2016年06月24日

ユリノキの花

昨日は夕方急に強い日差しが差しましたが、今日は1日降ったりやんだり、梅雨らしいお天気
でした。タチアオイの花がだいぶ上の方まで咲き進んで、アジサイにも盛りを過ぎた株が
目立つようになりました。6月も残りわずか。と言うことは今年も半分終わっちゃうって
言うことですよね。うわぁ、早いなぁ。

記事の方はもう、時機を逸し過ぎてつらいけれど、毎年恒例のこれをやっておきます。

160624_yurinoki1.jpg

身近にあるのに、相当ユニークな木なのに、つい見過ごされがちなユリノキの魅力を広める
べく、地道に活動を続けるゆりのきファン倶楽部。ユリノキファンの皆様、お近くのユリノキは
元気でしょうか。今年もお花の季節が来ましたよねぇ。






GWの公園、ふと気づいてみれば、傍らのユリノキに花が咲いています。

160624_yurinoki2.jpg

ユリノキ…の名前の由来にもなった変わったお花。ユリと言うよりはチューリップに似ている
そのお花は、近くで見れば花だんの立派なチューリップよりも、ちょっと大きめなくらいの
花なんですが、

160624_yurinoki3.jpg

こずえの上の方でしか咲かないので、意識して探さないと見つけられません。
しかも、黄緑色にオレンジのアクセントという、葉っぱの間に隠れたら 見つけづらい色合い。

160624_yurinoki4.jpg

花盛りなんだけどな。

今年の花と去年の実。

160624_yurinoki5.jpg

見えないよなぁ。



葉っぱも変わっています。まん中がへこんだ半天の形。またはTシャツの形。
だから別名がハンテンボク。

160624_yurinoki6.jpg

花の後に実る実だって、独特です。バドミントンのはね(シャトル)のような形で、風に吹かれて
ぱらぱらと散ってきます。


いつもの公園の、いつものユリノキ。

160624_yurinoki7.jpg

まっすぐ並んだ若木に若葉がそろって、花盛り。
今年もまたこの写真が撮れました。うちの近所のユリノキは元気ですよ。


ゆりのきファン倶楽部はいつでも会員募集中です。ご一緒に、とってもユニークなのに
ついつい見過ごされがちなユリノキの魅力を語り合いませんか(^▽^)ノ。



この日のおまけ画像は、ユリノキ並木の近くの他の木たち。

160624_zokibayasi.jpg

緑陰、更に濃くなり、空の青さも雲の白さも目にしみる初夏の木立。


春まだ浅い頃にも同じ場所で見上げたこずえです。

160624_mizu_muku1.jpg

これは左がムクノキで、右がミズキ。

160624_mizu_muku2.jpg

近づくと、細かくてスマートなムクノキ葉っぱと、大きめで丸っこいミズキの葉っぱが見えて
きます。

まだ、ミズキの白い花も咲いています。

160624_mizuki.jpg

花期長いね…じゃなくて、ご紹介するのに時間がかかっているだけです。


そのまた向こうが、ミズキとコブシ。

160624_mizu_kobu1.jpg

青空いっぱいに葉っぱが並ぶ良い景色。

これも、画像を拡大すると、

160624_mizu_kobu2.jpg

大きめのミズキの葉っぱと、ミズキよりは細かいコブシの葉っぱが見て取れます。



更に公園の別の端、ここの 金色でもこもこしている木はスダジイです。

160624_sudajii1.jpg

1年の大半を、黒っぽく見えるほど色の濃い緑の葉っぱで過ごすスダジイの年に一度の
晴れ姿。これでも、花盛りなんですよ。

ちかづいてみると、ほら。

160624_sudajii2.jpg

色の薄い若葉に、ひも状のおばなの穂。つぶつぶを並べためばなの穂も見えますよ。
こんなに金色なのは花のそばだけ。

ほら、幹の近くの若葉は明るい黄緑色です。

160624_sudajii3.jpg

葉の裏が茶色いから、どこかうっそうとしちゃうスダジイの、年に一度の華やかな姿。
これで今年のドングリも豊作かな。



さて、次回はいよいよ、わたくし初見の野草です。あちこちのブログで見せていただいていて、
雑木林で普通に見られるなら、うちの近所の雑木林にも有れよ…と思っていたら、いつも
追い散歩している都市公園の片隅に突然出現しちゃいました。次回、ご覧にいれますね。


【関連する記事】
posted by はもよう at 23:30| Comment(0) | ゆりのきファン倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: