2016年04月25日

ハナヤエムグラの花

今日はとっても良いお天気でした。仕事の日は晴れる率が高いような気がします。なんだか
ちょっと、いえ、だいぶ残念です。写真撮りに行きたいなぁ。いえいえ、我慢我慢。その
うちきっとチャンスがあります。今日は桐の花が咲いているのを目撃しました。早くない
ですか?思い違いかしら?

記事の方は4/3にいつもお散歩している公園に行って撮ってきた写真シリーズに移ります。
我が家を出て、まずは途中の道ばた。

160425_tukusi1.jpg

春の草が花盛り。ちっちゃくて、誰の目も引かないかもしれなくても、元気に咲いてます。
たとえばここにはつくしとキュウリグサ。




春も盛りで、つくしもキュウリグサも伸びられるだけ伸びています。

160425_tukusi2.jpg

芽を出したばかりの頃はあんなに小さかったのにね。



驚いちゃったのは、もう、ノジスミレが咲き出したってこと。いつも芽を出す、イチョウの
根元の株です。

160425_nojisumire.jpg

いやぁ、ほんと、早い早い。意識が追いつけませんよ。
ノジスミレは、またあとで取り上げますね。今回はさらっと通り過ぎます。



そうそう、道ばたにまた花だんからの逃げ出し組、ビオラ・ソロリア”パピリオナケア”が
咲いて居ました。

160425_papilionacea.jpg

北米原産で紫色の他に、白、まだら模様などが有り、みんな丈夫で野生化しています。



道路っぱたの草の葉にも、カラスムギやヘラオオバコなんかが芽を出し始めました。

160425_mitikusa.jpg

これまたすぐに、道ばた麦畑状態になりますよね。



公園に着く一歩手前のフェンス際に、ちっちゃな花が咲いていました。

160425_hanayae_m1.jpg

ヤエムグラのお仲間の、ハナヤエムグラです。

ヨーロッパ原産の畑の雑草。

160425_hanayae_m2.jpg

お花は、花びらの先が4つに分かれています。この写真、ちょっと色が出て居ないけれど、
赤紫色です。可愛いですよ。小さいけど(^^;)。

2007/ 6/19付 「ハナヤエムグラなど」

いつもお散歩している公園では、もう10年くらいのおつきあいですが、今まで咲いていた
場所と違うこと、やけに時期が早いことが今回特筆すべきことです。

160425_hanayae_m3.jpg

まぁ、新しい繁殖地が、日には当たっても風には当たらない場所だから早いのかな?とも
思えます。良いところを見つけちゃったせいか、心なし、今までよりも株も大きく立派に
育っているようです。

160425_hanayae_m4.jpg

それでもお花は、虫眼鏡が欲しくなるほど小さいですけどね。

この記事ラストは、オランダミミナグサのまだ小さい葉っぱとのツーショット。

160425_hanayae_m5.jpg

マンネングサだと思ってた。やっぱりハナヤエムグラの葉っぱっぽいです。
手前のがオランダミミナグサね。ちょっと毛深い葉っぱです。



さぁ、公園はあとちょっと。
まずは桜を撮れるだけ撮って、あとは何が咲いているかな?


posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: