2016年06月30日

立浪草とタチシオデ

今日はだいたい曇りでした。降るかなと思ったけれど、明るい曇りって感じ。じっとして
居れば涼しいくらいなんだけれど、ちょっと動くと汗だくになっちゃうような、湿度の高い
一日でした。今日で6月もおしまい。HPには7月のご挨拶カードを飾りました。ちょっと前に
撮ったヤブミョウガの写真。最近、あんまり撮れないどアップです。涼しく見えるかな。

記事の方は 5/5に隣町で撮ってきた写真から。

160630_k_tatunami1.jpg

お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」とそこへ向かう途中で見かけた草の花を見て
頂きましょう。まずは、白いコバノタツナミ。




坂の途中の群生地では、今年はお花が咲いているところを見られなかったチゴユリ。
未練がましく葉っぱだけ眺めて、実が付いていなくてまたがっかり。

160630_tigoyuri.jpg

地下茎で増えればすむから、あんまり実の付きは良くないのでしょうか、群落に気づいて
ずいぶん経つけれど、実まで見たことは一度も無いんですよね。


まぁ、チゴユリを見て、残念だなぁって思って振り返ったら、この白い立浪草が咲いて
いたんですよ。

160630_k_tatunami2.jpg

葉っぱ小さいし、鋸歯も 3〜7対の間だし、たぶんこれ、コバノタツナミですよね。
「北向きの斜面」の反対側でよく見かけていたあっちの株もそうだったけど。

真っ白い花は、今まで、個人のお庭でしか見たことなかったけれど、これもどこかの
お庭のタネが飛んで咲いたのかな?

160630_k_tatunami3.jpg

葉裏が毛深くてビロードの手触りだからビロード立浪という別名もあるそうです。

160630_k_tatunami4.jpg

触ってくれば良かった。
お花の後に実るのは、スプーンの先みたいな小さい実。花の穂にたくさんつけるんです
が、その姿もまたかわいいんですよ。

同じ日に紫色のコバノタツナミにも出会っているので、それはまた後日ご紹介しますね。



角を曲がって「日陰の林」へ。とば口にはイヌムギ。

160630_inumugi.jpg

道ばたのムギの仲間です。おしべをいっぱいに出して、丁度花盛りの頃。



草むらにはノダケの葉っぱ。

160630_nodake.jpg

つい刈られちゃうのだけだけれど、今年はどうかしら?
秋深まる頃に、渋くて味わい深い暗紫色のお花を眺められますように、


やっと撮れたヤブタビラコの花。

160630_y_tabitrako.jpg

かわいいな。綿毛にならないところがオニタビラコとの違いですよ。



それから、緑の草むらに緑のお花で目立たないけれど、お気に入りの野草、タチシオデも
咲き出したのを見て、慌ててお花を撮りに近づきました。

160630_tatisiode1.jpg

わかるかな。緑色の、花火がぱっと開いたようなお花。斑点模様の葉っぱの方が目立つ
かな?



葉っぱの模様は、必ず付いて居るわけじゃないんですよ。無いのもあります。

160630_tatisiode2.jpg

それよりも大切な特徴は、途中まで自立して、途中から巻きひげを出して、あたりに絡んで
いくライフスタイル。それから、花火が開いたような形に咲くお花。

ノダケの葉っぱとごっちゃになって、どれがどっちの葉っぱか解らなくなっちゃってますが、
お花の方を見てくださいね。

160630_tatisiode3.jpg


おしべが目立って、お花の数が多いのがオスの株のおばなです。

緑色のお花だけれど、緑色が好きな私にはなんの文句もありません。

160630_tatisiode4.jpg

大好きな花です。お仲間で、真夏に咲くシオデの方は、花びらの反り返りが強すぎてお花の
形がよくわかりませんが、春から初夏にかけて咲くタチシオデはお花の形がはっきり。

メスの株には後で実になる子房付きのめばなが咲きます。

160630_tatisiode5.jpg

お花の時にはこんなですが、受粉に成功すると実がどんどん大きくなって、むくむくの塊に
なります。黒っぽく熟す実もまた良いものです。
地味ですけどねぇ。あちこちのブログを巡っても取り上げているのは私くらいのマイナーな
野草ですが、お気に入りです。今年も見逃さないですんで良かった。



次は何を見ていただこうかな。5/5の写真はまだまだ続きます。



posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: