2016年03月13日

アオイスミレの葉

今日もはっきりしないお天気で寒かったです。雨が降りそうだったり、気まぐれに日が
差してみたり。春はちょっと足踏みですかねぇ。でも、ツクシは出たし、早起きスミレは
咲いちゃったし、桜の枝先の芽が日に日に存在感を増してきました。寒気が抜けたら
一気に、春爛漫になっちゃうのかな?

記事の方はまだ2月です。2/28のおさんぽ写真シリーズの続き。今回は「日陰の林」の
林床の草の葉っぱを中心に見ていきましょう。

160313_m_katabami.jpg

まずは坂の途中で見かけたムラサキカタバミ。まだ色素の薄い感じが、お目覚め直後って
感じです。



お気に入りの観察スポット隣町の公園裏の北向きの斜面、その入り口にあるのが「日陰の林」。
落葉樹と常緑樹、中高木と低木、つる性植物や四季折々の草花を観察できる素敵な場所です。

ここに群生している早春の花は、まず、アオイスミレ。
将軍家の葵のご紋で同じみの、フタバアオイの葉っぱに似ているからかな。でも、あのご紋に
はタチツボスミレの方が似てるかも(^m^)。

160313_aoi_s1.jpg

アオイスミレの葉っぱはあんまりとがらないんですよ。別名はヒナブキ(雛蕗)だって、
あ、そっちの方が似てるかも。

お花は、アオイスミレの方が前後にくしゃっとつぶれた形で、お花の後ろの距(きょ)と呼ばれ
る部分が上向きにぐいっと曲がっているのですぐに見分けられますが、お花が咲く前の今頃
なら、茎の出所、根っこの近くを見てみるともう一つの特徴が見て取れます。

160313_aoi_s2.jpg

まずは白くて短い毛が生えていて、結構、毛深い茎だっていうこと、そして、地味めな托葉が
ついていること。これがタチツボスミレだったりすると派手な櫛の歯状の托葉がついています
ので、すぐに解ります。

去年は群生地を荒らされてしまい、毎年観察してきた大株がなくなってしまいました。でも
小さい株がたくさん芽を出し、葉を広げているので、今後の繁栄が楽しみです。

160313_aoi_s3.jpg

アオイスミレは他のスミレに先駆けて咲く、とっても早起きなスミレです。水彩絵の具を
にじませたような優しい花色の愛らしいスミレです。



落ち葉が敷き詰められた林床に葉っぱを広げているのは、もちろんそれだけではありません。
こちらは ↓ 街中の道ばたでも見かけるオニタビラコ。

160313_o_tabirako.jpg

同じキク科でも属はちょっと違う、タビラコ仲間のヤブタビラコは ↓ こちら。

160313_y_tabirako.jpg

オニタビラコのお花にはあとで、綿毛の付いたタネができるけれど、ヤブタビラコには
綿毛なしのタネが実ります。



雑木林だから、頭上はみんな木の枝です。ドングリの木だってたくさんあります。

160313_konara1.jpg

いろんなものが落ちているなぁ。カラフルなのはコナラのどんぐり。

160313_konara2.jpg

赤かったり、黄色っぽかったり。雑木林の主みたいの大きなコナラでも、初めはみんな
この姿からだったって、なんべん見ても不思議な感じです。
ドングリの中身が割れて、根っこが地面にささって、よっこらしょっと立ち上がるときに
怪獣みたいに見えるのがお気に入り。今年も良いタイミングで撮れるかな?



枯れ葉色にかぶっちゃって、ちょっと目立たないのはムラサキケマンの葉っぱです。

160313_m_keman.jpg

桜が盛りを迎える頃に、ユニークなデザインの細長い紫色のお花を咲かせます。

一緒に映り込んでいる緑の葉っぱはヤエムグラと…ハコベかな。

こちらも ↓ 別の場所のハコベです。

160313_hakobe.jpg

めしべの先が三裂だから、これはコハコベかな?まだ花びらがちゃんと開いて無くてちょっと
残念。お日様の光が当たってきたよ。さあ、起きて。




道ばたに柔らかい緑の葉っぱが目立ってくると、春が来るんだなぁって嬉しくなりますね。
次は「北向きの斜面」のもっと奥の方、春先に眺めたい草の葉っぱはまだまだありますよ。



posted by はもよう at 23:12| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
アオイスミレ、この前見に行きました。
あるあると思って帰ってきたのですが、
どうも違うかったかなぁ
もう一度、見に行って来なくっちゃ
そろそろ蕾が上がってきているかも。

タチツボスミレやタチツボスミレの白花は
咲きだしていました。
でもまだ寒いので、
何となくみな縮こまっているように見えました^^

そうそう、散歩道に
シダ―ローズがたくさん落ちていました。
去年は大きなのを2つ拾ったのですが、
今年は小さいのを10個ほど。
バラバラになった種子の断片?が
山のようにたまっていました。
Posted by ブリ at 2016年03月14日 17:12
ブリさん、こんばんは。

え?あんなに寒そうだったのに、もう、ブリさんちの方で
タチツボスミレが咲き出したんですか?
うわぁ、早いなぁ。

私も、コスミレは咲いたのを見たんですけれど、そうか、このアオイスミレも
見に行ったらもう咲いているかもしれませんね。
早く行かなきゃ。o(^▽^)oわくわく

シダーローズ ♪ 落ちている頃ですよね。
大きいのも良いけれど、小さいのも良いんですよね。
松ぼっくりなのに、本当にバラの形していますものねぇ。
自然の造形って不思議です(^^*)。

山のようにたまっていたのは…シダーローズの花びら部分かな?
うちの方でもヒマラヤスギの根元にどっさり落ちていますけど。


Posted by はもよう at 2016年03月14日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: