2016年05月07日

山桜、桃、リラの花

今日は申し分のない晴天でした。風もなく穏やかで、暑いくらいに日差しの元、両親のところに
兄弟4人中3人が集まって、あれこれお手伝い。兄は父のパソコンの世話、弟は庭木の手入れ、
私は洗濯と衣替え。思えば明日は母の日。子どもとして生まれてずいぶん経ったけれど、母の日
らしいこと何もしてこなかったから、今日、たくさん手伝いができて良かったな。

記事の方は4/10のおさんぽ写真から、まずはソメイヨシノから山桜に移り変わりつつあった
公園の様子。

160507_park.jpg

こんなに遠くからじゃ何にもわかんないですね。(^^)





花盛りの頃、葉っぱが出ないソメイヨシノと違って、山桜は花も葉っぱも一緒に展開します。

160507_y_zakura1.jpg

タネができなくて、すべての苗が挿し木の、いわば兄弟株のソメイヨシノと違って、山桜は
それぞれが違って、個性派ぞろい。

160507_y_zakura2.jpg

葉っぱが黄色っぽかったり、

160507_y_zakura3.jpg

花の咲く時期が早かったり遅かったり。

160507_y_zakura4.jpg

花が多めだったり、葉っぱが多めだったり。

160507_y_zakura5.jpg

葉っぱが赤っぽかったり。1本1本眺めて歩くのも楽しいものです。

ソメイヨシノは(起源については諸説有るようですが)、江戸か明治の初めに作られた品種だそう
ですが、山桜はそれ以前から人々の暮らしに深く関わってきた花です。



この日はもう、ライラックまで咲いちゃってましたねぇ。

160507_lilac1.jpg

これは一番大きい株がまとまっているあたり。

二番目のところの花。

160507_lilac2.jpg

ちょっとお花のデザインが違うような。いったい何種類植えられているのやら。

160507_lilac3.jpg

でも、白一色の花はまだ咲いてなくて、次に見に行ったときにはもう終わっていて、とうとう
今年は撮れませんでした。




それから、前回撮った桃の花をもう一度。

160507_momo1.jpg

ヤナギはまだ若々しい緑だし、桃の花は綺麗だし。

160507_momo2.jpg

桃源郷ですよ、桃源郷。良い景色。



それから、今度はシデの仲間の木。

160507_side1.jpg

リボンのような可愛い芽吹きっぷりがシデ仲間の特徴。

かわいらしく芽吹いたら、今度は春の大仕事、花粉の受け渡しですよ。

160507_side2.jpg

シデ仲間はみんな風媒花なのかな?

枝の先に並んでいるのはおばなの穂です。

160507_side3.jpg

もう、だいぶ前に撮った写真だから忘れちゃった。これはイヌシデかな。
可愛い芽もあんまり眺められないうちに大きくなっちゃったなぁ。



この記事ラストはこのあと、お世話になる里桜の林の様子です

160507_sato_z.jpg

ソメイヨシノも山桜も盛りを過ぎたら、今度は八重桜の出番です。


次回の記事では同じ日に撮った公園の下草を見ていただく予定です。
さぁ、GW最終日。何しようかな。


posted by はもよう at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5日に撮った写真が
ちょうど3枚目ぐらいのようすでした。
ヤマザクラが朝日をすかして
綺麗でした。
ソメイヨシノははかなげな感が否めませんが、
ヤマザクラは大木が多くて、
どっしりとして見とれてしまいます。
自分が優柔不断な性格なので、
そういう雰囲気に
憧れるのかもしれませんね^^

シデ科のようなお花で、
もっと糸状のお花がいっぱいついているのを
ヤマザクラの横でみかけました。
どこかで見せていただいた記憶があるのですが、
思い出せません。
いつものことですが困ったものです^^
Posted by ブリ at 2016年05月08日 07:57
ブリさん、こんにちは。

朝日を透かして見るヤマザクラですか、きっと綺麗だったでしょうね。
ヤマザクラは、自然の木って言う感じで
なんかちょっと、ソメイヨシノとは違って、それもまたそれで、
良いんですよね。←まぁ、だいたいどれ見ても良いんですけど。


>シデ科のようなお花で、もっと糸状のお花がいっぱいついているの

って、どんなんでしょうね。
え?このブログに載せました?う〜ん、なんだろう。
すぐには思いつかないですねぇ。
しばらく楽しく悩んでみます(^m^)。
Posted by はもよう at 2016年05月08日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: