2016年05月20日

新緑さんぽ

今日は日差しが少なくて、暑さもちょっと一休みでした。まぁ、まだ5月だからね。ベランダの
西洋オダマキもちゃんと撮れたし。カラーの芽も出て、ノブドウやコクチナシにもつぼみが
上がってきました。いやぁ、やっぱり夏は近いんだなぁ。そういえば、桜やユスラウメの実が
赤くなってきましたし、実りの初夏を迎えている感じです。

記事の方はまだ4月。4/23、萌えだした新緑の中、隣町へおさんぽに行きました。

160520_zokibayasi1.jpg

お目当ての花見られなかった花、いろいろあったおさんぽの始まりです。




隣町へ行く道の途中、いつも見上げる左のサクラと右のエノキ。

160520_sakura_enoki1.jpg

同時に咲いていたお花も終わって、両方とも若葉の季節。

枝先をクローズアップすると、実の準備が始まっているのがわかります。

160520_sakura_enoki2.jpg

特にサクランボの方が目立ちますね。エノキの実だって用意されているんですよ。
サクラは黒く見えるほど濃い赤に、エノキはオレンジ色から朱赤に色づいて鳥さんたちを誘います。



たまにしか差してこない、この日の日光を浴びたムクノキ。

160520_mukunoki1.jpg

お目覚めは遅めで、4月下旬の段階で、お花はこれから。

葉っぱの根元のつぶつぶは実じゃなくて、つぼみです。しかもこっちはおばな。

160520_mukunoki2.jpg

めばなは枝の先の方の葉っぱの付け根に、めしべだけ〜?って形で現れます。
ムクの実はエノキよりちょっと大きめで、黒く熟します。




次の木を見て、大いに慌てました。

160520_mizuki.jpg

うわっ、ミズキの花がもう咲いてる。
まだ5月までに1週間残っていたときのこと。



雑木林と道を隔てるフェンスに寄りかかったノイバラの枝先にもつぼみの準備。

160520_noibara.jpg

今はもう盛りっていうか、花はもう終わりかけって言うか。慌ただしいわぁ。


二つ目の雑木林が、なんとなく枯れ色に見てても大丈夫。

160520_zokibayasi2.jpg

あちこち、新鮮な緑色であふれているのに、なんだか茶色いですものねぇ。

雑木林に一歩近づいてみると、まず手前右にクワの幼樹。

160520_kuwa1.jpg

左は、そう見えないかもしれないけれどケヤキの幼樹です。でもって奥はアカメガシワ。



背景の高木の上の方に、クワのおばながどっさり花盛り。

160520_kuwa2.jpg

花盛りなのに、なぜだか枯れているように見えますね。色のせいかな。



でもって、その先の手前にツルウメモドキ。ぐるぐるに絡んだつるが元気そう。今年も
絡まり倒すよぉ。

160520_t_umemodoki.jpg

つるからこのように短い枝を絶てて葉っぱを付けるのがツルウメモドキらしい葉の付き方。
このあとすぐに地味な花を咲かせ、秋には朱赤の実をつけます。



枝を伸ばしてきたのは赤松です。今年の枝におばなが並びます。

160520_akamatu.jpg

もっと上の方の枝になら、おばなが取り囲む枝の先に めばなも付くんだけれど、低い枝は
おばなばっかり。まぁ、そりゃ、風媒花だから、花粉を受け取るには上の方が都合が良いんだ
ろうなっていうのは想像に難くない。



もっともっと歩いた先の雑木林で撮ったアカメガシワの新芽。

160520_akame_g.jpg

はい、名前の通り、赤い芽です。カシワ…のほうは炊ぐ(かしぐ)葉、つまり、食卓に欠かせない葉。
食器代わりになる葉っぱという意味で、大きくて香りが良かったり、癖が無かったりする葉っぱに
時々付いている名前です。この葉っぱには何を盛り付けたのかな?



更に進んで、いつものアオギリの前。4/23、大きなアオギリは芽が動き出したかどうかってくらい。

160520_aogiri1.jpg

ここから大きな葉っぱが四方八方に展開しちゃうんですよ。ダイナミックな芽吹き。見られるかな?


もうちょっと先の雑木林には幼樹のアオギリ。

160520_aogiri2.jpg

棒みたいな枝の先に、赤い新芽が開き始めたところ。若い木の方が、芽吹きが早い木だったんですね。

背景はとびきり大きなケヤキの幹と、絡むフユヅタ、隣は…つぼみをどっさり用意して、今にも咲き
そうなミズキの若木。

雑木林の緑陰も次第に濃くなる4月下旬のことでした。
次の記事では、同じあたりの道ばたの野草たちをご紹介します。



posted by はもよう at 22:42| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: