2016年04月06日

モミジイチゴの花

今日は本当に良いお天気でした。お花見さんぽにも行きたかったけれど、まず主婦業を優先
して、掃除や洗濯をたくさんしました。洗濯機なんか3回も回して、ついでに洗濯機まで掃除
しました。いや〜、気持ちよかった。まだ残っている場所があるから、追々綺麗にしよう。
桜の花が散り出しましたね。入学式、もう済んだのかな?まだかな?

記事の方は3/21の写真から。隣町に着いて、坂を下って裏の北向の斜面の方へ。

160406_zokibayasi.jpg

この日も良いお天気で、雑木林の林床にも明るい日差しが届いていました。







坂の途中の雑木林の下。

160406_zokibayasi2.jpg

コンクリートの壁の方へこぼれでているのは

160406_suikazura.jpg

いろんな形の葉っぱがあるスイカズラの幼植物。根元近くでしか見られないレアものです。

それから白い木苺の花。これはクサイチゴ。

160406_kusa_i.jpg

クサっていうけれど樹木の仲間で落葉低木ってことになっています。




で、この日見つけたのは、もう一種類の木苺の仲間、モミジイチゴです。

160406_momiji_i1.jpg

時々よそで出会うと、多少無理してでも写真に収めてきます。木苺の中でもとびきりのフォト
ジェニック。オレンジ色の実がなる、木苺の代表格。
昔は隣町の公園に大株があって、子供たちも楽しみにしていたんですよ。
でもある年、その株が伐られてそれっきり、近くでは会えない木になっちゃったんですよね。

久しぶりだなぁ。

160406_momiji_i2.jpg

細くてしだれる枝、紅葉型の葉っぱ、下向いて咲く白い花。
なんか無性に撮りにくくて、なかなかピントが合わなくて四苦八苦。しかもトゲが鋭くて痛い。

でも、つぼみはまだどっさり。まだ撮るチャンスはあるかも。

160406_momiji_i3.jpg

うわ〜、今年はオレンジ色の木苺の写真も撮れるかしら?
たのしみ〜。 どうか刈られませんように。(-人-)お願いします。



モミジイチゴフィーバーのあとは「日陰の林」へ。
とりあえず、新芽吹いたばかりのコウヤボウキをチェック。

160406_koya_b1.jpg

さらにか細い枝ですがこれも樹木の仲間。しかも、キク科ですよ、これ。見えないよねぇ。

いつもの群落に新芽がどっさり。今年も、可愛いお花を見せてね。

160406_koya_b2.jpg

綺麗な綿毛も見せてね。




イロハカエデの葉っぱも伸びてきましたよ。

160406_iroha_k.jpg

他のカエデの仲間はまだのんびりしているのに、イロハさんだけせっかちね。
若葉を広げたら、すぐにお花の準備に取りかかります。イロハカエデはお花も真っ赤ですよ。



ウグイスカグラも、さらに花数を増やしています。

160406_uguisu_k.jpg

目立つ目立つ、あっちこっちにピンクのお星様が見えて、嬉しい限り。



足元にはドングリ怪獣が出現。

160406_donguri.jpg

赤いドングリだけじゃないけれど、やっぱり赤いのが一番怪獣っぽかったなぁ。
ガオー、食べちゃうぞー。やっぱり怖くないか(^^;)。このあと伸ばした枝の先に銀色の
ビロードみたいな若葉を開きます。そしたらまた撮りに行かなくっちゃね。




雑木林のちょっと奥の方で、お日様の光をはじいて目立っている葉っぱはなんの芽かな?

160406_ryobu1.jpg

ほら、ちっちゃくきらっと黄緑色に光って見える。

そばへ行ってみたら、う〜ん、これは、リョウブの新芽かな?

160406_ryobu2.jpg

いつももうちょっと大きくて、金色のチューリップみたいになっているのばかり見かけた
けれど、これはもっと小さいな。
金色チューリップを狙っていたけれど、これはこれでイイ感じ。大きくなるとちょっと
野暮ったいほどごっつい葉っぱだけれど、芽吹きたては可愛いのね。



次の記事では、「日陰の林」の草花をもうちょっと眺めます。アオイスミレのおさらいとか、
カタクリの咲き進み具合とか。
posted by はもよう at 22:01| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: