2016年05月05日

すみれシーズン中盤

今日は朝から風もなく良いお天気。朝の仕事を大急ぎで終えて、いつもお散歩している公園と
隣町のお気に入りの観察スポットをはしごして写真を撮ってきました。午後はブログ用の写真の
整理。GWも終盤ですねぇ。不景気なせいか無料で遊べる公園の利用者が増えているような気が
します。今日も子ども連れで賑わっていましたよ。楽しい思い出できたかな?

記事の方はまだ4月です。4月のうちに見かけたすみれのあれこれをまとめておこうと思います。
一枚目はノジスミレ。

160505_nojisumire1.jpg

公園の草むらより、民家を縫う道ばたとか駐車場の端っことかが好きなすみれです。






全体に毛深くて、お花は横広がりで葉っぱは地面にぺたんと広がり型。

160505_nojisumire2.jpg

花も葉も白っぽく色が抜けていて、垢抜けないけど、可愛い感じ。

駐車場の排気ガスがかかりそうなところで群生しています。

160505_nojisumire3.jpg

毎年同じところに出る子たちなので特に調べもせず、また会ったねなんて感じに撮っています。



同じ日、公園の雑木林の林床で撮ってきたのが、こちらのアカネスミレ。

160505_akanesumire1.jpg

ほんのり赤みのかかった可愛いすみれです。

葉っぱ丸っこいハート型、回りのぎざぎざは粗くて浅い。やっぱり全体が白っぽく見える程度に
毛深いタイプ。

160505_akanesumire2.jpg

4/3に見た大きめの株が、この日行ったら跡形もなくなっていて、悲しい限り。盗掘反対!
仕方がないので林床に点在していた小さめの株を観察〜。

1つ取り上げてお花を良く見ましょう。

160505_akanesumire3.jpg

側弁は有毛。

可愛いなぁ、アカネスミレ。

160505_akanesumire4.jpg
そこでずっと咲いていてね。

比較対象として、隣に咲いていたタチツボスミレもおいておきます。

160505_tatitubo_s.jpg

ちょっと青みが強いんですよね。こちらのお花は。



翌々日、仕事場へ行く道で見つけたこの白いのはアリアケスミレの白花。

160505_ariake_s1.jpg

アリアケスミレは、スミレやヒメスミレとノジスミレの交雑種じゃないかと言われている
お花だそうで、両方の特徴を合わせ持ってい点が特徴的。


スミレっぽいのに葉っぱが立たないで、寝ている…とかね。

160505_ariake_s2.jpg

明け方の空の色から、アリアケ(有明) という名前がついたそうですが、花の色は多彩。
これは白っぽいですが、うちの近所の株は紫色です。

毎年見ているおなじみの株ですが…

160505_ariake_s3.jpg


大きくなったなぁ。

160505_ariake_s4.jpg


あ、↓ これ、うちの近所のアリアケスミレ。うちの近所のは紫が多いです。

160505_ariake_s5.jpg

しかも、これ、駐車場のタイヤのそばに咲いちゃいました。駐車場を利用する人もタイヤで
お花を踏まないように気を遣ったでしょうね。



仕事場の側で咲いている極小のスミレは、ヒメスミレ。

160505_himesumire.jpg

写真だと違いがわからないけれど、虫を眺めるくらいの根気を持って、じっくり探さないと
見つからないくらいの小さなすみれです



花だんからの逃げ出し組、こちらはビオラ・ソロリア’パピリオナケア’。

160505_papilionacea1.jpg

色はスミレと言う名前のすみれと同じくらいの濃いめの紫。色違いが3種ほどあるんですけどね。

お花の側弁の毛はかなり多め。

160505_papilionacea2.jpg

葉っぱが丸っこいハート型で、スミレとはだいぶ違います。

160505_papilionacea3.jpg

地下にごっつい根っこを育てて、毎年咲いちゃう宿根草です。



スミレという名前のすみれが咲くまでをひとまとめにしました。あとはまた後日記事にします。




posted by はもよう at 23:44| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: