2016年05月01日

マユミのつぼみ

今日は晴れて夏日になりかねないお天気って言うから、布団を干したんですが、結構雲が
多くて、日が差したり陰ったり、お布団の膨らみも今ひとつでした。また、次の晴天の日に
期待しましょう。で、今日見つけた花ですが、ホオノキ、オガタマノキ、ハリエンジュ、
トチノキ、ハクウンボク、アオダモなどなど。木に咲く白い花が続々開花しています。
ああ、忙しい、遊ぶのに。引き続き頑張ります。

記事の方は 4/3のおさんぽの続きです、

160501_park.jpg

柳萌えて、すっかり春めいた公園の遠景。池の水も心なし温んだような気がします。
そういえば、賑やかだった鴨の声が減っていたかも。






細かい枝に緑の葉っぱ。いち早く目を覚ましていたマユミです。

160501_mayumi1.jpg

あずさゆみ、まゆみ、つきゆみ…の、あのマユミです。
しなやかな材を利用して弓を作ったそうですよ。

160501_mayumi2.jpg

葉っぱの付け根からはGWの頃花開くつぼみがすっかり準備中です。
あ、今度撮ってこなくちゃね。



その先には大きなコブシの木があります。

160501_kobusi1.jpg

HPを作り始めた頃にも撮ったっけ。

変わらず元気に咲いてくれます。ありがたいなぁ。

160501_kobusi2.jpg

この木のお花はふんわりと丸っこい花びらです。



ここからちょっと場所が飛んで、ベニバナトチノキの新芽です。

160501_b_totinoki.jpg

今日見てきたらもう咲いていましたが、この日はまだ、冬芽が開いたところでした。
ここから大急ぎで大きな葉っぱとお花の穂を出して、ピンクの花をどっさり咲かせます。
そうか、ひと月で花まで用意しちゃうんだなぁ。今日花盛りを見てきたばかりなので
感慨も深いです。


ベニバナトチノキのそばの梅の枝です。

160501_ume.jpg

綺麗な新芽がステンドグラスのように光を透かして見えていました。
こんな姿が見られるのも新芽の内だけですよ。




また、公園の中心に戻って、今度は大きな実が付く桃の木の前。
中国の楽園 桃源郷には、桃と柳が付きものだってどこかで読んで以来、桃源郷って、こんな
景色かしらと思いつつ、毎年撮っているアングルです。

160501_momo.jpg

桃の花と柳の木。桃は邪気を払うと信じられてきたそうです。柳は水辺の好きな木だし、
清流のほとりで一年中美味しい桃が食べ放題の場所があったら…やっぱり楽園でしょうね。



雑木林ゾーンへ戻ってきて、また歩を進めます。

160501_aoki.jpg

地味だけれど、しっかり咲いてるアオキのおばな。めばなはもうちょっと後で咲きます。
咲いたら赤い実が付くのは、もっと地味なめばなのあとですよ。


さぁ、ここからはお花見さんぽです。
いつもおさんぽしている公園には、桜がたくさん植えられているんですよ。

160501_y_sakura1.jpg

雑木林ゾーンも桜がいっぱいです。

やっぱり数はソメイヨシノが多いのですが、山桜もちらほら混じっていて、

160501_y_sakura2.jpg

ときどき違う色合いで目立ちます。

遠くにはしだれ桜の濃いめのピンク。

160501_y_sakura3.jpg

時々、エノキやエゴノキの緑の葉っぱも彩りを添えたり…。

ほんと、どの花見ても綺麗だな。

160501_y_sakura4.jpg

でもって、同じ場所でソメイヨシノなどの一重の桜が散ると、八重の桜が咲き出します。

この日撮ったのは赤い葉っぱの山桜。

160501_y_sakura5.jpg

いやまぁ、なんと美しいことか。



桜の下のおさんぽはまだまだ続きます。4/3のおさんぽ冒頭にも出てきたしだれ桜、
次回は、お天気回復して、もうちょっと晴れ晴れした姿を見ていただきましょう。


posted by はもよう at 23:49| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: