと、ヤブコウジです。

160221_koyabouki1.jpg

綿毛が開いたりしている か細い枝がコウヤボウキ。
修行の妨げにならないように、竹などの換金性の高い植物の栽培を禁じられた高野山で、
箒を作るのに使われたと言われるまっすぐで細い茎。草並ですがこれでもれっきとした
樹木の仲間。

で、もって、コウヤボウキの冬芽がこちらの ↓

160221_koyabouki2.jpg

枝の途中のほやほやです。小さくて毛深い冬芽がついています。ここから可愛い新芽が
顔出すときの表情がまた、良いんですよ。また見に来よう。




この日はあまり被写体が無くて、次に目をとめたのは公園の裏門から入って、谷を抜け、
日陰のカマツカの前あたり。

160221_kamatuka1.jpg

初めて注目した頃は、こんもり半球型に枝が茂って、春、真っ白に花が咲いて綺麗だった
のですが、強剪定されて以降 元気がありません。しかも、お対で眺めていた日陰の株が
雪で折れてしまって、今度の春、花が咲くかも解りません。

ちょうど手の届くあたりの枝はみんな切られてしまって、冬芽を撮るのも一苦労です。

160221_kamatuka2.jpg

日向のカマツカの冬芽です。今年はたくさんお花が咲きますように。



カマツカの裏側のがけの縁には冬でも青々したシダが葉を広げていました。

160221_sida.jpg

つやつやの葉っぱですねぇ。
紛れ込んでいる木の葉っぱはヒサカキかな?

あら、同じヤブに、白い実の付いたマンリョウが生えてる。

160221_s_manryo.jpg

どこかのお庭で白い実を食べた鳥さんが、タネを落としていたんですかね。
白い実のマンリョウ。こんなところで野良育ち。



カマツカのそばは斜面のてっぺんで、昔、アカマツの林でした。お山の稜線のような、
風通しと日当たりの良い場所が好きなアカマツがたくさん生えていたのですが、
アカマツはもともと、そんなに寿命の長い木では無いので、ある年、まとめて枯れ
ちゃったんですよね。

160221_akamatu.jpg

その後植えられた小さい株が、だいぶ大きくなりました。まだ、人の腹や胸くらいの丈
ですが、いつか見上げるような大木になることを目指して日々成長を続けています。



おさんぽまだまだ続きます。今度はずうっと歩いて反対側の端っこまで。
おなじみの木の冬芽をコレクションしつつ歩きます。



posted by はもよう at 17:24| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: