2016年06月10日

朴の木と白雲木

今日は梅雨時とは思えないほどのさわやかな晴天でした、うちの方。朝から日差しが強くて、
日傘のありがたみを十分に感じました。気づいてみると子育て中のツバメが、街角を忙し
そうに飛び交っているんですね。あまりの日差しにあじさいたちが恨めしそうにしおれて
居ました。またすぐに雨が降るからね。ちょっとだけ我慢してね。

写真は5月のとある公園。ハクウンボクが咲いているのじゃないかと思って見に行ったときの
記録です。

160610_hakuunboku1.jpg

5/1ではまだつぼみの方が多かったですね。






ハクウンボクの前に、公園に向かう途中の道で、とあるお店の看板娘ならぬ、看板木の
ホウノキの花を。

160610_hounoki1.jpg

お山のホウノキと比べるとやや小振りな気はするんですが、それでも立派なお花です。

威風堂々の花姿。素敵ですねぇ。

160610_hounoki2.jpg

北米原産のタイサンボクの花も立派ですが、ホウノキの花は中心のめしべ部分が立派で赤い
のがポイントですね。この赤いところにタネが出来るんですよね。

つぼみもまだいっぱい付いていました。

160610_hounoki3.jpg

丸っこいつぼみ。
もうちょっと近かったらなぁ。日参して、花の開き具合をカメラにおさめるのに。



このあと快調に歩いて、いつもは行かない公園へ。目当てはハクウンボクですが、他では
見られないほどの大木がものすごい密度で立っている、ちょっと変わった公園です。



いつものハクウンボクへ向かう途中で、これまたいつものウマノアシガタ。

160610_u_asigata.jpg

一時ほどの花数じゃないんだけれど、一応、生存確認的な一枚。



ハクウンボクはこのくらいしか咲いていませんでした。

160610_hakuunboku2.jpg

房になって咲くエゴノキの花…みたいなハクウンボク。
これだけじゃ物足りないから、2〜3日後に出直さなくちゃ。



お隣のトチノキもまだまだ本格的じゃぁないみたい。

160610_totinoki.jpg

こっちも、また出直さなくちゃ。

でもせっかく来たんだから、周りの大木をちょっと撮って帰ろう。

160610_kaede.jpg

初めから赤い葉っぱのカエデの下です。
ステンドグラスみたい。綺麗だなぁ。



見慣れたケヤキも、ちょっと違って見えたりして。

160610_keyaki.jpg

そうそう、これなんかまだ小さい方。もっと大きな木がひしめき合って立っているんですよ。



木が大きいと、撮りようが無いってこともあります。

160610_kunugi1.jpg

フレームのどこからどこまでも木の葉っぱで。

撮って画像を拡大して初めて、この針みたいな鋸歯は…、クヌギだねって思ったりして。

160610_kunugi2.jpg

まだ若い葉っぱは薄いからお日様の光が透けて、陰も葉っぱも緑色。



この記事ラストはカツラの小枝。

160610_katura.jpg

丸っこい葉っぱが並んで良い景色。
新緑がまだきらきらしていた5月の公園。せっかくだからもう少しあたりを見て回りましょう。






posted by はもよう at 22:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: