2016年03月10日

トウダイグサの葉っぱ

今日は日差しが出たら気温がちょっとは上がるかもって言う予報だったけれど、結局、日は
差さないまま、ちょっと寒い1日でした。せっかく咲いた豊後梅がもう散り出しちゃって、
ちょっと残念だったり、コブシやハクモクレンがほころび始めル一方では今夜雪がちらつく
かもしれなかったり、春と冬がせめぎ合っています。体調に注意して、うららかな春を待ち
ましょう。

記事の方は2/28のおさんぽの続きです。まだ、隣町にも着いていないんですよ。
前にご紹介したトウダイグサのですが、むしられちゃって、無くなりました。残念がって
いたら、道の反対側、元々あった場所でまた、葉っぱを見つけました。

160310_todai_g1.jpg

トウダイグサ、結構しつこいな。良かった良かった。





道路のガードレールの支柱です。アスファルトとの隙間や道路の日々のところに見える緑色
の葉っぱがトウダイグサ。

160310_todai_g2.jpg

元々、道路のこちら側に群生していました。でも、道幅を広げる工事が一度通って、アスファ
ルトの下敷きになって消えてしまったはずでした。

反対側に芽を出したので、お花を見るのを楽しみにしていたら、先日綺麗に刈られちゃったの
を発見して、残念がっていたんですよね。

160310_todai_g3.jpg

やっぱり強いなぁ、道ばたの草は。
変わり者揃いのトウダイグサ科の基本種、トウダイグサ。春の日差しが良く当たる場所で
花らしくない花を咲かせます。咲いたらまた、撮れますように。



前回に引き続いて、道ばたの春の草を見ていきましょうね。
こちらの黄色いのはノボロギク。

160310_noboro_g.jpg

筒状花のみの地味なお花ですが、ぼつぼつ一年中咲いていたりします。ボロ菊というのは
綿毛を大量に吹くキク科の花に良くついている名前。小振りなこの草も、そこそこたくさんの
綿毛を吹きます。



お日様好きと言えば、何度も取り上げているけれど、この、瑠璃唐草。

160310_rurikarakusa1.jpg

今回もまあまあ良い写真が撮れたので、3枚上げておきます。

160310_rurikarakusa2.jpg

まぁ、なんべん撮っても同じ花なんですけれどね。

160310_rurikarakusa3.jpg

初心者の頃、失敗ばっかりしていた難しい花だったから、ちょっとちゃんと撮れると嬉しくて。



それから、ついつい撮りそびれちゃうオランダミミナグサも載せておきましょう。

160310_o_mimina_g1.jpg

ご一緒している細かい葉っぱはノミノツヅリです。

もうちょっと後から咲くミミナグサの方が好みなせいか、ついつい撮るのを忘れちゃうんです
よね。

160310_o_mimina_g2.jpg

毛深いけれど、お花は清楚な白い小花です。


次の記事では隣町へ行く途中にある白樺を見上げてみましょうかね。





posted by はもよう at 23:45| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: