2016年03月20日

ハナモモ開花

今日は申し分なく晴れましたね。絶好のお墓参り日和でした。でもって、帰り道は都会の
おしゃれなお店をのぞいて、しばしウインドーショッピングを楽しんで来ました。いやぁ、
良いリフレッシュになりました。桜の方はつぼみが大きく膨らんできましたが、咲いている
のはまだ1つも見ていません。明日には開くかな?

記事の方は3/12の、いつもお散歩している公園で撮った写真です。公園について芝生広場を
回って、花木が並ぶあたりへさしかかりました。

早咲きの梅がすっかり散っても、隣のアンズのつぼみはやっと存在感が出てきた程度。

160320_anzu.jpg

花により、咲く時期は様々です。梅は暮れからだけれど、アンズは4月待ちです。





早咲きも普通咲きも、梅はほぼおしまいで、ほとんど散ってしまいました。
でもってこの日はハナモモが、結構、花を開いていました。

160320_hanamomo1.jpg

果物の桃よりは、直径は小さいけれど花びらは多めの八重咲き。

160320_hanamomo2.jpg

しかも、枝にぎっしりつぼみを並べるから、一斉に咲くと、花の形が解らなくなるほど、
密集します。

モモの中でも早咲きの方のこの花でも、おひな祭りには間に合いません。

160320_hanamomo3.jpg

桃の節句は、旧暦でお祝いした方がお花の咲く時期とは合いますね。
このあと、絞り柄のハナモモや、果物の桃の花が咲きます。ちょっとずつ時期をずらして
咲いてくれると、ほんと助かりますよね。




並びには、桜だのハナカイドウだのヒメリンゴだの、いろいろ立っているけれど、この日
咲いていたのは1つ前の記事の株とは、芝生広場を挟んで反対側の豊後梅。

160320_bungo_u1.jpg

こっちの方が日当たりが良いせいか、木は大きいし、樹勢は強いし、花数は多い。

どんどん雲が多くなって、写真としては寂しい感じに撮れちゃっているけれど、現場では
こちらの方が華やかでした。

160320_bungo_u2.jpg

曇天でも、綺麗は綺麗。淡いピンクが上品で素敵ですよねぇ。

同じような豊後梅の花なんだけれど、表情が違って撮れて、それはまたそれでいいかな
なんてね。

160320_bungo_u3.jpg

狙って撮ったんじゃ無くて、偶然の産物なんですけどね。綺麗だなぁ。



華やかな花木の反対側には、ちょっとごつめの常緑樹の葉っぱ。ビワですよ。

160320_biwa.jpg

晩秋から冬にかけて咲いていた香りの良い白い花は、すでに小さな若い実になっています。
これからだんだん膨らんで、夏までにはオレンジ色に熟します。ついでに若葉も顔出し
ました。ごつい葉っぱも芽吹き立ては可愛いものです。



こちらの芽はカリンです。のど飴に入っているあの酸っぱいカリンです。
芽吹き方がお花のようで可愛いんですよ。

160320_karin.jpg

これから濃いピンクの花をつけますが、大きな実に育つのに比べて、お花は拍子抜けする
ほど小さいんですよ。咲くのは4月になるかな?



このあとまた、雑木林の方へ入っていきます。その前に、先月眺めたキクラゲのその後を。

2016/ 2/27付 「冬見るキノコ」

あのときはまだ小さくて、ベルみたいな形だったキクラゲでしたが、やっぱりアラゲキクラゲ
だったようで、だいぶ立派に成長していました。

160320_arage_k1.jpg

半透明だった幼菌時代よりは、表面の毛が目立ち、透明感が無くなってきました。
これはもう立派なアラゲキクラゲですね。

そういえば、先月見たときにはちょっと育ちかけていた小さくて白いキクラゲの方は、
残念、なくなっちゃっていました。

160320_arage_k2.jpg

あのとき調べたら、白いキクラゲは高級品だって解ったのですが、高級品は簡単には育た
ないのかな。

ちなみにこの宿主のキブシですが、最近、公園内のキブシがどんどん枯れ始めているんです
よね。早春の雑木林を飾ってくれる素敵なお花だから、惜しいなぁ。どうしたら、元気に
育ってくれるんでしょうね。



次の記事では雑木林ゾーンで撮った、早春のお花をたくさん見ていただく予定です。


posted by はもよう at 22:36| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: