2016年03月03日

朝の淡雪

やっと寒気が抜けて、今日は春を感じさせる穏やかで暖かな晴天でした。花粉症のはずの
娘も、あんまりひどくなかったよって言っていたから、きっと風が弱くてそんなに飛ばな
かったのかもしれませんね。引き続き、花粉注意報は出ているものの、この暖かさは明日も
続きそうでありがたいです。

この冬は記録的な暖冬だったそうです。体感的には受け入れがたいことですが、我が家の方
では、暖冬の方が雪が積もりやすいんです。2/25も、そんな暖かい雪の朝でした。

160303_b_yanagi1.jpg

仕事に行く途中の道の雪景色を見ていただきましょうかね。





道路に面した植え込みの、たぶんこれはビョウヤナギ。寒さをこらえて赤くなっていた半常緑
反落葉性の葉っぱに淡雪。

160303_b_yanagi2.jpg

もう、通り過ぎかけている冬がもたらした雪ですから、日差しが当たればあっという間に溶けて
しまう幻のような雪なんです。



せっかくのミツマタのお花にも雪。

160303_mitumata1.jpg

咲き始めたばかりなのに、試練に遭っています。

でも、外側は毛深いお花だから、雪が乗っても大丈夫よね。

160303_mitumata2.jpg

やたらにつぼみが付いた枝にも雪。

160303_mitumata3.jpg

やっぱり冷たそうだよ。早く溶けると良いね。



ミツマタの植え込み背景はハリエンジュの壁。

160303_harienju.jpg

この日は枝という枝に雪を乗せてこんなに綺麗。青空も広がってきましたよ。




ここからちょっと時間をおいて、いつもと反対側の隣町の職場へ。
職場の近くのお屋敷の梅です。焼き杉の板塀がとっても素敵なお屋敷です。どんな方が住んで
いらっしゃるのかしら?

160303_koubai.jpg

ちょっと早咲きだった紅梅にも雪。姿の良い松にも雪。梅はそろそろ散り始めていました。



お向かいのお庭のピンクの梅の花にも雪。

160303_ume1.jpg

こちらは普通か、若干、遅め咲き。

160303_ume2.jpg

ふわふわの八重の薄いピンクで、お屋敷の紅梅とはまた違った品種のようです。
なんて言うのかな?



さらに進んで、お山の雑木が見えるあたり。

160303_yama.jpg

いろんな木が、いろんな姿に雪をかぶっているのが見えました。
デコボコが大きくてはっきり見える方が葉っぱのついている常緑樹。
でこぼこがはっきりしなくて、ただ灰色に見える方が枝ばかりの落葉樹。
見た目は本格的な雪景色ですが、このあとお日様の光が当たったら、夢のように消えちゃい
ました。


咲くのを楽しみにしている豊後梅。

160303_bungoume1.jpg

せっかく目立ってきたつぼみも雪をかぶって、膨らめないみたい。

160303_bungoume2.jpg

赤いガク(萼)に薄いピンクの花びら。まん丸に膨らんだつぼみにはピンクのお星様マークが
浮かびます。準備は万端、あとは晴れて穏やかな日が来れば開花でしょう。



2月の後半はお天気と気温が激しく変化しましたよね。それを如実に表しちゃう次の記事は
翌日の晴天の下のお花たちを見ていただくことにしましょう。


posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: