2016年04月15日

ネコノメソウの花

熊本の地震の様子は、夜が明けて詳しく解ってくればなおさら、大きな被害に心が痛み
ます。微力ながらも、できることを考えてみたいと思います。こちらの今日のお天気は
申し訳ないほどの晴天でした。まぁ、忙しくて眺めている暇も無かったんですけど(^^;)。
年度末と年度初めはいろいろありますわ。頑張ろう、私。

記事の方はカタクリの自生地の周りの生き物たち。

160415_y_tutuji.jpg

まずは雑木林の奥で見かけたヤマツツジ。ちらほら見える赤いのはつぼみですよ。
また、カエルの卵を見たのでそんな話題も。




2015/ 4/12付 「カタクリの名所」 去年の様子

まずは、カタクリが育つ雑木林を横から見てパチリ。

160415_zokibayasi1.jpg

イイ感じに日が差す場所と季節です。


目立つ新芽、黄色っぽいのはウワミズザクラで、
160415_akaside.jpg

赤いのは、ここでも、アカシデ。花盛りでした。



足下にはアオイスミレ、

160415_aoi_s.jpg

ミツバツチグリ…まだ葉っぱだけでした。黄色いお花が咲きます。

160415_m_tutiguri.jpg

それから、オオアラセイトウ。

160415_o_araseito.jpg

去年も見かけたメンバーです。久しぶり〜、元気で何より。



自生地の隣のエリアで、去年はカエルの卵を見つけた小さな小川には、今年、カエルの
卵は無かったけれど、代わりにネコノメソウがびっしり茂っていました。

2015/ 4/14付 「カエルの卵」

160415_nekonome_s1.jpg

辺り一帯が公園のように整備されていましたから、たぶん誰かが植えたんでしょうね。
一度会ってみたかったお花だったので、ありがたく撮らせてもらいました。

山の湿地帯に普通に生えるユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。

160415_nekonome_s2.jpg

花の近くの葉は黄色くなり、茎の先に淡黄色の小花が集まってつく。裂開した果実が
猫の目のように見えることからこの名がある…そうです。猫の目みたいに見える実…
見に来なくちゃ。それにしても、これ、ユキノシタ科なんですねぇ。へぇ〜、似てない
なぁ。



でもって、カエルの卵の方は、小さな小川の方じゃなくて、蛍を育てる予定の池の方に
どっさりありました。

160415_hotaruike1.jpg

解ります?これ、みんなカエルの卵ですって言うか、ほぼみんなオタマジャクシになっ
ちゃってますけどね。

160415_hotaruike2.jpg

カワニナが這ったあとはうねうねと伸びていたけれど、こんなにおたまだらけ…っていう
か、カエルだらけで、蛍…育つんだろうか?



去年と同じように、オヘビイチゴらしい

160415_o_hebi_i.jpg

5裂した葉っぱも見たけれど、



去年、ミズバショウだったら良いなって思った葉っぱがあった場所のそばに、
ちゃんと水を張ってミズバショウを育てている場所も見つけました。

160415_mizubasho.jpg

近づけなかったけれど、咲いているような気もします。ほら、一番手前の葉っぱの付け根
のとこ。白い苞が見えるでしょ。

ネコノメソウのみならず、ミズバショウまで植えちゃうなんて。この辺を湿地帯公園に
したいのかしら?  でも、蚊が増えちゃいそうで、私だったら嫌だけど…(^m^)良いの?。



いつも見に行っているのとは、反対方向の隣町にあるカタクリの自生地と元からの環境を
利用して、蛍の里を目指してる一角。いろんなものが見られて、有意義なおさんぽになり
ました。蒸し暑くて蛍が飛びそうな夏の夜に、見に来てみたいな、いつの日にか。



次の記事からは、実家の近くで見た、華やかな木の花をご紹介します。

posted by はもよう at 22:36| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、素敵な道を見つけられましたね。
色んなお花が咲いていて、
楽しそうです。
ミズバショウも咲いているのですか。
ホタルも増えるといいですね。
ほんとにむっとするほど蒸し暑い夜に
ホタルって飛んでくるんですよね。
ホタルは普通のホタルですけど^^
その時の蒸し暑さはすごく記憶に残っています。

でも町が自然を大切にする取り組みに
力を入れているのはうらやましいかぎりです。
こちらは自然の大切さに
誰も気づいていない気がします。
当たり前すぎてわからないのでしょうね。
Posted by ブリ at 2016年04月17日 11:12
ブリさん、こんばんは。

そうですね、近くのカタクリの自生地は、行政が守っていますが、
そのそばの蛍池の方は誰が整備しているのか解らないのですが、
行くたびに整っていくのが面白いです。

たぶん、高度成長期に一度、結構深刻な自然破壊を経験しているので
小さな自然回帰をしてみたいんじゃないですか?
田舎住まいの方には笑われちゃうような、おままごとみたいな小規模の
取り組みなんでしょうけどね。

そうそう、蛍って、出かけたくないような蒸し暑い夜に飛ぶんですよね。
見たいけど、見に行けるかな?(^m^)←軟弱者
Posted by はもよう at 2016年04月18日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: