2016年03月14日

斜面のフキノトウ

今日は一日中冷たい雨が降って、寒かったです。3月も半ばにさしかかってまだ、こんなに
寒いなんてねぇ。困っちゃうなぁ。

記事の方は2/28のおさんぽの続き、お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」で、春を探
してきました。

160314_k_gibosi.jpg

一枚目は、まだ残っていたコバギボウシの実のあと。一本、ヤマジノホトトギスも混ざって
います。





裏門のそば、小さなお社の後ろの石垣の奥には、前に降った水がまだ流れていました。
写らないし、見えないけれど、そばに行くと水のしたたる音がするんですよ。

160314_koke1.jpg

石垣に付いている苔にも春の兆し。寒い間は乾いていたものね。



こちらは、石垣じゃなくて、土の上、「北向きの斜面」の地面の端っこです。
これも苔ですよね。何苔って言うのかな?

160314_koke2.jpg

いろんな苔を紹介してくださるサイトさんはweb上にもたくさん有るのですが、どうしても
見分けのポイントが解りません。でも綺麗だから、つい、撮っちゃいます。
名前調べは今後の課題といたします。←って、何年も言い続けています(^^A)。




いつも、フキノトウを眺めるあたりへさしかかり、斜面を見れば、おお、もう出ている。

160314_fukinoto1.jpg
こちらはちっちゃ可愛いフキノトウ。


ついこの間まで、大きなフキの葉っぱが並んでいた場所です。

160314_fukinoto2.jpg

あっちこっちから、綺麗な黄緑色したフキのつぼみが顔を出しています。

落ち葉や自分たちの枯れた葉っぱの隙間から。

160314_fukinoto3.jpg

春の黄緑色。

あ、ちょっと上の方に、完璧なのがある。

160314_fukinoto4.jpg

絵に描いたようなフキノトウですねぇ。

斜面の上の方にも、下の方にもぽこぽこ顔出しています。
誰かが刈り取ったあとも発見。

160314_fukinoto5.jpg

う〜ん、どれくらいのフキノトウが美味しいんだろう。小さめのを1つもらって、家で
少量のお味噌に混ぜて食べてみました。良い香りがして、美味しかったですよ。

このあとも、お花が咲くところまで、じっくり観察できますように。



この記事ラストはタンポポの花。

160314_k_tanpopo1.jpg

うちの方は、結構、関東タンポポが多いんですよ。

お花の頃は茎が短くて、綿毛を飛ばす頃にはぐんと伸ばすんですよ。

160314_k_tanpopo2.jpg

まっ黄色のタンポポの花。ああ、春らしいですね。



次の記事もまっ黄色のお花を見ていただく予定です。今度は木の花でね。


posted by はもよう at 22:56| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: