2016年04月20日

「日陰の林」の新芽

今日も申し分ない良いお天気でしたね。今日もまた、両親の手伝いで都内の実家へ。
医者へ向かう途中の公園で藤棚の藤が咲き始めていました。うちの近所の藤も咲いたかな。
見に行きたいなぁ。

記事の方は3/30に隣町で撮ってきた写真シリーズです。今回は「日陰の林」でいつも観察
している木々の新芽をいくつか並べてみます。

160420_turibana1.jpg

これはいつも眺めているツリバナのところ。







つんつんしている細い枝の方がツリバナです。どっしり立っている幹はなんの木だっけなぁ。

160420_turibana2.jpg

まだ冬芽からあまり変わっていません。

隣のガマズミはプリーツの入った新芽を吹いたというのにねぇ。

160420_gamazumi.jpg
ツリバナの花も、そろそろ咲く頃だから…早く見に行きたいなぁ。


寒の戻りとかあったけれど、いよいよ動き出した雑木林の木々。

160420_zoukibayasi1.jpg

ちょっと赤っぽかったり、ちょっと黄色っぽかったり、新芽は色とりどり。



こちら、ちょっと変わり種かも。ウリカエデのおばなです。

160420_urikaede1.jpg

おばなはギリギリ花の形に見えるけれど、めばなはあとで実になるプロペラ部分が目立って
花っぽくはないけれど、このときはまだめばなが見つかっていません。

160420_urikaede2.jpg

三裂する葉っぱのウリカエデ。めばなが出ているか、今度行ったら見てみます。



この日、一番注目したのはこれ ↓

160420_koajisai1.jpg

コアジサイの小さな花の芽。可愛いでしょ。これから、ガクアジサイのまん中のところだけを
もうちょっと地味にしたみたいな花を咲かせるんですよ。

去年の花の名残と今年のみずみずしい黄緑色のつぼみ。

160420_koajisai2.jpg

葉っぱが十分に伸びて、お花の季節になる頃には梅雨入りの予想が出そろうかも。
うわぁ、もうじき夏かぁ(^^A)。



去年、ツリバナかな?っていって載せた葉っぱにそっくりなんですけど。

160420_komayumi.jpg

今年の見たのはコマユミだと思います。まぁ、同じニシキギかだから、芽吹きっぷりは似ている
かもしれませんけどね。また今度行ったときに良く見てきますね。



勝手花だんの方も雑木林が色とりどり。こっちのはたぶんイロハカエデです。

160420_zoukibayasi2.jpg

赤っぽく新芽を出すカエデもあるから。



日差しを浴びた方がより綺麗に見えるんだけどな…なんて思いつつ曇り空の下、リョウブの
葉っぱを撮りました。

160420_ryoubu.jpg

2016/ 4/ 6付 「モミジイチゴの花」

このときより、ちょっと大きくなったリョウブの葉っぱ。お花は7月の初めに咲きます。



雑木林の奥で、派手に二色に分かれて芽吹いている木は…奥のオレンジ色っぽいのが
イロハカエデの新芽で。

160420_zoukibayasi3.jpg

手前の白っぽいのが、イヌシデの葉っぱです。

160420_inuside.jpg

ちょっと大きめに撮って、見やすいようにレタッチ(修正)しました。
イヌシデの芽吹き方はリボンの形。可愛いんですよ。



次は公園の裏門に通じる谷のところから、フキと同居しているカタクリの様子。
「北向きの斜面」のおなじみさんを訪ねて歩きます。





ブログ内関連ページ:

2015/ 4/23付 「ウリカエデの花」
2015/ 6/ 4付 「ツリバナの花」
2015/ 6/26付 「コアジサイとガマズミ」
2015/ 4/24付 「木の芽吹きいろいろ」
2016/ 4/ 6付 「モミジイチゴの花」



posted by はもよう at 23:38| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: