2016年03月23日

アメリカ花の木の花

昨日今日、母が白内障の手術を受けるので病院まで付き添いに行ってきました。病院は都内
ですが、近所で桜がちらほら咲いていました。しだれ桜が咲いているところもあって、
とても綺麗でしたよ。帰ってきたら、自宅周辺でもちょっと咲き始めていました。ただ、
週末には少し、寒の戻りがあるそうですから、お花は長く楽しめそうですね。

記事の方は3/12のおさんぽ写真の続きです。春、いろんな花に先駆けて咲く、地味なようで
派手な花、アメリカハナノキを見てきました。

160323_a_hananoki1.jpg

こちらがおばなのつぼみです。





アメリカハナノキはカエデ科カエデ属の落葉高木。北米原産で、日本には近縁のハナノキが
自生しているそうです。秋の紅葉だって立派なのですが、名前に花と付いてしまうくらい
春先の花が印象的なカエデです。

今回はまずめばなの咲くメスの株を先に撮りました。

160323_a_hananoki2.jpg

お花のつきはまばらで、お花は地味め。

160323_a_hananoki3.jpg

このあと真っ赤なプロペラ型の実をぶら下げます。


もっと賑やかなのはこちらのおばなが並ぶオスの株。

160323_a_hananoki4.jpg

枝にたくさん咲くのもそうだし、一つ一つの花もちょっとだけ華やかです。

おしべをいっぱいに開いてポンポンみたいでしょ。

160323_a_hananoki5.jpg

でも、おばなは花が終わったらみんな散っておしまい。実がなることは無いんですよね、
当然のことながら。



アメリカハナノキのそばには、イヌコリヤナギ。
前回は小さなネコヤナギ似の毛深い花芽を見ましたが、それが咲いていました。

160323_inukori_y.jpg

ほら、おしべを並べて、にゅーっと伸びていますでしょ。あれが花です。虫だってやって
くるれっきとした花ですよ。



それから、低木のトサミズキも植わっています。これからお花の季節です。

160323_tosa_m1.jpg

葉っぱが茂る前に、優しい黄色の花を下げます。

大きかった花の芽がだんだんほどけてお花になっていきます。

160323_tosa_m2.jpg

花びらからのぞく開きたてのおしべが赤いのが、トサミズキのお花の特徴。

160323_tosa_m3.jpg

そっくりさんのヒュウガミズキのお花は、開きたてのおしべがオレンジ色なので、見分けの
参考になります。このあと、お花の間が伸びて、結構長く下がります。今年は公園のトサ
ミズキの花が少ないので、長く伸びたところを撮れるかどうか、ちょっと心配です。



この日のレンギョウはまだつぼみ。

160323_rengyo.jpg

今はもう咲いていますけどね。これ撮ったのはまだ、3/12だから。
でも、つぼみも可愛いでしょ。



花木ゾーンではハナモモが開き始めていましたが、果物の桃の花はまだ堅い花芽です。

160323_momo.jpg

今年は桃の木が、かなりの強剪定になっちゃいましたが、お花は咲いてくれそうです。
何で切っちゃったのかな? 弱っていたとかじゃないと良いけれど。桃のお花は4月かな。



また、雑木が並ぶ方へ戻ってきて、こちらはクマシデ。

160323_kumaside.jpg

大きめの花穂が下がる枝先には、シデ三兄弟中、一番大きい冬芽が並んでいます。



こちらはイヌシデの枝先。

160323_inuside.jpg

葉の芽、花の芽伸び始めると少しずつ個性が出てきます。やがて花の芽は黄色っぽいひも状
になって枝先に垂れ下がります。地味なめばなも後から現れます。



3/12の写真、まだあるんですよ。今度は花だんの方を回って、花だんの花を見て回ります。


posted by はもよう at 22:42| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: