2016年03月18日

河津桜満開

今日もまた良く晴れて暖かかったです。この間まであんなに寒かったのに、桜の芽も
見る間に膨らんで、今か今かと開花のチャンスをうかがっているようです。明日からお彼岸
の3連休。まぁ、大人は遊んではいられませんが、それでもどこかで、いつもとは違う写真
を撮ってこられたら良いなと思っています。

記事の方は3/12のおさんぽ写真から。この日はいつもお散歩している公園を回ったり、
早起きスミレに会いに行ったりした忙しい1日。まずは、近所の河津桜。

160318_kawadu_z1.jpg

もっとお天気良かったら良いのにな。





2月半ばから咲いていた河津桜。ひと月ほどかけて、いよいよ満開です。

160318_kawadu_z2.jpg

枝にびっしり、ちょっと濃いめのピンクの花が咲いてます。綺麗だなぁ。



そばの沈丁花もそろそろ満開。

160318_jintyoge1.jpg

良い香りが街角に漂います。この時期、あっちこっちの沈丁花が一斉に香り立ちますよね。

こうしてみると、ミツマタと一緒のジンチョウゲ科なんだな。

160318_jintyoge2.jpg

くるんと手まりのように咲くんですよね。



いつもお散歩している公園に向けて歩く道の途中でも、アセビの花が咲き始め。

160318_asebi1.jpg

桜よりは、ちょっと早いんだな。

ほら、この花の色。

160318_asebi2.jpg

ほんのりピンクで愛らしい。花びらをとめる萼まで素敵デザインです。



たくさん咲いてた普通咲きの白梅も、そろそろ名残のお花です。

160318_hakubai.jpg

木、いっぱいに咲いたけれどほとんど散って、この日残っていたのはこれだけ。
とっても綺麗だったよ。また来年ね。



散る花があれば、これから咲く花も有り。こちらはハナカイドウのつぼみです。

160318_h_kaido.jpg

やる気満々、春爛漫。もうすぐ華やかに開花です。




公園へ向かう道の途中、足下、冬枯れの草むらにも、緑にものがちらほら。
細い葉っぱで筒状に見えて、腰がなくてもしゃもしゃしているのはノビルの葉っぱです。

160318_nobiru.jpg

ノビルって言うのは、「伸びる」じゃなくって「野」の「蒜:ひる」と書きます。野原の
ネギっぽい草という程度の意味でしょうか。6月頃、ユリ科らしいなかなか綺麗なお花を
咲かせます。
人とは、「古事記」にも「万葉集」にも登場しちゃうくらいの古いおつきあい。葉っぱと
土の下にできる球根(鱗茎)は食べられます。



それから、こちらの赤っぽいのはツルボです。春先だけ、わわわーっと生えてくる期間
限定の葉っぱ。

160318_turubo1.jpg

赤っぽくて目立って、でもその後、花も咲かせずいつの間にか消えちゃう不思議な草でした。

160318_turubo2.jpg

花や実が現れるのは、春先に見た赤い葉っぱのことなんてすっかり失念している半年後。
秋の初めに、ノビルとはまた違った姿のユリ科らしい紫色の花を咲かせます。

さぁ、春の緑色。若々しい草の葉を眺めながら、おさんぽは続くよどこまでも。
次の記事では、いつもおさんぽしている公園の 豊後梅を見ていただく予定です。


posted by はもよう at 22:29| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: