2016年06月13日

谷卯木と鬼胡桃の花

夕べのうちから降り出した雨は、まぁ、申し分ないほど日中いっぱい降りました。買った
ばかりの丈の長〜いレインコートと長靴で出かけました。帰るまでずっと雨でしたね。
晴天続きでしおれていたアジサイもすっかり元気になりました。明日は晴れても綺麗に
咲いていてくれるかな。

でもって記事の方は、5/1にいつもお散歩している公園で見かけた 赤い花。

160613_taniutugi1.jpg

まずはタニウツギです。ハコネウツギが咲く前に咲く、赤って言うかピンクのウツギの花。
優しくって綺麗な色です。





よその公園まで足を伸ばしたり、大木を撮ってきたりもした5/1ですが、いつもの公園の
大きな木だって撮りました。これ、若葉が出そろった、初々しいエノキの大木です。

160613_enoki.jpg

若干黄色っぽいのは若葉だから。真夏の黒っぽいほど濃いめの緑とはちょっと違います。
左隣はヒノキの仲間のヒムロ、手前の低木は、今ごろ花盛りのニワナナカマドです。



近くで咲いていた桜はみんなサクランボになり始めていた頃、

160613_sakura.jpg

まだまだ堅くて小さな実ですね。これからもうちょっと大きくみずみずしくなって、黒く
見えるほど濃いめの赤に熟します。丁度今頃、熟し切って鳥さんたちのお腹を満たして、
ベランダにドドメ色爆弾を落としたり(-"。-;)していますが、それよりちょっと前のこと。


雑木林ゾーンで背の高さを競い合っている木々の下で、まぁ、ちょっとくらい日当たりが
悪くても良いかな〜ってのんびり咲いているのがこのタニウツギです。

160613_taniutugi2.jpg

まぁ、そんな木も無いと林の空が窮屈ですものね。

ウツギと名の付く木はいろいろありますが、こちらはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。
このあと咲くハコネウツギよりはすんなりした横顔。

160613_taniutugi3.jpg

色変わりが無くて、この色で咲いてこの色で散ります。


山歩きしていて、こんなに綺麗な花に出会えたら感激するでしょうね。

160613_taniutugi4.jpg

しかも涼しげな木陰が好きと来ているし。
山歩きするなら、タニウツギ前が休憩ポイントだな。なんて、公園で妄想。(^m^)



池のほとりの方の日当たりの良い方の植え込みにも、ちょっと色あいの違うそっくりさんが
咲いています。昔、公園の管理人さんが付けてくれた名札にはタニウツギと書いて有った
ので、ずっとそうだと思っていましたが、

160613_b_hakone_u.jpg

最近、ハコネウツギの色変わりしない赤花の品種じゃないかなと思うようになりました。
横顔がハコネウツギ似なんですよね。あ、この写真じゃあんまり目立ちませんけど。




池のほとりで元気に咲いていたのはオニグルミ。

160613_o_gurumi1.jpg

でっかくて毛深い葉っぱの間から立ち上がって来たのは赤いめばな。

赤みが消えたのは受粉完了のめばな。ちなみにおばなは背景に下がっている緑のひも。

160613_o_gurumi2.jpg

これからこの数分のクルミを付けます。
花の数と実の数が合わない木が多い中、うんと咲いてもちょっとしか実らない木が多い中、
オニグルミは全部しっかり実にします。枝が折れるんじゃないかってくらいたわわに実ります。

160613_o_gurumi3.jpg

頑張るよ、オニグルミのめばな。応援しよう、オニグルミのめばな。(^v^*)



5/1に撮った写真の最終回は、草の花各種取り合わせです。


posted by はもよう at 23:01| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: